異世界スーサイド・スクワッド・第2話

国家の為に資源確保の橋頭堡構築を担わされて異世界にすっ飛ばされたハーレイ・クイン達だったが、何故あれだけの能力を持っていてむざむざと牢獄に閉じ込められたのか分からない。ともあれ全員牢獄にぶち込まれた。

袋を被ったキワモノのピースメイカーだが、冷静な考えが出来るタイプで、例の時限爆弾の事をちゃんと考えている。72時間ヘリから離れていると爆発してしまう。そしてたった今12時間が経過した。残りは60時間しかない。それまでにヘリに戻らねばならない。

どうやって出るのか。クレイフェイスは自由に身体を変形出来るので牢獄の格子からするっと外へ。自分だけ外に出てあとは貴重な犠牲にとか言ってると中のハーレイやデッドショットがすかさず看守を呼ぶ。そりゃ一人だけ逃げようとしたらね。
参考資料

そして看守が付けた装置でクレイフェイスの特殊能力は封じられてしまった。ああ言うのがあればまあ捕まるかもしれないが、今回初めて見た感じだから捕まった時には使われなかったのだろう。

囚人には食事が一応用意されている。食堂に集められるが、座っている場所に亜人オーガのボスみたいな連中がここは俺達の席だといいがかりをつけてくる。クレイフェイスが交渉しようとするが、どう見ても会話が成り立ってない。

そしてクレイフェイスがぶっ飛ばされた。ひ弱な人間どもと言うオーガだが、彼らは人間でもひ弱じゃないんだよ。散々暴れてオーガのボス達を倒してしまった。
参考資料

騒ぎに看守が駆けつけて来た。あの棍棒あんな能力があるのか。あの調子で捕まったのか。そして懲罰房に放り込まれる。そこにはリック・フラッグと言うアーガス、あちらの兵隊が放り込まれていた。これでちょっと情報が分かる。以前の橋頭堡確保隊だったらしい。

リックは首の爆弾の事は知っていたが、時限式になっていたのは知らなかった。しかしヘリがぺしゃんこでは装置のリセットが難しい。だからゲートに行って向こうの電波を拾うしかない。

そんな時にキング・シャーク(ナナウエ)が目覚める。腹が空いたと言うのなら外に行こうと誘うと、流石キング・シャーク、檻を破壊した。看守が駆けつけても今度はうまくやる。看守が倒れたのならとクレイフェイスは拘束していた装置の鍵を外して能力復活。そして懲罰房の全員を解放。さあ暴れろと大演説しようとしたらピースメイカーに持っていかれた。
参考資料

これで懲罰房での暴動が始まる。自由自在に暴れるスーサイド・スクワッド(SS)達。

異世界の王国はこちらにやって来たSS達をただの邪魔者と思っていたが、騎士団長セシルは彼らの持っていた武器は普通ではないと思っていたし、姫君のフィオネは彼らは戦況を変える大切な人間ではないかと思っていた。

なのでフィオネはセシルに牢獄へ行ってどうにか彼らと話が出来ないかと送り出したのだが....牢獄はとっくに陥落していた。あの、食堂では因縁をつけて来たオーク達と仲良くなっちゃって。

まあともあれ首の時限爆弾を何とかしないと、それが先決では。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで・第2話

ゲス女神ヴィシスからレベルの低い奴はレベルの高い者の足を引っ張る邪魔者負け組と罵られて生き残れたらこの世界に居る事を許してやろうと廃棄遺跡に飛ばされた三森灯河。

早速魔物に襲われ、なけなしの状態異常スキルを使って魔物の動きを封じるものの、レベルが低いせいでMPがほとんど無く、枯渇状態。ステータス画面でMPがゼロって出てるんだけど、あれってゼロでも未だ何とか動けるの?自動車のFUELが赤くなって未だちょっと走れるみたいな?

魔物が一体や二体なら何とかなるかもしれないが、次から次へと湧いて出て来る。同じ個体に同じ攻撃も効かず、ポイズンで相手が倒れるのを待つしか無いが、これではそのうちにMPが完全に尽きて死ぬしか無い。

そう思っていたら、動けなくなった魔物の一体が死ぬとレベルが上昇する。これでMPが回復してまた魔物への攻撃に使える様になった。するとまた魔物が死ぬ→またレベルが上がる、これを繰り返しているうちに灯河のMPの貯金が相当溜まって来た。やっと先が見えて来た。今や押し寄せる魔物は自分の糧となる相手にしか見えない。そう思っていたが、流石に一方的にやられるだけになった魔物は引き上げて行った。
参考資料

先ずは生き残れた灯河は、この先の生存の為の物色を始める。先ずは飲食の問題だが、思い切って食べてみた魔物の眼球は酸が多くて食べられたものではなかった。うーん、この作品は相手を食べる事で力を獲得する系じゃないのか。だが、何のはずみかあの魔法の袋にコーラとジャーキーみたいなのが出現した。これで食べつなぐ灯河。

遺跡には部屋がいくつもあって、魔力を注ぐと扉が開く仕組みだった。ただ、中に入ってもこの遺跡で死んだ人間の白骨化した遺体があるだけだった。それでもその亡くなった人達が持っていた荷物には役に立ちそうな物がある。灯河は亡骸に手を合わせて使えるかもしれない物を貰う。遺跡で亡くなった人達が部屋に居るのは魔物から何とか逃れて力尽きたからではなかろうか。

魔力を大量に注がないと開かない扉の先にはいかにも大魔導師みたいな亡骸があった。そこに本人のメモと思われる物がある。自分は嘗て大賢者アングリンと呼ばれし者、だが、それよりも暗黒の勇者アングリンの方が通りが良いかもしれない。暗黒の勇者、あの魔力測定の場で安智弘が言われていたのと同じだ。

このアングリンもヴィシスによってこの廃棄遺跡に飛ばされた。大いなる恨みがある。だからもしこの遺跡から抜け出そうとする者には自分が確保した物を譲りたい。それは譲ってヴィシスに目に物を言わせて欲しいと言う意味でもあろう。

アングリンの持ち物の中にはいかにも使えそうな禁術大全、そして禁呪の呪文書があった。これは遺跡を抜け出すのとヴィシスと戦う時に使えるかもしれない。灯河はありがたくアングリンから受領する事にした。マントと服をせめてもの交換品として。

禁呪大全には大事な事が書かれていた。と言うか、あの分厚い本からよくもまあこの直後に必要になるページを開けたものだ。ともかくそこには「魂喰いに気をつけろ」と書かれている。これで灯河はこの遺跡最強の相手には慎重に戦わねばならないと言う事を肝に銘じる。

そうして歩いて行くと出口らしき場所に何かをはめ込む穴を見つけ、そしてその近くに居た魔物にはその穴に嵌りそうな魔石がついていた。これぞおそらく魂喰い。影からパラライズを撃とうとしたが、その瞬間に攻撃を受けた。一体どうしたら。
参考資料

魂喰いは迫って来た。だが撃って来ない。魂喰いが口から吐き出した物が人間の形になる。それが迫って来る。それにたじろぐ灯河をニヤニヤしながら眺めているのだ。この状態こそが「魂喰い」。灯河はパラライズ迄は出来ても毒性付与迄は出来ない。俺は人間として人間相手に殺しは出来ないと叫ぶ。うーん、いやあ、ここまで形が違ったら人間に思えないと思うのですが。

ところがこれが灯河の戦術。灯河が苦しんでいるのをすっかり楽しむ魂喰い。その瞬間を狙ってパラライズを放った。これで魂喰いは動けなくなる。魂喰いはすっかり勝ったと思っていたのだ。これはこれまでずっと無害な人間になろうと演技して来た灯河の見せかけに魂喰いは騙された。しかも灯河は最弱レベルだから益々魂喰いは侮った。そこへポイズンを打ち込んで魂喰いは滅びる。

魂喰いが滅びると奴に倒された廃棄者の魂が復活した。よくぞやってくれた。我々が残した物を使って遺跡を出てあのヴィシスを倒してくれ。
参考資料

ヴィシスに廃棄された人達の思いを背負って愈々灯河は外の世界へ歩みだす。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

【推しの子】(第2期)・第13話

今回、第13話を見たけどつい最近あった原作者と脚本家の事件の事は忘れて見た方が良いのではなかろうか。勿論こちらの方が時間的にも先だから事件とは無関係だし、その上であの事件の先入観を拭い去って見たいものだ。

前回の最後に衝撃的な一言を放ったアビ子先生。

そこに至る迄の事情は誰かが悪いと言う訳でもないのだ。プロデューサーの雷田澄彰は何とか取り持とうとするし、GOAには今回は何とか飲んで欲しいと深々と頭を下げる。そのGOAもそうなのだ。自分は原作を活かさねばならないとちゃんと本は読んである。プロデューサー達とも話をした上で脚本を仕上げている。ところがそれはアビ子の気に入らない内容だった。そのクレームが伝言ゲームとなってなかなかGOAにちゃんと伝わっていない。その結果がこの顔合わせの時のアビ子の爆発となってしまった。GOAがいかに原作者を尊重して作品に仕上げようとしていたのかは作中で描かれる。寝る時間も削って何とかしようとしていた。
参考資料

アビ子は、吉祥寺頼子が心配したとおりの激情家だった。自分の作品が自分の思っているとおりになっていない、特にキャラが自分が思い描いていたキャラになっていないのはどうにも我慢出来なかった。舞台の都合で筋が少し変わるのは仕方ないかもしれない。特に連載中の作品となれば、舞台の限られた時間で行われる物語はその限られた範囲でちゃんとフィナーレを迎えられなければならない。それは分かる様だ。だが、キャラが、自分が生んだキャラが別物にされるのは全く許容出来ない。利用許諾を断っても構わない。契約違反金なら自分が払う。

世の中、それで済まないのは雷田が一番よく分かってる。そして出版社の編集も同じだ。だからアビ子が、自分の本を読んだ上でこんな脚本しか書いて来ない脚本家は降りろ、自分が脚本を書くと言って聞かない。

これを外から聞いているのがGOAで、実に気の毒な様子。
参考資料

さて、拗れてしまった東京ブレイドの2.5次元舞台、どうやって解きほぐして行くのか。誰がどんなきっかけを出すのか。物語の性格上アクアが何かしそうだけど、今のアクアの立ち位置はただ単に舞台に参加しているだけで、その目的もどうにか金田一からアイの情報を掴みだそうと言う姿勢なので、今この時点で何かをする様には見えない。

でもひょっとして今回あかねがアクアを舞台見物に誘う事になにかのきっかけが出来るかも。因みに私は舞台芸術は高く評価していて、と言っても私の専門分野はオペラでそれこそその場でオーケストラの生演奏を伴わない映像は全く足元にも及ばない、みたいな印象を持っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

恋は双子で割り切れない・第1話

ああ、最近盛んに「ねえ純君キスして」って宣伝していた作品がこれか。

幼い頃、白崎純が引っ越した先の隣には神宮寺家の双子の女の子が居た。そして双子の姉の琉実のモノローグで始まる。純を好きになったけど、純と趣味が合うのは妹の那織の方だった。二人とも琉実の知らない本の話をして盛り上がっている。人体のふしぎみたいな本でも盛り上がっている。これ、成人向けだったらこの先これで突っ走るパターンじゃないか。あれ?神宮寺家の双子、結局どっちなんだ。二卵性双生児なのか一卵性双生児なのか。あ、二卵性双生児って言ってた。

でも那織に焦った琉実が行動に出る。コンビニの買い物に誘って、その帰りに公園で自分と付き合ってみないかと切り出したのだ。琉実が純を好きなのはこれは本当だった。でもその切り出した理由がもう中学校三年だから彼氏と彼女の関係とかやってみたいと、お試しみたいな理由をあげて付き合ってと言うのだ。
参考資料

純はどこまで見抜いたのだろうか。いや全然見抜いてなかったのだろうか。それはともかく琉実からそう言われたら断る選択は無かったみたいだ。

これで二人のお付き合いが始まる。ちゅーもする程に迄はお付き合いした。
しかし中学三年生の終わりの時に、またコンビニ帰りに琉実は純に言う。お付き合いはここまでにしよう。別に純の事が嫌いになった訳じゃないけど。ここで戸惑う純なので多分琉実の本心迄は分かってなかったのだろう。

そしてBパート。あ、そう来たか。那織のモノローグで来たか。那織の視点で純と、そして琉実の事を見ている。琉実が純と付き合ってしまった。同じ趣味であぐらをかいていた自分は琉実に純を取られてしまった。なのに琉実は中学三年生が終わる時に純と別れたと言うのだ。

琉実だけは全部の事情は知っている。でも純と那織はどうしてこうなったと思ってるだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

異世界失格・第1話

事前知識ゼロで見始めたが、◯川上水が轟轟と流れている横を男女がいかにも飛び込みそうな雰囲気で歩いていて女性の方が「先生」と言った時点で、太宰治かよ!と気付き、そして作品タイトルの異世界失格は人間失格から来てるんかーい!と気付いた。

ところが事態は作品名に相応しい方向へ進む。玉川上水のすぐ横に居るのに何故かトラックが猛スピードで突っ込んで来て、入水自殺の前にトラックにやられてしまった。

そして気付いた先は異世界。女神かなと思った女性は異世界での案内人にして神官のアネット。ようこそ冒険者よ、さああなたは魔物を倒してこの世界を救うのです!などと太宰治(センセー)に声をかける。こんな自殺願望の塊みたいな相手に冒険者よ世界を救えなどと言っても聞く耳を持たないのは当然でその場でまた自殺を図った。

アネットの説明によるとこの世界救済システム(転移サービス)は前世で不幸な人間を探知し、当選者送迎トラックがこの世界に導いて勇者にさせると言うのだ。あれ?送迎車?じゃあ戻れるの?

アネット、聞く耳を持たないセンセーに自分のステータスを見せたら自惚れて勇者としての働きをするだろうと思ったが、ステータス表が無惨な状態。HPなど1しかない。今すぐにでも死にそう。そして何一つスキルもない。ただ「もうどく(カルモチン)」ってのが見えたな。あれって持参してるカルモチンの事かと思ったのだが。

センセーは勝手に外に出て行く。アネットが引き止めても出て行く。その姿を見てアネットは黄昏れた。世界を救う冒険者を導く神官と思っていたのに、来る勇者はろくな奴が居なくて、それを鼓舞する為の「サシスセソ」を必死に唱えるだけの女になっていた。だけどあの人だけは違う。
参考資料

外に出たセンセー、すぐにでも野垂れ死ぬかと思ったら先ずはデスツリーに襲われてる猫耳少女と出会ってしまった。当然猫耳少女はセンセーに助けを求めるものの、センセーが何か出来る訳が無い。そのうちにデスツリーはセンセーも吊り下げる。ここからが死にたがりのセンセーの本領発揮。デスツリーに猛毒が伝わって自滅。

助けて貰った猫耳少女(名前を言おうとしても聞いてもらえずタマにされた)はセンセーが気に入ったが、アネットがしゃしゃり出て来てそれを許さない。アネットさん、すっかりセンセーに惚れたか。そしてセンセーは腕の赤い紐に気づいて、心中しようとしたさっちゃんもこの世界に来てる筈で、さっちゃんを見つけて死に遂げようと思う。

この三人の旅、この先どうなるんだよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

かつて魔法少女と悪は敵対していた。・第1話

レジ打ちをしていた少女が怪獣出現で魔法少女として出動。一撃で倒してしまう。
そしてそれを指揮した悪の参謀ミラの所へ迫り、好きにはさせないと宣言。

ところがこの魔法少女深森白夜をミラは一目惚れしてしまうのだ。おお、なんと情ない悪の参謀。

こんな状態でミラは今後白夜とどう戦えるのかと思ったら、白夜の不遇な生活がミラをただの庇護者にしてしまう。説明では白夜の両親がどうなったのか分からないが、学校を出て自立生活を初めてコンビニバイトと施設での労働をし、それだけでも大変だったのに施設が地上げ屋にやられそうになった時に、猫の様な奴が(どう見てもキュゥべえみたいな悪者)ほらほら施設の為に金が欲しいんだろ、魔法少女になって働けやと札束ビンタして魔法少女まで引き受けてしまった。しかも猫の御使いは地上げ屋とグル。ただ、そんな経緯で魔法少女になったミラではあったが、誰かの為に役に立ちたいと言う気持ちで魔法少女を続けている。
参考資料

ただでさえ一目惚れなのに、そんな事情迄知ってしまってもうミラの気持ちはどうしようもなくなってしまった。完全に「イケナイ教」の関係に。

しかしこのままイケナイ教関係で話が進むのだろうか。悪の組織にはもっと沢山癖のある連中が、特に気になったのは東山奈央さんの声の幹部がジワジワ攻略するなんてダリーとか言っていたのが気になる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

真夜中ぱんチ・第1話

あれ?これもP.A.WORKSの作品だ。なれなれと同時で制作体制大丈夫だったんだろうか。あまり無理して欲しくないけど、二本体制でたまたま周期が一緒だから大丈夫と言うのなら良いけど。

はりきりシスターズのチャンネルで配信をしていたまさ吉こと真咲だったが、それまでの溜まっていた事もあったろうが、何が直接原因だったかは知らないが、同じグループのきっちょむこと橘花とオトミンこと乙美に配信の真っ最中に暴力を振るってはりシスから追放される。視聴者も暴力女のまさ吉に揃ってブーイングだった。

このままで居られるかと真咲は自分で新たにチャンネルを立ち上げたものの、暴力女として全く受け入れられない。もう誰も自分を求めていないのか。

しかしその頃、何が偶然か分からないが20年の眠りについていたヴァンパイアりぶが真咲が自分を食べてと言う、とっても美味しそうな夢を見ていた。うっかり太陽光に当たって灰になりそうになって起きたら、督促状の山が溜まっていた。晩杯荘を守る為と苺子が株に手を出してしまって借金が膨れ上がったのだ。うん、まあ株で溶かしたとして、そもそもヴァンパイの資産は何だったのだろう。祖先が残した金塊とかあったのだろうか。

ところが株に手を出した理由として見せてくれたスマホにあの真咲の顔が写っている。20年間寝ていてスマホのスもしらないりぷがあの美味しそうな真咲を見つけて食いつく。

とは言えこの二人がどうやって出会うか。りぷの晩杯荘がどこかの山がちの海岸線に立っていたので東京ではなさそう。ただ、居酒屋で飲んでフラッと歩いた先に廃病院あったんだよねえ。あ、P.A.だから関西?

出会う理由は真咲が新しいチャンネルで何か視聴者を獲得しようと廃病院潜入動画を撮りに行ったからだった。思えばはりシスで初めてバズったのが廃病院潜入だなとか思い出すけど、勝手に入ったらダメじゃんと思ったら一応ちゃんと許可を取ったとか。でも今回は取ってないのでは。

その廃病院にりぷが居た。輸血用の血を全部飲んじゃった(配給とか言っていたけど)ので回収に来たけど廃病院なので当然もう無かった。そこに真咲が突入したのだ。真咲の血の匂いに気づいたりぷがそちらに行くと夢にまで見た真咲が居る。

激しい追いかけっこの末、もういいやと落下して行く真咲をりぷが拾い上げる。流石ヴァンパイア。本物のヴァンパイアだと理解した真咲、この子となら登録者100万人を目指せる。100万人になったら自分を食べていいよと約束して、ここで真咲とりぷのチャンネルを始める。
参考資料

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

菜なれ花なれ・第1話

大きな流れでは追いかけっこしてるみたいな感覚だったが、情報は盛りだくさんだったと思う。

感覚的に主人公は美空かなた。多分アバンでチアやって誰かが落下してる場面を見た子。今は普通の高校生をしてるみたいだが、でも走るのが早かったりする。

そのかなたが見舞いに行ってるお寺の子?が海音寺恵深(CV:伊藤美来さん)で、てっきりアバンで墜落した子かなと思ったがどうも違うみたい。病気が分かってとか言っていた。だから病院でリハビリしていた子は別で、その子が落下した子なのだろうか。

猫みたいに屋根の上や塀の上を走り回る子が小父内涼葉。かなたが面白がって追いかけた子。それを見てかなたを追いかけてチューした子が杏那・アヴェイロ。ここはブラジルじゃないよと言われていたけど金髪碧眼なんだよね。EDのスタッフの所で彼女をやってる武田羅梨沙多胡(たけだ らりさ たご)さんの母がポルトガル語指導って書いてあった。
参考資料

小父内涼葉と同じ学校でお嬢様の場所にあるのが沼田の妖精こと谷崎詩音。

作品的にメインキャラでチアリーディングチームを組むのだろうと思ったけど、見てる感じではかなたと詩音と杏那は三人とも別々の学校に見える。と言うか杏那は配信で一攫千金狙ってると言う、チアがどうのと言う感じじゃないし。詩音がいい人なんだねと言われた時に見せたかなたの表情も気になる。色々みんな思う物があると言う雰囲気だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

異世界ゆるり紀行 ~子育てしながら冒険者します~・第1話

神様の手違いで死んじゃって異世界に転生。神様はお詫びとして転生者にはそれなりの能力を付与して送り出す。もう何本同じ設定を見たのか分からない。

そうやって転生したタクミ・カヤノは森の中で双子を発見する。最初はタクミにちょっと距離を取っていた双子だったが、お腹が空いていそうなので桃を出してやったら美味しそうに食べて少しは懐いてくれる。服も替えてやって、そしてステータスを見たら名前が無かったので、アレンとエレナと名付けた。

この二人が蹴りで魔物を簡単に倒せる程に強い。素性が分からないまま街に連れて行って、街の教会で風神シルフィリールを問い質したら、どうやら別の神の曰く付きの子らしい。なのでタクミは二人を自分が育てる事にする。一般人の親からはぐれたのとは違うみたいだから。

街で身分を固める為に冒険者ギルドに登録して、最初のクエストの薬草集めを果たす。鑑定スキルがある場合はまあいいかなと思うけど、形が似てるだけで植物が同定出来ると思うなよ。
参考資料

どこの物語のギルドにも文句をつけてくるならず者が居るもので、今回も悪そうな奴が双子に怒鳴って来たが、その双子にのされてしまった。

うん、双子が可愛いってのだけは認めるけど、他は全部よくある要素だな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

VTuberなんだが配信切り忘れたら伝説になってた・第1話

第1話で完全にタイトルを回収しちゃっていた。
面白かったけどこの先はどうするんだろう。

VTuberの心音淡雪、タイトルどおりにある日の配信のあとに音声を切り忘れてそのままぶっちゃけた生活を流してしまった。

酒はグビグビ飲むし、酔っ払って他のVTuberかわいい激しxとか口走る。これを一晩続けてそして伝説になったのだ。

翌朝、淡雪が所属する事務所ライブオンのマネージャー鈴木から電話が入って事の真相を知る。ただ、鈴木はいつか淡雪はこう言うぶっちゃけをするだろうとは思っていた。事務所スタッフもそれは予想していた。どうやら採用面接の時に何かしでかしたらしいのだ。淡雪は覚えてないみたいだが。

翌日我に返った淡雪は近くの練馬区某所のスーパーに買い出しに出かけて近くの公園のブランコで黄昏れる。あと一週間これで暮らすのかと思う程にお金に余裕がある訳ではない。そして同期のVTuberから見たら視聴者が半分程度しかないと言うのも理解していた。
参考資料

だから鈴木からぶっちゃけ路線OKを貰った事で、淡雪は次からはその方向性の配信を始める。クレーム入れる視聴者も居たけどそれ以上に面白がって聞いてくれる人が沢山いる。だから淡雪は今後もストゼロを飲みながら配信をする。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

«魔導具師ダリヤはうつむかない・第1話