« マリア様がみてる~春~・第3話 | Start | ボーナスで扇風機 »

DearS・第2話

さて武哉の部屋で同居一夜目のレンレンレンナグサランレン・シーア・ルルンンレン・ナコラだが(長げーよ)目が覚めてみるとまさにお約束どおりあぶない格好であぶない部分が見えている訳だ。これはお目覚めの法則とでも名付けられる程の伝統的な表現手法になってしまった。

寧々子には長く隠しておける状況でもないと思ったら、あっさりばれた。これまたお約束の場面で。

と言う訳で3人でレンレンレンナグサラ・・・いや、レンの服の買い物に出かける。下着売り場にまでつきあわされる武哉なのだが、普通よそで待たないか?で、よりにもよって蜜香先生が隣で試着してしかもそのまま試着室の外に出てくるのだ。こんな教師放し飼いにするな。つか、教師にしとくな。

ここで武哉はレンにひどい台詞をあびせ、レンはそこからいなくなる。後悔した武哉がその後探し回って寂しげなレンを見つけるのだ。これまた実にお約束に適った展開だ。

非常にお作法どおりのアニメという訳だ。

でもね、なんか見続ける気になる。武哉の目つきが怖いのにw

ところで、DearS文字。最初文字の形だけ見た時はハングルを変形させたものかと思った。□|とか。でも子音と母音に分解出来ない事が分かったので、これは仮名に1文字づつ対応させるものらしい。と言う事で、世界でもそう多くない音節文字(あとは有名どころでは線文字Bがそうらしい)を持っている言語の国日本に、これまた宇宙から音節文字を使う宇宙人が不時着した訳だ。しかも帝都東京のすぐ近くに。

すげえ偶然だな。

このDearS文字を解読しようと思ったが、きっと、絶対、もうやられているだろうと思って(或いは既に原作で定義されているのではと思って)ぐぐってみた。そしたらあった、ありました。ひまログ ~ひまつぶし的ブログ~さんのところでDearS文字 解読計画。解読計画、頑張ってくださいまし。こうやって見ると、トポロジー的に同じ物が並ぶとも言えない様だ。

|

« マリア様がみてる~春~・第3話 | Start | ボーナスで扇風機 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf DearS・第2話:

« マリア様がみてる~春~・第3話 | Start | ボーナスで扇風機 »