八月のシンデレラナイン・第9話

夏の大会まであと少しだね、未だ未だ練習が足りないわ、そう言えば清城は合宿をやるって言ってたよ、それよ!龍が滅茶苦茶やる気を出す。

とは言ってもいきなり遠征は出来ない。智恵がいつも神宮寺と練習をさせて貰っているお寺で合宿する事になった。

綾香がカメラを録画しているのを止めて、まずはご住職に挨拶。だがこの時に龍は合宿メニューのメモを飛ばしてその場に居合わせなかった。これが何か意味があるのだろうなとは思ったが、この時はこのお寺が野球に理解のあるお寺だと言う話から和尚が龍を見て「おや君は?」と言う流れを後で出すのかと思った。でももっとトンデモナイ方向になるとは。

挨拶を済ませて合宿の目標を決めるが、その時に翼が初めてキャプテンとなる。今まで決めてなかったのか。
参考資料

泊まりはお寺だが、練習はいつものひまわりグラウンド。そう言えばどちらも徒歩圏内だったか。

龍の鬼のノックが始まる。全員がちゃんと捕球出来る迄何度も何度も。舞子はピッチャーの投球練習をタオルで。夕食の後も素振りの練習。夜は翼が親睦を深めようと言うので持って来た野球盤ゲーム。でもあまり遅くなったら21時ぴったりに和尚がもう寝なさいと言って来る。

こんな練習を毎日繰り返すが、なかなか上達しない。素振りのタイミングがうまく行かないとこぼすと、和尚が木魚の音でタイミングをあわせてはどうかなと勧めてくれる。
参考資料 夕姫はピッチャーをやってはと勧められたが、打者にボールをぶつけるのが怖いと断る。

合宿も残す所あと一日半。捕球も大分捕れる様になって着て合宿の成果が出て来た。最後の夕食は夕姫が特製カレーを作ってくれる。ごはんがボールに見える手のこんだものだったが、マズイ(ド・ストレート)。夕姫が妙な気をまわしすぎて砂糖を入れたりミントを入れたりした迷走の結果だが、龍はしっかり食べないとと無理矢理食べる。良美はこれをおいしいぞと全部食べてしまうのだが、食べた後でこれって何だと聞き返した。カレーに感じなかったらしい。

そしてその後、トンデモナイ事が発覚する。龍がみんなの言う和尚など最初から見ていないと言うのだ。そんな筈は無いと言って綾香が撮ったビデオを見たら何と和尚が写っていない。そして最後に突如和尚の声とともに停電。みんなが幽霊なのかと騒いでいた所へ火の玉が近づいて来たかと思ったら、掛橋先生だった。

一方夕姫は鍋を洗いながら料理を失敗したと溜息をついていたら、和尚が出現して溜息はいかんのうと。君は確かピッチャーを勧められていただろうと、例の駐車場へ夕姫を連れて行く。そこで和尚が打者の構えをして見せるが、夕姫はぶつけるのが怖いと言うと、わしを「幽霊」だと思って投げてみなさいと言う。
参考資料

そこで夕姫は幽霊が立っている気持ちで投球して見事にストライクゾーンに放り込めた。しかしボールを拾って頭を上げてみたら和尚が居ない。戻ってみたら和尚の幽霊騒ぎ。幽霊だったのかもねと思う夕姫。

和尚、井上喜久子さんキャラの父だったのか仏壇に写真がのってたぞ。しかもどうも戦時中は戦闘機のパイロットか何かやってた風。

最終日、全員がちゃんとノックを捕れる様になり、夕姫もピッチャーが出来る様になる。何とか大会までに形になった里ヶ浜高校野球部。

そこに来てニヤリと笑いながらキャンディーをなめていたのは、あの金髪ツインテだった。おや大会前に顔合わせする展開?

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

ぼくたちは勉強ができない・第11話

教員同士の飲み会でさっさと帰途につく桐須先生。他の先生が桐須先生の私生活を妄想するが、その次の場面ではジャージ姿になってビール飲んでる桐須先生の場面になるのかと思ったら、成幸が例のメイド喫茶に入る場面を目撃するところだった。こんな事をして推薦を無にしたいのかと成幸を捕まえる桐須先生。

あすみのメイド喫茶なので事情は聞けば納得するものの、でも基本的に高校生なら夜に盛り場をうろついているだけでも補導ものだろう。OP後の提供で桐須先生がメイド服を着ている場面が出たので、立ち上がった桐須先生が料理を運んできたメイドと衝突して服が汚れて着替える展開かと思ったら、ぶつかった相手の足を痛めてしまった。

一人休んだら店が回らないと言う事であすみが桐須先生にメイド服を着させる。
参考資料 代わりをやれと言うのだ。取り敢えず練習だと成幸にメイドの挨拶をさせるが、それは単なるいじりで、いきなり接客なんてさせないから皿洗いとか掃除をしろと言う。

いや、そっちも駄目な前歴があるんですけど…

成幸も桐須先生がそんな事出来るのかと思ったが、桐須先生が仕事ならちゃんと出来ると言うから送り出したらそんな事はなくてものの見事に掃除道具をぶちまけて転んでしまった。店の強面が睨むからこれはマズイと思ったのに、完璧なドジっ子メイドだと感激している。そっちはまあ良いけど、店内でぶちまけてしまったのは何とかしないとならないので成幸が掃除。成幸を信頼する店員達を見て、この子はどうしてこんなにも人の信頼を獲得するのかと思った。

メイド喫茶の手伝いが終わって一息いれたところで、桐須先生が飲んだのはアルコール。ほんの一口で完璧に酔っ払ってしまい、なるほどこれじゃ家に戻ってビールをぷはーっなんてのは無いね。

成幸が桐須先生をおぶって送り届ける事になる。今日成幸を改めて見直した桐須先生が成幸は良い子だと褒めるのだが、その後でちゃんと二足歩行して偉いとか、ちゃんと酸素呼吸して偉いとか言うので、酔ったらなにもかも褒める酒癖かよと思われてしまう。

 

シャワーを浴びた桐須先生がクリーニングの伝票と洗濯物を見てしまったーと思っている。今日は学校に物を取りに行くのに外に着ていく服が無い。なんか色々ツッコミたい。部屋の掃除は出来ないけど流石に選択は出来るのかとか、外出着は一着しかなくて残りは全部ジャージなのかとか。

あれを着るしか無いと言うからきっと学生時代の制服だなと思ったらそのとおり。おや、未だ身体が入るのですね。ルームミラーを調整しながらまだまだいけるんじゃないなんて思っていると、外からコンコンと叩かれる。警官が未成年なのに車を運転するのかと質問して来たのだ。これもツッコミたいが、あんな車内の制服姿を見えたのかとか(乗る時に見えたのかな)、高校生で別に落第しなくても三年なら18歳になるから免許取れるんじゃないのとか。
参考資料

免許を見せたら確かに成人なのだが、逆にそれでその服装はまさかいかがわしい事でもと今度は別の方向から職務質問して来る。そこに期待通りに通りがかった成幸が、先生どうしたんですかとやって来る。自分の学校の先生であるのを説明して、さらには演劇部の顧問だと言ってくれるので警官も納得して立ち去った。なかなか機転が利く。

とは言え、こんな姿を見られて恥ずかしがる桐須先生ではあるが、見られてしまっては仕方ない。助けて貰ったお礼に成幸を乗せて学校へ。この人もハンドルを握ったら別人になる教師の一人か。

学校へは無事に到着して書類を確保。さあ帰ろうとするがそれを成幸が押し止める。夏休みとは言っても部活の生徒が沢山居る。迂闊に歩くと危ないと。こうして成幸に守られながらなんとか自動車へ戻った。

ところがガス欠でやむなく歩いて帰る事になる。途中の公園で女子高生らしき子達がソフトクリーム屋で買い食いして楽しそうにしているのを見て、自分は高校時代にああやって誰かとソフトクリームを食べた事はないと言うので、成幸が買って来てくれる。下校時の買い食いは校則で禁止だと言うが、夏休みなんだからと勘弁して貰う成幸。

二人が並んでソフトクリームを食べようとしたら、文乃が理珠を誘ってここのソフトクリーム屋美味しいんだよとやって来てしまった。成幸と桐須先生は慌ててベンチの背後の草むらへ。だが文乃と理珠はよりにもよってそこのベンチに腰掛けてソフトクリームを食べ始める。ここで音を立ててはと思うほどに音はなる。文乃が察知して振り返るから二人はますます縮こまって隠れるが、そのせいでソフトクリームが溶けて桐須先生の首筋に垂れるから思わず声が出てしまった。

こうなっては流石に文乃は振り返って何事かと見るのだが、とっさに成幸がが桐須先生を抱いてキスしているみたいな態勢にしたので文乃は同じ高校の制服を着た生徒同士がキスしてる場面をみちゃったーと慌てて理珠を連れて逃げてくれた。
参考資料

咄嗟の事とは言え、すみませんでしたと言う成幸に桐須先生は平然と大した事ではないと帰途についた。てっきり顔ではドキドキしてるのを見せるのかと思ったがそうではない。但しCパートでは制服を着て二人でいたのは恋人同士に見えたのかとかチラと漏らすが、それも何でも無いとあしらったが、そこを今度はあすみに見られてしまった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

夏のアニメ新番組

令和元年7月の番組改編に合わせた録画計画メモ
参考資料

曜日 時刻 番組名 開始
22:30 東京MX 胡蝶綺 ~若き信長~ 7/8
23:00 BS11 かつて神だった獣たちへ 7/1
24:00 BS11 コップクラフト 7/8
25:00 BS11 ありふれた職業で世界最強 7/8
23:00 東京MX 手品先輩 7/2
23:15 東京MX ソウナンですか? 7/2
24:30 東京MX 可愛ければ変態でも好きになってくれますか? 7/9
22:00 東京MX この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 継続
23:30 東京MX ダンベル何キロ持てる? 7/3
24:00 東京MX 魔王様、リトライ! 7/3
24:55 フジテレビ キャロル&チューズデイ 継続
25:30 BS11 彼方のアストラ 7/3
25:35 東京MX 異世界チート魔術師 7/10
23:30 BS11 うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 7/4
25:28 TBS まちカドまぞく 7/11
23:00 BS11 女子高生の無駄づかい 7/5
23:30 BS11 Dr.STONE 7/5
24:00 BS11 通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか? 7/12
24:30 BS11 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII 7/12
25:23 テレ東 フルーツバスケット 継続
25:30 BS11 とある科学の一方通行 7/12
25:25 TBS 炎炎ノ消防隊 7/5
25:55 TBS グランベルム 7/5
26:25 TBS 荒ぶる季節の乙女どもよ。 7/5
23:30 BS11 鬼滅の刃 継続
24:00 BS11 ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 7/6
22:00 東京MX Re:ステージ!ドリームデイズ♪ 7/7
23:30 東京MX からかい上手の高木さん② 7/7
24:10 NHK総合 ヴィンランド・サガ 7/7
24:30 BS11 ナカノヒトゲノム【実況中】 7/7

きましたー。半年ぶりにきららアニメが来ました。
「まちカドまぞく」と言う位に魔族が入っているので普通の人間の普通の日常物ではない様です。その点ではきららアニメとしては異例で(アニメ化されていない連載作品がどうなのかは知らないですが)過去には「夢喰いメリー」と「うらら迷路帖」があった程度でしょうか。

金曜深夜に異様に偏っていて9本もあります。これを土曜日に全部見るのは不可能で、キャラを見知ったダンまちと一方通行は翌日まわしですかね。それでも7本あるので多分削る事になるかと。

そして高木さん二期、楽しみですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

ひとりぼっちの○○生活・第11話

今まで友達が何人も居た事のないぼっちは、今や5人もの友達がいて、朝の挨拶も大変。と言うか相変わらず慣れていないと言うか。そして5人もいると定期的に話をしていないと忘れられるんじゃないかとも思ってしまう。

ぼっちはこんなに大勢だとどうやって友達付き合いしたら良いのかとなこに聞いたら適当にグループになっていればいいんじゃないかと。グループってLINEのグループでなこがソトカとやってるのは「スマホたぷたぷグループ」。何だそりゃ。アルはそこに入っていないらしくて一人で「世界の副委員長グループ」。そもそもぼっちはガラケーなのでLINE出来ない。慌てて母にトイレから電話したが、スマホにするのは二年生になってからと言われた。
参考資料

ところで佳子にグループの事を話しても、グループに入るのは弱い証拠なので自分は一人で強くなると、相変わらず頑な。

ところがもっと切実な事に気付かされた。もう二ヶ月程でクラス替えだと。クラス替え?かいと約束したのはクラスの子全員と友達になると言う事で、じゃあそのクラスって何なのか。固まったぼっちだが、それ以上に今の友達と別々のクラスになるのは嫌だった。

早速紙にクラス替え阻止計画を書いてみる。
いや、無駄だけど。

その紙が風に飛ばされて今回の新キャラの小篠咲真世(おじょうさ まよ)の所へ。真世が拾ってあげてぼっちに渡すが、ぼっちは初対面(同じクラスなんだけど)の相手だから身を引いてしまう。真世はクラス替えを阻止したいのなら、学校を買えばよいのではないですかと言う。てっきり私が圧力でとか言うのかと思ったが、そう言う権力系ではなかった。でも学校を買うお金なんて無いと言うぼっちに、だったら私が仕事を見つけましょうと言うのだ。

それで真世がぼっちに持ってきた仕事が千羽鶴代行サービス。なこはそれを聞いてちょっと嫌なサービスだなと。そりゃそうだwソトカによる大量生産もあって、真世に納品。翌日その対価が来る。ツルの恩返し。
参考資料

まさかあの千羽鶴に対して途方もない対価かと思ったら500円。それはそれで良かった。下手なあぶく銭を真世がぼっちに渡さなくて。しかし学校を買う金額を想像もしていない真世とぼっちとソトカは500円で購買部に学校が買えないか行ってしまって、購買部のおばさんに笑われる。学校買うなら500億円じゃないかなと1日500円で500億ったらどれだけかかるんだとなこがちょっと考えるが、すぐに計算するのをやめてとにかく大変だと思う。実際に計算すると27万年以上かかるけど、それ以前に目標がクラス替え阻止なので残り二ヶ月程だと言うから60日程度で、そっちから計算した方がすぐ分かるだろう。

千羽鶴代行サービスを未だやっていたぼっち達に対して真世がお菓子の差し入れ。貰い物でつまらない物ですがと言うのに、なこが日給の20倍はしそうなつまらない物って、そう言うツッコミは入れるなw

なこがそろそろ千羽鶴代行サービスやってもクラス替えは避けられないと気づけと言うのに対して、真世が切り出した。聞いてみたらこの学校はクラス替えが無いのだと。

立ち去る真世を見て、ぼっちがアルにどいてと言えないのをアルが察知。真世を追いかけさせる。屋上に出て二人になった時に真世が言う。実はもっと前にクラス替えの件は知ったのだが、それを話したらもうみなさんとお話出来ないのではないかと言いそびれていたのだと。両親がずっと海外で仕事をしているので一人で寂しい事も話してくれる。えーと、ひょっとしたらこの一年間、ぼっちよりもずっとひとりぼっちだったんじゃないの、真世は。

それを聞いて戻ったぼっちは真世と友達になる!と宣言。いや、さっき追いかけた時にそれを言いに行ったんじゃないかと残念がるなことアル。

みんなで真世を追いかけて、お迎えの車に乗る前に一緒にプリを撮ろうと声をかける。プリって何ですか。私もいきなりプリって言われたら分からないだろうなあ。真世は先日じいやに送迎は要らないと言ったらどうするかと聞いていた。その時にじいや(執事)はその通りにするが少し寂しゅうございますと言っていた。でもこれで要らないと言うのならじいやも納得だろう。

五人でプリクラの前に立つものの、操作をしようとしたぼっちと真世とソトカの三人ともが初めてでいちいち驚くのでアルが我慢できなくなって設定を済ませて、あの日当の500円玉が入らないけど100円に崩してやっとプリクラが撮れる。そして最後にメッセージをぼっちが入れるのだが、先に言葉でバラしちゃった。みんな友達。ぼっちは真世に友達になってくれますかと改めて聞いた。真世が承諾して自分の一番好きな言葉にすると聞いたら例によってぼっち気絶しちゃった。
参考資料

真世はどうも電車に乗るのが初めてらしく、駅で切符の買い方を教えて貰って電車へ。ところでこれって東京圏のJRだよね。電車を待つホームでプリクラの写真を添えて両親に「真世は寂しい、お父様お母様に会いたい」とメールしたら瞬時に返信が来た。初めてわがままを言ってくれてありがとうと。

もう次回は最終回ですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

さらざんまい・第10話

今までカワウソ警官と書いていたのはカワウソじゃなかったでござるの巻。

真武は操り人形だった、誓は撃たれて死んだ、燕太はあと何時間かで死んでしまう。
燕太の為に何とか奪われた希望の皿を取り戻さねば。或いは自分の犠牲の上で燕太をと思った一稀の気持ちは燕太に見抜かれてそんな事をしたら一生恨むと言われてしまう。そこにやって来たのが玲央。こんなカワウソに対する結界など俺には効かぬ、何故なら俺はカッパなのだからと。
参考資料
ええええ。

玲央は一稀と燕太とケッピをあの地下基地へ連れて行く。ケッピに言わせると玲央と真武は臣下だった。ケッピは王子。ケッピは玲央に目を覚ませと言うが全く聞かない。

玲央の隙を狙ってフルーツ寒天化してるケッピを蹴飛ばして奥の方へ。そこには 黒ケッピが居た。嘗てケッピが絶望感に捕らわれた時に分離した半身なのだそうだ。そこには玲央が奪った四枚の皿がある。

そこに出現したうっそーな科学技術庁長官。絶望感に囚われたヤツほど利用しやすいと言って燕太の中に入り込んだ。燕太の精神世界では一稀に甘言を言われて惑わされる寸前。そして希望の皿が奪われそうだった時に燕太が我に返る。戻る事が出来た燕太ではあるが、皿は割ってしまった。

これらの事態に玲央がカッパ化の尻をケッピに差し出した。まあ元々カッパだったそうだからなれて不思議ではないが、ここに至ってカワウソ警官だと思っていたヤツがカッパ化ですか。そしてカパゾンビ化している真武目がけて尻子玉を抜きに行く。
参考資料

当然尻子玉抜きをしたら抜かれた方も抜いた方も秘密が漏洩する訳だが、玲央が見たのは時分が今まで真武に対して理解もしていなかった事だった。真武が復活の施術を受けた時、科学技術庁長官からひとつだけ約束をさせられていた。おまえが玲央の事を好きだと表現したらその心臓は止まる。玲央の側に居たいのならそれを封印するのだと。好きだけどそれが言えない、言ったら側に居られなくなる、だから真武は側にいられる方を選んだのだ。

真武がそんな苦しい決断をしていたなんて知らなかった玲央は今までを激しく後悔した。俺は何を言っていたんだ、何をしていたんだ。

真武の為に皿をよこせと一稀達に迫る玲央。しかしその玲央を背後から撃ったのは悠だった。真武も玲央もアクセサリー化したのを拾ってケッピは今は少し眠るといいケロとか言っていたので、復活の方法はあるのかもしれない。

だが残った一稀と悠の間でも皿の奪い合いは残っている。一稀は燕太の為に、悠は死んでしまった誓を生き返らせる為に。そんな睨み合いで燕太の限界時間は迫っていた。
参考資料

あれ?でも死んだ直後の人間を生き返らせる事が出来るのなら燕太の残り時間はギリギリって訳でもないよね。それが悠の思い込みでしかないのかもしれないが。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

盾の勇者の成り上がり・第23話

船に乗ってみたらあの福山さんと早見さんキャラのラルクとテリスと同室になった。またも三馬鹿勇者が勝手に船室を占拠したので。ラルクは自分達が名乗った後で尚文の名前を聞いたが岩谷尚文だと答えると吹き出して偽名を使っても良いが盾の勇者の名前だけはやめておけと言うので、尚文、またもチッと言う顔w
参考資料

船員から呼ばれ、四聖からの挨拶が欲しいと言われて甲板に出てみたら三馬鹿が惨状をさらしている。尚文は船室を占拠した罰だと言うが、三人が三人とも元々船に弱かったのだろうか。このせいで尚文は四聖はお互いの言葉を信じればその通りになると言うのを何度も何度も伝えようとしたのにとうとう伝えられなかった。船から地上に降りた時も機会かなと思ったら三馬鹿は重症でそれも出来ず。

島では統治を任されているハーベンブルグ伯爵と言うのが出迎えた。見た目は怪しげなヤツだなあ。四聖をお迎えのつもりだったのに、三人が倒れていたので取り敢えず尚文だけを案内して島の活性化に伴って冒険者達が沢山集まった現在のカルミラ島での注意書きをくれる。いわゆるネトゲのマナー講座。

カルミラ島には嘗て四聖が来た時の記念のトーテムポールの他に碑もあって尚文が嘘くせえと思ったものの、書かれた文言を唱えたらフィーロが高くジャンプ可能となる。本物だったらしい。そしてそれを見つけてラルクがやって来る。相変わらずラルクは尚文を尚文だとは思っていない。

活性化したカルミラ島ではスライムを倒すだけでも高い経験値が加算された。しかしそれもそのうちに頭打ちに。と思っていたところに三馬鹿がやって来て、お互いここは自分達が使っているフィールドだからおまえらはどこかに行け、おまえらのせいで経験値が上がらないと喧嘩をしだす。尚文はあきれ果てて別の方へ。

船に乗って別の島へ。そこでもモンスターを倒して経験値を上げ、夜になってもそのまま夜の方がドロップアイテムも変わるからと野営の準備を始めた。そこに何かが近づく。こうやって来るぞって思っている時に来るのは大抵は大丈夫な相手で、やって来たのはラルクだった。船を貸した船宿が尚文達が帰って来ないと騒いでいたからと探しに来てくれたのだ。

迎えに来て貰っては帰らざるを得ない。ラフタリアにもお疲れですよねと言われて、以前のブラッドサクリファイスの呪いが未だ抜けきっていないと答えていたし、戻る事にした。

酒場で一杯やろうぜと誘われて尚文や、ラフタリアまでもが一杯。ラフタリアって放送基準での未成年じゃないのか。そのラフタリアにまたもあの髭兵士がぶつかって来て、これは乱闘必至かと思ったのだが、今回は穏和に腕相撲。勝ったラフタリアの目が座ってるけど。
参考資料 尚文の方は何かの実と思われるのを二個三個と食べていたら元康がやって来て彼も食べてみて泡を吹いて倒れた。ルコルの実と言って、これ一個を樽に入れるとその樽が酒になるほどの物だそうだ。そりゃ元康は倒れるが、尚文は盾の加護があったのか?

翌日はラルクと一緒にモンスター退治に出向く事にした。尚文は頼まれていた宝石細工をテリスに渡す。まさか宝石細工の技量がここで活かされるとは思わなかったが、それを受け取ったテリスはあまりの見事さに涙を流すのだ。そしてお礼として手持ちの金貨を丸ごと渡す。驚いている尚文にこれでは足りないのは分かっているので後日また渡すと。尚文、ちゃっかりじゃあ後でと言っている。

こうして尚文はラルクと一緒にモンスター退治へ。尚文はテリスが威力のある魔法を宝石から出したのを見て驚いたが、テリスはテリスでこの宝石細工でこんなに威力のある魔法が出るのかと驚いていた。そしてラスボス戦では尚文がモンスターの集団の中に突入。そこにテリスが魔法を撃つので「え?」と思ったものの、魔法はモンスターにだけ効いて逆に尚文には呪いの浄化の効力まであった。

今回の合同チームで尚文は珍しくラルク達に好意を持って、また一緒にと言ったものの翌日は別々にやろうぜとふられてしまう。ラルクは何かを感じ取った?そして尚文はそれこそ異例の考えで自分のパーティーに入らないかなと思うのだった。これって裏切りのフラグになりそう。

翌日はお疲れの尚文が休みたいのでしたらとラフタリアが尻尾を振り振りするので、海岸でバカンス。これか、尚文の所持アイテムの中にチラと「危うい水着x2」って出てたのは。あまり危うくないよ。

ラフタリアがもじもじして水着姿を見せて尚文にいかがですかって聞く。
参考資料 勿論水着が似合っているか可愛いかと言う問いなのに、尚文ときたらこれならこの後の潜水には「バッチリだ」と答えるのだ。
尚文は文乃の女心練習問題やった方が良いよ。

フィーロが見つけたと言う海底の遺跡目指してペンギンの着ぐるみ潜水具で潜る。見事に水着姿が隠れてご不満のラフタリアさん。城の様な場所でこの扉は開かないんじゃないかと思った扉が簡単に開いて、中に入ってみたらそこには龍刻の砂時計が!

やったーこれでクラスアップ出来るよー
とかそんな問題じゃない。

龍刻の砂時計のある所へ「波」がやって来る。尚文が「波」の到来までの時間を見てみたらなんとあと48時間後には「波」が来てしまうのだ。

あと二話で今期の盾の勇者は最終話だが、この「波」との対決で最終話を終えるのだろうか。しかし残り二話ではちょっと駆け足で、これだと二期を期待して良いのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

異世界かるてっと・第10話

臨海学校はターニャさんの激怒で終わりました。
そして次は体育祭です。スバルが言う迄もなくイベント大杉だろ。

ロズワール先生はここで含みのある言葉を言う。めでたく優勝したらそのご褒美に元の世界に戻れる(かーも)と。それは聞き捨てならない。でも勝つって言っても相手が居ないではないか。まさかクラス内でグループ分けして争うのか?それだと残る人達も出て来るが。

と思ったら、いつのまにか隣のクラスが出来ていた。言われて驚いてスバルが見に行くと初めて見かける人達がわらわらと居た。視聴者からしたらプレアデスとクリスじゃんって分かるけど。よく見たらラインハルトが居る。驚いたスバルが1組の教室に入るとバニルが先生をやっていて、今日の欠席者がタイヤネンって、おまえまた痛んだジャガイモ食べたのかww
参考資料

ロズワールクラス2組の頭脳のアインズとターニャはお互いにこんなクラスがあったかと確認しあった。二人の認識で昨日までは無かったと理解しあう。アインズとしてはプレアデスに勝つのは容易だが、知らない作品から来た見知らぬキャラの実力は分からない。そこでスバルが親しげに話したラインハルトはどうなのかと聞いてみたら、死んでも生き返るとか初弾は当たらないとかその後山の様なチート能力を知らされて流石のアインズ様も困惑。
参考資料

アクアが廊下に出てみたらクリスが居た。そのクリス、アクアとカズマに注意した。この世界では死んだら生き返らないから注意してねと。それを聞いたアクアが怒る。エリスは一体なにをやってるんだ、あの偽乳めと。ダクネスがエリス教徒なのでエリスへの罵詈雑言はやめてくれと言う事で、実はエリス本人のクリスへの口擊は一旦止む。

ここでスバルははたと思った。死んだら生き返らない。では自分の死に戻りはどうなのか。あの呪いは効いているのか。試す為にターニャの耳を塞いだ上で死に戻りの事を話そうとしたらやはりあの呪いは生きていた。すぐ近くでアインズがいたんだけど。そしてアインズは何か呪いを受けているのかと理解する。

体育祭で優勝したら元の世界へ戻れる(「かーも」なんだけど)のでみんなで頑張りましょうと言う学級委員なのに、ここでカズマがそんな事出来るかと言い出した。空気読まないカズマさんと言われるが、カズマにしてみれば元の世界よりもこっちの方が楽だから。アクアとしてはカズマに魔王を倒す役割を果たして貰わないといけないのでご不満。しかしもっとご不満はコキュートス方面から来た。アインズ様のご威光に沿わないとは何事かと。

そしてもっと激しい圧力がターニャから来る。なるほど、貴殿のふぬけた性根は理解した。ならば鍛え直してやろうではないかと。
参考資料

と言う事でターニャ大隊の選抜と練成で発揮した地獄のしごきがカズマに始まる。必死で逃げるカズマ。面白いと言って爆裂魔法を放つめぐみん。めぐみん、それ当たったら死ぬぞ。死んだら生き返らないんだぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

ノブナガ先生の幼な妻・第10話

教師やめると言い出した信永だったが、万結に告白された事で気を取り直して教師を続ける。不用意な発動を避けるべく相変わらず手袋をして。

帰蝶は先日の万結の言葉からふたなりとか男の娘とか言う用語を万結に聞いたら、万結は赤くなりながらその二つの説明をした。帰蝶はそれを聞いてはぁ?なんだそりゃそんなものを好むヤツなど居るのかと言ったが、前回は顔が女の子であれば構わないとか信永が言ってましたけど。

と言うところへ女の子の様な顔をした熱田蘭真が姉の忘れ物を届けに来る。蘭真は杏南に弟。ネタフリと言い、名前と言い、もう今回の流れが見えた。

杏南が信永にうちの弟に触るな!と怒るものの、男なら大丈夫だよと信永が安易に手袋を外して触ってしまう。ほら、発動条件来たぞ。

信永が階段を歩いていたら「空から美少女が降って来た」が文字通りに起きる。女の子が落ちて来たのだ。空と言うより階段だけど。怪我はないかと信永は保健室へ。そして案の定保健の先生は居ません。

保健室のベッドでこっちに座ってと言われて座った信永がその美少女に押し倒されて、そしてファーストキス。あ、え、うーん、オチが予想出来ているのでファーストキスがそれで良いのか。

あんな事やそんな事をしているとアレがある。驚いた信永。そこへ帰蝶が入って来て、おのれ不埒者と懐剣で襲いかかるものの、その子は素早い身のこなしで帰蝶を押さえ込んだ。
参考資料

後から入って来た杏南がその子を見て、弟の蘭真だと言う。確かに鬘を外したその姿は蘭真。女装癖があるとか。演劇部じゃないのか。そして信永に触られたせいで前世の森蘭丸が出現したと言うのだ。そして前世では成し遂げられなかった結婚を信永としたいと。

これが五人目か。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

八月のシンデレラナイン・第8話

久しぶりすぎて前回二人が新たに加わったのすら忘れていた。
ライトが二人になっちゃった、頑張らないとと思った茜だが、さっそくエラー。しかしボールを拾いに行った先で何かの新芽を見つけた。しかも沢山ある。
参考資料

練習からの引き上げの時に翼と智恵から試合に出ない?と提案。今も智恵の練習につきあってくれている神宮寺から夏の大会があると聞いたのだ。確かにそう言うのがあるみたいな感じでいたが、言われてはっきり意識する。でも単なる練習のつもりで臨めるものでもない、みんなの意見を聞きたいと。

ひょっとしたら誰かが臆して反対するかもと思ったが、全員で出てみたいねと言う事になる。そうと決まればさっそくその夏の大会と言うのがどんなものなのか、ここで新聞部の綾香の出番。公式サイトを表示して昨年の様子を見せてくれた。おお、ドリルツインテ。
参考資料

しかしトーナメント表を見たら参加校が少ない。地区予選とか無しにそのまま全国大会になっている。ここでまたしても綾香による過去の女子硬式野球大会のスクラップが登場。はじまりは大正時代、そう、あの大正野球娘から。因みに大正野球娘が放送されたのって今を去る丁度10年前の7月期で、同時期の放送は「青い花」とか「化物語」とか「GA芸術科アートデザインクラス」とか「かなめも」。何とも時代を感じさせてくれる。大正野球娘はけいおん!の後枠だった。

その後女子硬式野球大会の歴史は、様々な抵抗で一旦消滅。大東亜戦争後に復活するものの、やはり尻すぼみとなって消滅し、Windows95が出た頃に復活したのだそうだ。そして今に至るが、それでも女子野球部がある学校は少ない。

だがここで和香からちょっと待ってが入る。別に反対と言う訳ではなくて、大会に出るにはそれなりの費用がかかるだろうと。大会は兵庫県で行われるから当然遠征費がかかる。これだけの人数で兵庫県まで行って宿泊して、しかももし勝ち進んだらそのまま現地で泊まらないとならない。

これを聞いた顧問の掛橋先生は任せなさいと胸を叩いた。人数も揃ったし生徒会のお墨付きも出たしこれなら部に昇格して予算が貰えるだろうと。次の職員会議にかけて学校側の承認を取り付けましょうと。

しかし甘くなかった。掛橋先生が出した申請を見て教頭は学校としては許可出来ないと言うのだ。まず予算見積もりが甘い。そして何よりも掛橋先生は剣道部との顧問の掛け持ちで大丈夫なのかと。言葉を詰まらせる掛橋先生だが、根性でやりますと言っても、生徒の事を考えてそう安易には認められないと言うのだ。掛橋先生の覚悟が必要だと。

職員会議での決定を期待して待っていたみんなだが、掛橋先生からはもうちょっと待ってねと言う回答。あれは揉めているわねと推測されたが、かと言って今の翼達に出来る事と言えば練習しかなかった。

なかなか通らない部の申請、次の職員会議で通らないと大会出場は出来なくなってしまう。しょんぼりの掛橋先生に同僚の先生は教頭も何もあそこまで言わなくてもねと言うものの、今年は諦めて来年にしてはどうかと言われた。これで弱気になった掛橋先生。

グラウンドの方では芽吹いていた植物を気にした茜がおばあさんにあれは何かと聞いてみたら、そこは以前はひまわり畑だったと言う。それを聞いてみんなは周りの草を抜いてひまわりが育つ様にと手入れを始める。ひととおり抜き終わった後であおいがホースで水をまき始めたら、そこにやって来た掛橋先生もろとも水でびしょびしょになってしまった。
参考資料

でもこれで掛橋先生も気持ちが改まった。弱気になっていたけど、部の申請を頑張ると。綾香達も黙っていない。綾香はペンを走らせて女子野球部の新聞記事を書く。図書委員の初瀬麻里安も綾香の熱の入った記事に女子野球部に興味を持つし、その新聞を見た生徒達も興味を持つ。そして女子野球部成立への署名に名前を書いてくれるのだ。

誰だこの沢山の新キャラはw
参考資料 参考資料 参考資料 参考資料

掛橋先生も予算の資料を作り直し、教頭もそれは認めたが、顧問の件はどうなるのかと問われると弱い。でも生徒の署名を見せてこの熱意に応えたいと言うと、教頭はとうとう夏は野球部の方に専念しなさい、剣道部の方は自分が(有段者)面倒を見るからと言ってくれた。剣道部の件、どうするのかと思ったら反対していた教頭が自ら顧問をすると言う、単に反対するだけの教頭じゃないと言う姿で解決してくれた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

ぼくたちは勉強ができない・第10話

三人を家庭教師して成績も次第に伸びて来た報酬で成幸は予備校の夏期講習へ行ける事になった。私も高校生の時に夏期講習を受けた。でも主眼は東京に出る事で、この口実で地方から上京して、その実は神保町の書泉グランデとかでコミックスを漁っていた。駿台予備校とか代々木ゼミナールとか行ってみたが、流石に唯一覚えているのは「前田の物理」こと前田和貞先生。物体に働く力を余さずに見極める方法として「ナデコツ・ジュー法(撫でコツ重法)」と言うのを教えてくれた。目的の物体の周囲を撫でる。するとなにかにコツっと当たる。それが物体に働く力で、これを全部集める。最後に重力がかかる。だから「撫でコツ重法」だった。私が代ゼミでこれを受けた時は既に有名講師になっていた頃で、前田先生の非常に優しい声での教え方を今でも覚えている。もう半世紀程前なのに。あんなに有名な人なのに検索をかけてもほとんど当人に関する情報が出てこない。そりゃそうか、あの講義を受けた人達は還暦とかになってる訳だから。

成幸が座っていると、その奥の席は自分の席だと言ってやって来た子が小さい子。成幸は中学生だろうか、ひょっとして小学生だろうかと思った。しかし彼女は成幸が自分を小学生扱いした事に怒った。そして学生証を取り出してお前の行っている一ノ瀬学園の卒業生で一年上だ、先輩と呼べと叱った。今年浪人しているそうだ。
参考資料

予備校の授業が始まったが、進みが早くて成幸はノートが追いつかない。すると小美浪あすみはすっとノートを出してくれてこれを見ろと言う。そして予備校での授業の受け方を教えてくれるのだ。面倒見の良い先輩ではないか、初対面は怖かったけど。

予備校が終わって帰ろうとした成幸だったが、慣れぬ街で駅に行こうとしたのに道に迷う。そして何やら怪しげな歓楽街の中に足を踏み入れた感じで、そして強面の男二人にがっしりと肩を掴まれて店に入れられた。この時点では未成年を酒を飲む店に入れて良いのかと思ったのだが、入ってみたらそこはメイド喫茶。

メイド喫茶ならまあ高校生でも大丈夫だろうが、でも成幸にはお金がないのでそそくさと帰ろうとして出口で転ぶと「ピクシーメイドあしゅみーでーす!」と名乗るメイドさんが登場。彼女はさっきまで予備校で一緒だったあすみ先輩ではないか。でも成幸はあの状況でよく分かったな。あすみの方は自分で反応しちゃったから誤魔化しようがない。

あしゅみーはここの店の看板娘で、しかも客引きのおっさん達にまで姉御と慕われている。あすみは男二人にこんな金を持っていなさそうなヤツを引き込むなと叱る。あすみに言わせると、ここで予備校代をバイトして稼いでいる、店が暇な時は勉強もさせて貰えて良い所なのだと。それで今テーブルの上に参考書とか広げている。

成幸が帰ろうとしてテーブルにぶつかった拍子に紙が落ちて、拾ってみたら物理21点、化学32点の答案用紙。成幸に教えてくれる程だったのに物理と化学はこんな状態。それなのに国公立の医学部に行こうとしていた。おやおや、これはまた文乃みたいなパターンで来ましたね。だから物理なら前田の物理を(ryと言うのは置いておいて、医学部なら生物と化学でもいいんじゃないのか。と言うか、生物の原理を知っておいた方が良いとは思う。但し私の同級生も医学部に行く連中は何故かみんな物理と化学だったけど。

と言う事で成幸の苦手科目に対する家庭教師があすみにも始まる。おお、分かりやすいなと喜ぶあすみ。これを他のメイドさん達が見逃さなかった。彼は使える。だから翌日以降も成幸を招き入れてあすみに教えさせようとした。あすみの成績が落ちたらこの店をやめてしまうかもしれない、でも成幸が居たら大丈夫だと。

或る日道を歩いていたら白衣を来た人とぶつかってしまった。
いやさw、この後の展開が分かるけど、何故真夏に医者が白衣来て真っ昼間に往来を歩いてるかなw
参考資料

成幸が落とした予備校の教科書を見て、これは娘が行ってる予備校と言い、その後成幸を定期忘れたぞーと追いかけて来るあすみ。ここで娘と父が鉢合わせ。どう言う事なのか説明しろと近くにあるらしいあすみの実家の小美浪(ボロい)に成幸までもが引っ張りこまれる。

その格好は何だ、まさかいかがわしい店でバイトしてるのではないのかと責める父に、あすみはその場逃れの嘘で「これはこの彼氏の趣味だ」と言ってしまった。なにそれと思う成幸にあすみがお願いだポーズをするので仕方なく口裏合わせ。

ところが父はこれをあっさり受け入れてしまって、そうか、娘が付き合っている彼氏か、じゃあ私を義父と呼べと。で、どこが気に入ったのかと成幸は問われて「医学部目指して頑張っているところですかね」と言った為に、あすみが医学部を目指して予備校に行ってる事がバレてしまった。

あすみ父は知っていた。あすみの理科の成績が悪い事を。だから無理して医学部など受けるなと言うが、あすみはどうしても医者になってこの診療所を継ぎたいんだと言う。この対立はこれまでも成幸が見て来た対立。成幸はだから文乃達の弁護をした時の様にあすみの弁護をした。これで当面はあすみが医学部を目指すのは許してくれる。彼氏の説得だし。

その後、ファミレスで成幸とあすみがばったり。二人が話していると文乃と理珠とうるかがやって来て、なにこの小さい中学生?小学生?はとあすみを撫で回した。この人は先輩で一緒の予備校に行ってると説明。これで三人も予備校に来る気になってしまった。

ところが予備校の授業は三人向けではない。ガンガン進んで置いてきぼりをくらった三人が休み時間に成幸に聞きに来る。この三人にもあすみは予備校の授業の受け方を伝授。浪人した経験による成果。

三人にも参考書を教えての帰り道、ゲリラ豪雨に遭遇して一番近い小美浪診療所に避難した。濡れ透けの状態でうるかの下着が見えたが、あれって先日成幸がオススメした下着です。

タオルを返しに行った文乃だったが、あすみ父からトンデモナイ話を聞いてしまった。娘が始めて連れて来た「彼氏」があんなに良い青年でほっとしたよ。
ピキーン!w
参考資料

文乃はさっそく成幸を連れ出していきなりの突き。あすみの彼氏になった事情を話せと。
参考資料 渋る成幸に文乃はさらに突きを繰り出そうとしたが、あすみの方から事情を話してくれた。文乃なら事情を話せば納得だけはしてくれるとは思っていた。

じゃああすみ先輩は成幸の事を何とも思っていないのかと文乃が問うと、いや、でもそいつかわいいじゃねえかと二人をからかう。あすみ、何度もからかっては嘘だよーって言うが、そのうちどれかが嘘じゃなくなりそう。

Cパート、あすみが成幸に今まで考えを封じていた件を自覚させる。
三人の誰を選ぶんだと。そんな事今考えてないと言うと、じゃあ受験が終わったらどうするんだと重ねて問う。どうするってと思う成幸ではあるが、文乃は現時点では単なる女心練習問題の出題者だし、理珠は明確に何か言った訳でもないし、はっきりしてるのはうるかだけだぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

より以前の記事一覧