Re:CREATORS・第8話

特別事態対策会議で軍服の姫君の素性が漸く突き止められようとしていた。彼女は二次創作のキャラクター。しかしながら原作のキャラからは大きく変わったキャラクターであって、元のキャラとはほとんど別人と考えるべきだと見られた。

ところで実際にこう言うパターンで有名なキャラってどんなのがあったっけ?すぐに思いつかないな。ニコ動とか見ないと気づかないのか。しかしその狭い範囲での受け手の支持で顕現出来たのか。或いはこの作品、このアルタイルの原動力である憎悪の感情がそれだけで顕現に至らしめたのか。

対策会議で分かっているのはこのアルタイルの創造主シマザキセツナが三ヶ月前から消息不明と言う事までだった。消息不明と言ってもネットの人格なので三ヶ月前から出現しなくなったと言う意味だが。

今回は弥勒寺の登場する作品「閉鎖区underground-dark night-」の原作者八頭司遼とブリッツの登場する作品「code・Babylon」の原作者駿河駿馬が保護される。二人が紹介されるのだが、その中で八頭司がいい加減そうな性格で「おれ、もう帰っていいっすかー」な雰囲気を出したものだから、自分の創造主がこんなヤツでそして自分の世界で苦しんでいる連中がこんなヤツの作った物語によるものだと知った弥勒寺が頭に来る。それを見た八頭司がなんで自分の作品のコスプレイヤーがここに居るんだとか言って弥勒寺の説教を鼻で笑ったものだから完全に怒り心頭に発した弥勒寺、板額を出現させて八頭司を襲う。松原がせめて右手と頭だけはやめて差し上げろって、おいw、それ以外は良いのかよw
参考資料

アルタイルの正体が分かってしまった颯太は、本当の事を話してほしいと言ったまみかにかなり詳細を話した上、それでもやはり自分の悩みがつのった結果、メテオラを相談相手に選んだ。相談する場所は秋葉原ダイビルのデッキ。ここはラブライブでも登場したしこの奥ではステラのまほうでゲーム即売会の会場になったしw

ある人の事として話をするものの、それは明らかに一人は颯太の事なんだろう。しかしメテオラほどの知性のある人物ならそんな事は気づいても何も言わない。颯太が話す事によると相手は友人であったもののその人物が自分よりずっと才能を開花させて行くのを見て妬ましい思いにかられてしまって酷いことをした様な感じだった。そしてその妬ましく感じた人物は一体どうしたら良いのだろうかと。

メテオラはそれは友人を越える努力をし、友人の力になる事で友人への赦しになるのではないかと言う。

颯太は少しは自分の気持ちの整理が出来たのかもしれない。だが、この様子は真鍳に見られている。まみかと颯太が話をしている時に発見したのは偶然だが、その後はきっと颯太の事をマークしていたのだろう。

そして未だ冴えない顔をした颯太に真鍳がビラビラメイドとして近づく。真鍳はエックス秋葉原1号店への路地に颯太を連れ込んで自分が調べ上げた事を颯太に話して颯太を真っ青にさせる。真鍳は颯太にその友人セツナってもうどこにも居ないんじゃないかなとカマをかける。颯太が出現させないと居ないんじゃないの?
参考資料

まみかは都庁の屋上にただずんでいたアリステリアの所にやって来る。そしてまるで別れの言葉の様な事を告げる。まみかは颯太から聞いた話からアルタイルの言った事は正しくはないと悟ったのだ。だからアルタイルに対峙する前に何があってもアリステリアは盟友だし自分の気持ちは信じて欲しいと言って立ち去る。

そのまみかが行った先はアルタイルの場所。そしてアルタイルを止めに来たのだ。この世界を守る為に。その為にセツナの魂を救ってみせると。だがアルタイルにはその気持は届かない。お前などに彼女の慟哭の何が分かるのかと。

そうしてまみかに突き立てられるアルタイルの剣。さらに囲んだアルタイルの剣に対してまみかのマジカルスプレッシュフレアが炸裂。

また今回もまみかが持って行っちゃったのか!
参考資料

| | TrackBack (0)

ソード・オラトリア・第7話

第24階層でモンスターが大量出現したとの報がディオニュソスに入る。同じ頃ダンジョンではアイズが謎のマントの人物から協力を申し込まれていた。あの手の声の変え方をしている相手って高い確率で胡散臭いのだが、アイズはその頼みを受けてしまった。

モンスター大量出現の件でディオニュソスはロキに助力を頼みに行く。ロキは最初はそんなもの受ける気はないみたいな事を言っていた。ディオニュソスはロキの信頼を受ける為にフィルヴィスを一緒に行かせると言う。そんなもん本人の前で言うなと思っていたロキだったものの、レフィーヤがアイズからの知らせが入ったと言う手紙を見て驚いた。アイズが今話題にしている第24階層のモンスター大量出現の調査の手助けに入ったと言う知らせだったのだ。

アイズが首を突っ込んでしまったので仕方ない。ロキはベートを呼びに行かせてベートとレフィーヤにフィルヴィスを伴わせて第24階層へ調べに行かせるのに同意する。

しかしこの組み合わせはベートとフィルヴィスの二人に協調性が無いのでレフィーヤが苦労する。

アイズは酒場に行って合言葉の「ジャガ丸くん抹茶クリーム味」と言うと店主が奥の部屋に通してくれる。そこでは助っ人を待っていた連中がいたのだが、それはあのモンスターフィリアの日に気味の悪い球を運ばされていたルルネ。クエストの本隊はヘルメス・ファミリアで、団長のアスフィ・アル・アンドロメダが剣姫が来てくれて心強いと挨拶をする。

早速情報によってモンスターが出現しているらしい場所へ向かうが、その前にアイズはベルの落とし物を武器屋に預けに行く。最初は預かるなら金が欲しいみたいな事を言っていた相手を、それにふくれたwアイズがだったら先日のドロップアイテムは別の所にと言い出すと慌ててタダで預かってくれる事になる。

24階層に入ったアイズ達は手近なパントリーから行こうとしたが、アイズの探知能力からそっちとは違う方向へ進む。実はこれが見事に当たる。行ってみるとウジャウジャとモンスターが行進しているのだ。いくらなんでもこの数はと思ったが、アイズが一人で突っ込んで行って片付けてしまった。

「もう全部彼女一人でいいんじゃないか」

そんな定番の台詞をはくなよw
それを見たアンドロメダはアイズがレベルアップしたばかりなんじゃないかと気づき、レベルアップ直後は身体の感覚がしっくり来ないので気をつけろとアドバイス。

その頃、レフィーヤ達も24階層に向かっていたが、ベートが勝手に進むフィルヴィスを止めようと肩に手をかけそうになったのに対してフィルヴィスが私に触れるなと剣を抜く。あぁ?何言ってんだよと睨みつけるベート。一触即発の事態をレフィーヤがエルフ族には他人に触れられるのが禁忌な部族があると慌てて中に割って入った。

パントリーの中に入ったアイズ達だったが、その様子をレヴィスが発見。以前は邪魔が入ったがここでアリアとやりあえると動き出す。そしてレヴィスの後ろ盾の様なヤツにアンドロメダ達とアイズを分断する様に言った。

どうもレヴィスと一緒にいたヤツはモンスターが近づけなくなった原因となった緑色の物体や蛇の様な花の様なモンスターを操れるらしく、レヴィスの依頼どおりにアイズをアンドロメダ達から隔離してレヴィスとの戦いの場を用意するのだった。

さて、レベルアップした剣姫さん、レヴィスとどれだけ戦えるでしょうか。

| | TrackBack (0)

冴えない彼女の育てかた♭・第7話

とらかK-BOOKSかは分からないが書店卸したblessing softwareの初ゲームは初回の納入数1000枚が瞬殺となって追加発注5000枚が入った。冬コミには間に合わなくて伊織のrouge en rougeに遅れを取ったのがこれで互角のポジションについたのだ。そんな訳で倫也は英梨々に大ヒット御礼イラストを発注していた。

「cherry blessing~巡る恵みの物語~」のヒットは勿論英梨々も喜んでいて、勇んで大ヒット御礼イラストを描いていた訳だが、おや?どうもおかしい。どうしちゃったんだろう。

三学期が始まって登校する倫也に詩羽が声をかけて来る。都電の早稲田駅から学校に行くのか。それってバンドリ!の花咲川女子学園高校と同じじゃないか。都電で通学する風景は以前から描かれていたが、ここまでバンドリ!とリニアだったのか。但し倫也達の学校のモデルは東京アニメーションカレッジ専門学校なんだけどね。だから実際の通学路になると激しく戻らないとならない。香澄達の学校は正体不明だがw、地理的に江戸川公園近辺の雰囲気はあった。

詩羽は学園でも有名人で、一方で誰もが近寄れない存在だったので、その詩羽が倫也にべったりと寄り添う姿を見て登校中の他の生徒は皆驚きながらそれを眺める。倫也も今迄こんな事が無かったのにと言うと詩羽はもう卒業だからと言うのだ。

しかしこの状態を放置しておく英梨々ではない。怒濤のごとく駆け寄って来て二人の間を引き離す。だがその英梨々とて学園では別の意味での有名人でしかもお嬢様と言う事になっているのだからこれもそれまでのキャラを放棄した様なものだ。

この様子は当然の事ながらすぐに学園中の噂となって「ラノベのハーレム主人公の脇に居る友達」上郷喜彦は教室に入って来た倫也に一体これはなんなんだとすがりつく。その横を恵がすっと入って行くので倫也がおはようと挨拶するもののその先はそっけなくもうチャイムが鳴ったから席に着いたら良いよと遮られてしまった。

喜彦はあんなハーレム状態を知られて恵を怒らせたんだなと言うが、倫也には分かる。そんな簡単な事じゃないんだと。

放課後の喫茶店では伊織からバレンタインのチョコレートを受け取る倫也。それを驚いた目で見ていた店員。OP後の提供はこれだったか。それは出海からの物なのだが、出海は今まさに受験勉強中なので来られないから伊織が渡す事になったそうだ。

そして大塚駅前で別れる時、伊織はサークルを今後もちゃんと維持しろよ、詩羽と英梨々を絶対離ればなれにするなと倫也に言うのだが、これってそう言う事が起きちゃうと言う暗喩ですな。

そして恵は倫也からの電話に出ないのだ。

先行きどうなっちゃうんだろう、このサークル。

バレンタイン当日はまずは英梨々からチョコレートを貰う倫也。家にまで来て普通に渡すとか、英梨々にしちゃもう直球じゃないか。

詩羽は新しい作品を出していて、倫也はこれもすっかり気に入ってしまっていた。そして感想は本人にまっさきに言うと息巻いているくせにうっかり英梨々に少し口走ってしまう程。伊織が言っていたが、あのゲームで詩羽も英梨々もひとつ成長したと言う事か。でもアバンで英梨々には不穏な様子があった。

詩羽は倫也にチョコレートを渡す時に倫也の感想を聞いて喜ぶ。が、一方で次のblessing softwareの作品はどうするのかと聞いて来て、自分は次も英梨々に描いて欲しいと言うのだが、だがその肝心の英梨々がどうしちゃったのかと倫也を問い詰める。確かに冬コミの時は風邪で倒れたが、それから二ヶ月も経っていてひとつも絵が完成していないではないか。そんなもの絵を描いているとは言えない。それを倫也が放置しているのはどう言う事なのかと言うのだ。

詩羽にそう言われて悩んだ倫也は、今度は恵に相談のメッセージを送った。それは恵がコメダ珈琲に居るのを見かけたからで、そっと覗いていたらこのメッセージは見てくれたと安心して帰る。

だが、倫也がほっとしたのはそれだけ。家に帰って次回作のプロットを考えていたものの未だ何も浮かんで居ない。仮称で「その2」を付ける程度なんだから。

そう言う状態で改めて「cherry blessing~巡る恵みの物語~」をやってみたら恵がプログラムした所で細かい表情の変化があったりするのを発見する。こんな事までやってくれたのか。そして思い出すのだ、これが完成するまでの半年、恵がどれだけ支えてくれたのかを。やっと気が付いた倫也。

そしてそれが倫也に次のゲームのプロットを閃かせる
「冴えない彼女の育てかた」
ここでタイトル回収か!

| | TrackBack (0)

サクラクエスト・第8話

今日は四ノ宮家の稲刈りのお手伝いにチュパカブラ王国の高官達が集合。
参考資料

しかし現地に行ってみればコンバインでガリガリと稲を刈っているので人力での出番は無し。コンバインを動かしているのは誰だと思ったらしおりの姉のさゆりで、普段は隣町の病院で看護師の勤務をしているのだと言う。顔かたちと話し方がしおりに似ている。

四ノ宮家で高官達(言いやすいからこう書いてるけどこれで良いのか)はお昼をごちそうになり、その時に町おこしの次の策としてC級グルメと言う話が出た。そうめんにメンマが既にC級グルメと言うのをTwitterで見たが、そもそもメンマを食べない私は単に聞き流していたのだがやはり入れないのか。

同じ頃、門田もチュパカブラ饅頭をリニューアルしてDXにしていた。これって由乃達と同期を取ってるのかと思ったらちょっと違うみたいだと言うのが後で分かる。しかもここでぼそっと言った経費抑制と言うのが実は火種となっていた。

国王陛下の前に各料理人が進み出て自分達の考えた料理を差し出すものの、早苗のフライングヌードルはカップヌードルにフライドチキンを刺しただけだししかも不気味。早苗のがっつりかき揚げサンドはかき揚げだのなんだのを挟んだだけのがさつなサンド。凛々子のは緑色した不気味な芋虫の様なもの。そう言って却下していた由乃のはまあ味は行けそうな気もするが構成要素が全部茶色なのがいただけない。しおりのはみんなが美味しいと言うし遠目だと良さそうに見えたのだが・・・それになによりしおりのは間野山の素材を使っている。

四ノ宮家で揃って間野山に出来たフレンチの店にさゆりのおごりで食事に行く。おや?てっきりさゆりが発見した熊野が出て来るのかと思ったら違う人がフロア担当で出ていて、じゃあシェフは?と思ったら忘れたと言って慌てて出て来た。
参考資料

先ほどテーブルを囲んでさゆりやしおりにいい人は居ないのかとか言っていた時にしおりは公務員で普通の人が良いと答えていた。今日はしおりが自分は目立たずに普通の暮らしがいいんだアピールが強い。でも祖父が熊野に孫娘達の好きな方を選べとか言っていた時にふとしおりがさゆりの反応を見て何か感じるものがあったらしい。ふたりは同級生なんだから。

由乃達は今度は渓流でイワナ掴み・・・釣りじゃないの?
熊でもあるまいし、手で捕まえられるかと言っていたら熊みたいな体格の男が次々とイワナを水中から跳ね上げていた。あの熊野シェフだ。それにしても店の中で見た時は少し大きな体格だと思っていたのにアウトドアで見たら本当に熊だぞ。フレンチのシェフながら素材の味で食べるのが美味しいと言う。
参考資料

帰り道にしおりが姉の話を熊野から色々聞いてみるが、熊野に言わせると高校時代のさゆりは高嶺の花でとても話しかけられる相手ではなかったと言う。しかもあの約束の場所には来てくれなかったしと。おや?

ところがこの様子を後ろから見ていた早苗や真希はあの二人イイ感じじゃね?などと勝手に憶測する。まあ確かにしおりが年上キラーなのは認めようw

そしてチュパカブラ王国高官達によるメニュー案第二弾。どれもこれと言った物はないし間野山の素材を活かしてないし、そしてのは相変わらず不気味だ。

この時の材料を買いに出た時にしおりと熊野の噂をスーパーでしていたのをしおりの祖父母が聞いて、大将が選んだのはしおりの方かと勘違いしてしまった。そしてそれをしおりの父貴之に話した為に、貴之はしおりに家を出て自立する時の話をしてしまうのだ。しかしそれはしおりが急に父母の所から外に放り出される感じをもたらす。

そうとは知らずしおりは荷物の片付けをしていたさゆりに熊野の事を聞いてみた。さゆりはさゆりで熊野が高校を出てすぐにフランスに修行に出てしまう様な住む世界の違う相手と言う感覚を持っていた。そしてこっちも約束の時間に来てくれなかったとか。おやおや?

ここでしおりが突っ込むのかと思ったら今日はここどまり。

そして事件はもっと違う所から発生する。観光協会が予定していたC級グルメ祭が商店街が予定していた納涼祭と完全に被ってしまっていたのだ。これを知った千登勢が怒鳴り込んで来る。千登勢は納涼祭は商店街のかき入れ時だとも言っていたし、単に被ったの以上に怒りの原因となったのだろう。

由乃が商店会に連絡していなかったと言う訳なのだが、まあそう言う役目が由乃だったのにやってなかったのは責任があるだろうが、納涼祭なんて毎年やる事で今年はいつのになるのかなんて話は地元のしおりや凛々子、あるいは観光協会の誰かがそもそも気づいて無くちゃいけない話なんだけど。

観光協会全員で商店会の集まりに謝り皆で謝りに行こうと言う。門田が嫌だと言うと今迄見せた事のない恐い顔でしおりが叱る。
参考資料

商店会の集まりで謝ったものの、それに対して千登勢が特に今回怒っている点を話した。以前のチュパカブラ饅頭は間野山の材料を使って作っていたが、今度の改造版は単価を下げる為に外の業者に頼んだじゃないかと。観光協会は地元の産業がどうのよりも客が来る事しか考えてないのだろと怒り心頭。由乃が必死で謝るものの、この被ってしまったスケジュールをどうするのかと言われて困り果てる。

ここでしおりが立ち上がった。由乃を責めないで!自分が国王代理になってきっとこれをなんとかするからと。今回の前半くらいまでは、自分は何も出来ないよとか普通がいいんだよとか言っていたしおりが、父親から変わらない生活なんてないんだよと言われた辺りで考えが変わったのだろうか。

それにしても国王代理って、摂政殿下か!

| | TrackBack (0)

王室教師ハイネ・第8話

改、いやカイが(轟雷改ではない)ハイネの所に夜中に相談に来ていた。しかしそこに他の王子達も続々と集結。レオンハルトのタコは夢だったのかよ!予告で印象的すぎて今日のキーワードになっていた。
参考資料

人が集まりすぎて今日は相談にならないと思ったハイネだが、カイは別に秘密にする事ではないので構わないと言う。何の相談かと思ったら、父王のヴィクトールからお前はもっとコミュニケーション能力を持てと言われてどうしたら良いのかと言う話だった。あの時王は王子達一人一人に何が問題なのか言っていたな。レオンハルトはその点自分は性格などで何も言われなかったので勉強さえすれば良いと鼻高々に言うものの、ブルーノからそれは学力が致命的すぎて他のが全部霞んだだけだと突っ込まれる。てっきりここではその解決すべき学力問題がでかすぎるだろとかのツッコミかと思ったのだが。

翌日、カイのコミュ障克服修行に出かけようとしたところにアデルの悲鳴が聞こえて駆けつける。すると飼い犬のシャドウが自分の大切な絵を汚したのでシャドウを捨てて別の動物を探しに動物園に行くと言い出したのだ。その大切な絵と言うのが不気味な人物像で、これってアデルが描いたんじゃないのと思ったけど普通にみんなが気味悪がるからアデルが描いた絵ではなさそう。まさかシャドウがこれを描いた元の絵を汚した?とか思ったw

しかしアデルが急に一人で動物園などには行けないと言うとアデルは泣き出してしまう。慌ててみんなで動物園に行く事になるが、代わりの動物を動物園で調達するとか、それを王族の権限でやっちゃダメだろう。

それにしても今この時期に動物園とか言っちゃうと誰もがけものフレンズを連想してしまう訳で、ダチョウとか熊とか出て来たら次はサーバルとかペンギンをとか思ってしまう。しかし熊でマキャベリズムまで連想する域には達していなかった私。

かわいい動物に囲まれながらもアデルはシャドウの事を思うものの、やはり帰りたくないとも。シャドウに酷い事を言っちゃったからだと言うのだ。普通、犬には分からないんですけどね、子供だし。それをなだめたのはカイ。大丈夫だよと。

王宮に戻ってみるとシャドウがアデルを出迎えてくれた。これでアデルとシャドウの問題は解決したのだが、残されたのがカイの問題。リヒトがじゃあ自分の華麗な会話術を教えてあげようと、結構月並みな方法論を言う。天気から始まって相手の趣味とか。それはタダのナンパ術だろうとも言われるものの、一方で会話の基本とも。でも確か天気の話から入るとそんなつまらん話だとぶち殺すと言った「エロイカより愛をこめて」のエーベルバッハ少佐と言う人物が居てだなあ・・・

それを実践しようと侍女に話かけたカイだが、まるで初級英会話みたいな「今日は良い天気ですね」「私はモフモフが好きです」なんて話で終わって侍女達には逃げられてしまった。

「今日は天気が良いです」・・・うんうん、昔、ラジオのロシア語講座聞いていた時にまさにその用例が出たよ。
Хорошая погода сегодня

次は感謝される様な事をすると自然と会話が進むと言うのでみんなの手伝いとかしてみるのだが、最後に石像を肩に担いで運んでいると遠目からそれを見た近衛兵のルートヴィヒとマクシミリアンが不審者だと突撃して来て、王子を間違えたと平謝りにさせてしまう。
しかし人相が悪くて怪力ってどこの平和島静雄だよ。
参考資料

その後、芝生で寝ていたカイに毛布と紅茶を持って来た侍女も怯えさせるし。

カイは、もういい、自分が無理に話をしようとするとみんなに迷惑をかけてしまうと否定的になったところでハイネのいつもの教育的指導が発動する。話す前にきちんと挨拶やお礼が言えているのかと。確かにカイは第一声が出ないんだよね。それがコミュ障の特徴でもあるんだけど。

そしてやっと自分の部屋のシーツ交換に来た侍女に対してカイはありがとうが言えた。侍女は王子に感謝されて恐れ入るものの、嬉しそうで、やっと会話が繋がった感じとなった。

言えたよとハイネの所へカイが行ってみたらハイネが弄ばれてぐったりしていた。

さて、例の呪いの絵、よく見たら端の方に焦げた跡があって、ひょっとしてシャドウは絵が燃えかけたのにお茶をこぼして消し止めたんじゃないかと言う。そしてさらにこの絵はハイネが描いたものだと言うのが発覚。散々に言われてプルプル震えるハイネ。
参考資料
絵は苦手なんだろうけど、限度と言うものがw

| | TrackBack (0)

フレームアームズ・ガール・第8話

OPを漫然と見ていた時に「あれ?FAガール達のアップ画って手書きだったっけ?」と思ったのだが、ツイッターを見てみたらやはり3Dからの変更らしい。

轟雷がフレズヴェルクと対戦している。おお、なに、もう雪辱戦やってるの?轟雷が装備も新にしてフレズベルクの攻撃もしのぎ、しかもジャンプしてフレズベルクを落として接近戦に持ち込んで勝利する。この対戦中にあおがあれ作ったの自分だし武希子に助けて貰ってないし褒めて褒めてみたいに言ってるのに観戦のFAガール達は誰も耳を貸さないでしきりに轟雷を応援。ただ、この時に何故アーキテクトが居ないんだろうとは思った。
参考資料

そうしたら対戦が終わってアーキテクトがコピーモードを解いて出現する。ああそうか、模擬戦だったのか。みんなこれでもう轟雷の勝利間違いなしと讃えまくる。特にアーキテクトが勝利の確率が99.9999998%とか言った時は、それは逆に負けフラグなんじゃないかと思った。これで今回そのまま雪辱戦に話が進んだら99.9999998%負けフラグだったろう。

しかし、ここで今回は決起集会となるのだ。うーん、決起集会って言うとサヨクが集まってシュプレヒコールをする場面を連想するのだが、最近の若い人達は違うのかも知れない。

どうでも良いが背後の「轟雷改」の改の時が気持ち悪い誤字になっていてずっと気になった。【己】だけが反転してるのってこんなにも違和感あるものなのか。
参考資料

最初は迅雷の忍者ショーでござるでござる。ただステージの上を走り回るだけで終わるのかと思ったら手裏剣の出し物があった。しかも標的は轟雷 の 上のりんご じゃなくてサクランボ。いや、漫然と見ていた時はりんごだと思ったの。でもサイズ的にそれじゃ合わなくてちゃんとサクランボになっていた。

迅雷の放った手裏剣は見事にサクランボに。って、轟雷に命中しそうなのを轟雷がサクランボで防御したので轟雷の出し物になってしまったのだが。

次にスティ子とバーゼのミラクルマジカル手品ショー。司会のバーゼはここで参加か。
バーゼが箱に入ってそれにスティ子が剣を刺すと言う、よくみるマジックなのだが、どうしてもバーゼに対して箱がでかいのでスカスカの所に細い剣を刺しても何ともないんじゃとか思った。そして脱出の時は箱を破壊して出て来るし。

アーキテクトは「祝福の歌」。オペラだ。こんな曲あったっけ。ローエングリンの勝利を讃える歌とかやってくれんのかw

マテリア姉妹は漫才。なんでやねん。冒頭は未だ漫才になるかなと思ったらどんどん笑い処が分からなくなるが、雰囲気的に来るかなと思った迅雷の爆笑がついて来た。

最後にマスターのあおからの轟雷へのお手紙朗読。途中でちゃりーんって擬音がしたので何かと思ったら、あおのお手紙はこれからもどんどん儲けさせてねと言うものだった。それでちゃりーんか。でも轟雷が感動していたのでよしとすべきではないか。

そして締めくくりは小学校の時にあおがやっていたと言うユーフォ・・・じゃなくて、トランペット。まさかマンションで夜中にトランペット吹くのかと思ったら本当に吹いちゃった。しかも予想どおりの音外しで。


いなげやの数量限定売切御免タイムサービスに行く前に既にお腹が空いて団子を買い食いしてしまうあお。どうせ夜の陣もあるから大丈夫と。そしてそのまま秋めいた公園へ向かうのだ。これは多分立川の国営昭和記念公園。

懐かしいと言うあおの感情が分からない轟雷。そう言えばどんぐりが沢山落ちている場所があって、そこでおままごとをして遊んだのだそうだ。何しろ両親がラヴラヴで子供の時分が放っておかれたから。あおの父親の職業が船長って、とっさにひみつのアッコちゃんの父親(第一作)を思い出したよ。

その話を聞いて轟雷がおままごとをしてみたいと言う。あおはもう高校生にもなってするものじゃないと言うものの轟雷がどうしてもやりたいと言うので合わせてあげる。でもいざ始めてみると轟雷が恥ずかしがってしまう。

そこに突如やって来た女の子ぐりこ。おままごとに混ざりたいと言う。轟雷をどんぐり風呂に入れてみたり。そして駆けて行った方にあおが行ってみると思い出すものがあった。ここってそう言えばタイムカプセルを埋めた場所だ。いや、国営公園に勝手にタイムカプセルを埋めるのはどうなのよ。
参考資料

それはともかく缶の蓋をあけてみたらそこには嘗てあおが大切にしていた物とかどんぐりとか。そして中に入っていた人形ってあのさっきのぐりこじゃないか。あおはここに今日轟雷と遊んだどんぐりを入れておこうと言う。轟雷にも懐かしいと言う気持ちが分かる様に。

などと言っているうちにいなげやのタイムサービスの夜の陣の時間。そしてマンションではあおの帰りを待ちながらマテリア姉妹の漫才を見させられるバーゼやスティ子。

それにしても昭和記念公園の紅葉の描写がとても綺麗だった。
参考資料
半年後だけど秋になったら行ってみたい。

| | TrackBack (0)

リトルウィッチアカデミア(TVシリーズ)・第20話

「あなたには関係ない事です」
アッコとアンドリューの引き留めを突っぱねるダイアナ。あれ?ハンブリッジ伯爵はさっさと席を蹴って帰ったんじゃ?と思ったらアンドリューを置いたまま帰ったのか。これはどうなんだろう。或る意味アンドリューを信頼してると言うか。

ダイアナはそのまま扉の向こうへ入ってしまう。ここから先はキャベンディッシュ家の者しか入れないと言ってアンナは頑として通さない。とは言ってもアンドリューが居るせいか物言いは軟らかい。しかも何故今でないとならないのかも教えてくれた。キャベンディッシュ家の当主の継承儀式は金星食の時にしか出来ないのだそうだ。それが今日であり、次の金星食は数年後になってしまう。

中に入ったダイアナだったが、聖堂に進む途中でダリルの妨害に遭ってしまった。割合あっさりダリルの蛇にやられてしまったダイアナだったが、ここでダリルが言った言葉が気になる。魔法を使えないダイアナなど簡単だと。何故魔法が使えない?(後ろから蛇に不意を突かれてステッキを落としたからかな)
参考資料

仕方なく引き下がるアッコとアンドリュー。アンドリューはアッコがそれだけ必死にダイアナを引き留める程仲良しだったか?と聞くがアッコは仲良しじゃないけどダイアナが本心を曲げて学園をやめるのが我慢出来ないのだと言う。何でも出来るダイアナがわざわざ学園に来たのは何か目的があった筈だと。ここでアンドリューはダイアナの昔話をしてくれた。ある時ダイアナが魔法が使えなくなった時があったが、その時は必死に練習をして魔法が使える様に戻ったのだと。なんの切っ掛けで魔法が使えなくなるんだろう。

ここでメイルとマリルの声が聞こえて来たので思わず隠れる二人。ここにダリルがやって来てダイアナの拘束に成功したと伝える。中でダイアナが身動き出来なくなったのをアッコが助けに行くには何か切っ掛けが必要とは思ったが、こう言う場面が用意されるか。

ダイアナが一大事だと扉の前に駆けつけたアッコとアンドリュー。アンドリューも言うので本当に大変なのかもしれないと思うアンナではあったが、一方で扉の向こうにはキャベンディッシュ家の者しか入れないと言うしきたりにも束縛されている。しかも儀式を妨害した者には恐ろしい災いが降りかかるとも。そんな言葉にとらわれず問答無用で扉を開けようとするアッコを手伝うアンドリュー。二人で押せば何とか開く扉で、アッコが中に入ってアンドリューも後を追おうとしたのをアッコが止める。自分はまがりなりにも自分は魔女だから災いは何とかなる、多分、だからアンドリューは外で待っていてくれと。
参考資料

中に入ってみるとやはりあのダリルの蛇に襲われる。ふと見るとダイアナも蛇に絡め取られて動けない状態になっているのを見つけた。アッコはダイアナを助けようとするが、蛇に襲われネズミから象に変身して一匹は押さえたものの、他の蛇に襲われて噛まれてしまった。蛇の毒がアッコに入ったらしいが「こんなものスーシィの毒に比べたら」って、普段のスーシィの毒、どんだけ辛いんだよw

そうは言っても蛇にやられそうになった所でアッコが暴れたせいで蛇の拘束が取れたダイアナが魔法で蛇を消し去る。

アッコが気が付いてみたら、ダイアナによって蛇の解毒がされていた。ここはその昔キャベンディッシュ家が病める者、傷を負った者を敵味方なく魔法で癒していた病院だったと言うのだ。ナインオールドウィッチの一人、キャベンディッシュ家の始祖のベアトリクスが始めた病院。しかし医学が進歩して顧みられなくなって今の荒れた状態に。キャベンディッシュ家の没落はまさに魔法の没落と同じ歩みだったんだ。でも医学も万能じゃないので、治療法が確立していない病気には有効なんじゃないかと思うが。

ダイアナはアッコを治療していた為に、今からでは金星食には間に合わないらしい。だがアッコは諦めちゃダメだと涙目でダイアナを説得する。
参考資料
最初は当主継承をやめろと言っていたのだが、今は当主も学園もどっちもやれば良いと。ここでシャリオステッキが反応。ダイアナは七つの言の葉のひとつ「伝統と新たな力が交わる時未だ見ぬ世界の扉が開く」に気が付いてアッコに唱えさせる。するとシャイニィロッドはシャリオの箒に変形。これなら金星食に間に合うとダイアナに乗って行ってと言うと、ダイアナは一緒に行きましょうと。
参考資料

シャリオの箒は凄まじい速度で聖堂の方へ。金星が月に隠れる寸前に到着しそうでこれで間に合うかと思われたらダリル達が妨害に入った。だがシャリオの箒はそんな妨害よりも速度が速い。ここであの災いがダリル達に降りかかる。儀式を妨害した者には恐ろしい災いが。樹に絡め取られて埋もれて行くダリル達。助けを求める彼女らにここであのダイアナが語ったキャベンディッシュ家の施術の方針が生きて来る。敵味方問わずに助けると言うあれが。ダリル達はダイアナの魔法で助かるが、金星は月の裏を通過してしまって儀式は不能に終わってしまった。でも、そこにベアトリクスが顕現した。ダイアナの行為を良しと認めた様だった。

キャベンディッシュ家の当主継承が出来なかったが、だったらまた学園に行って下さいとアンナは言う。キャベンディッシュ家の事は自分達が守るからと。しかし使用人だけでキャベンディッシュ家の財政状態を保てるのかと思ったらダリルが改心してダイアナが卒業して戻って来るまで何とかやりくりしそうだ。

ルーナノヴァの帰りの箒の上でダイアナがアッコに今回の事は感謝しているとぼそっと告げるのでアッコが驚いた。
参考資料
でもこう言うのはもう一回言ってくれないんだよ、アッコ。

| | TrackBack (1)

舞台探訪・アイドル事変OP・国会議事堂

今日は参議院70周年記念特別参観が行われたのでアイドル事変のOPの舞台探訪に行って来ました。
参考資料

アイドル事変は2月に入院した時にそれ以降見なくなってしまいましたが、その一方で1月期アニメの中では一番OPが好きな作品でした。だからOPは強く印象に残っています。そこに丁度参院の70周年特別参観があると言うのでこれはいい機会だと行って来た訳です。

ではOPの流れの順番に。
冒頭のここは中央広間のステンドグラスです。
参考資料
参考資料

次のここは議員食堂だそうですが、本日の開放部分にはなっていませんでした。
参考資料

ここは大臣室です。
閣議が開かれる時に各大臣がここに集まって総理の到着を待つ場所です。
参考資料
参考資料
微妙に違うんだけど…

これは本会議場。
作中の絵は天皇陛下のお席が無いので衆議院の方ですね。
傍聴席からの風景ですが、今日は傍聴席側には入れませんでした。
参考資料
参考資料

速記者席から議長席を見た場面。
参議院は帝国議会の貴族院が前身なので天皇陛下のお席があります。
参考資料
参考資料

これは中庭の外気取入口です。
ここも今日の参観ルートには入っていないので撮れませんでした。
参考資料

ここは天皇陛下の御休所です。
中には入れずガラス越しの参観です。
参考資料
参考資料

これも今回の参観コース外。中央の塔屋の部分です。
ここが見られる日ってあるんだろうか。
参考資料

そしてここが中央広間。
アイドル事変OPの中で最も好きな場面です。
参考資料
参考資料

鬼丸静の背後は大隈重信です。
参考資料
参考資料

最後は中央広間から御休所への階段です。
参考資料
参考資料

ニュースにもなっていた国会議事堂レゴブロック。
参考資料

議員食堂と塔屋については実際に見られなかったので参議院の職員の方に「アイドル事変のキャプチャを見せて」確認をしました(迷惑なヤツだなw)。

| | TrackBack (0)

今期アニメの暖房器具

たまたま二作品で気になったので並べて考えてみた。

エロマンガ先生第4話から、山田エルフの家。
参考資料

古い洋館の様な作りなので右側にあるのは多分スチームのセントラルヒーティングではないかと思う。昔の建物に多かった。うっかり触ると非常に熱い。


冴えない彼女の育てかた♭第6話から、英梨々の那須の別荘。
参考資料

最初見た時はベッドの近くに大きな暖房器具があって、電気ストーブかな、でもそんなのじゃ那須の冬は足りないだろうと思ったものの、よく見ると窓際にスチームタイプの暖房器具がある。これもセントラルヒーティング。

ところがそれでは足りないのかベッドの近くに別の暖房器具があり、これもよく見ると伸びているコードみたいなのが銀色のチューブに見えるのでガス暖房器具と思われる。背面の形と大きさからガスファンヒーターに見えるが、だとしたら電源コードも伸びていないといけない。ファンを回すから。それはまあ描き足りなかったと考えておく。

ガスファンヒーターはなかなか強力なのであれだけの大きさならあの部屋は大きいとは言っても多分あれだけで暖まるとは思う。那須高原でも。一方、窓際にあるスチーム式セントラルヒーティングは恐らく設計で考慮が足りなくて暖房出力が足りなかったのだろう。だから後付のガスファンヒーターが設置されたと推測する。英梨々の家は金持ちだからセントラルヒーティングでボイラーを運転するのは金がかかるからガスファンヒーターにした、と言う訳ではあるまい。


因みにここに登場している山田エルフ家のスチームも英梨々の別荘のスチームもガスファンヒーターもどれも私は経験済み。英梨々の別荘のスチームヒーターが運転費がかさむ割に暖める力が弱いから別の暖房器具をと言うのはよく分かる(英梨々のは費用の問題じゃないと思ってる訳だが)。

| | TrackBack (0)

Re:CREATORS・第7話

真鍳を巡って遭遇した軍服の姫君側のアリステリアとまみかとブリッツに対してセレジアとメテオラの争いはまみかが争いを止めようとする第三者的な立場になって混沌として来たかと思ったら、そこに弥勒寺登場。ますます混戦を極める。

まみかの魔法は威力があるものの無敵な訳ではなくてステッキの耐久性がそんなには長くはなかった。弥勒寺があの魔法少女のお嬢ちゃん強えじゃんと言いつつ、セレジアへの攻撃を邪魔されたのでまみかにも攻撃すると愈々限界が近づく。弥勒寺が手強いと感じたアリステリアはまみかを乗せて撤退。それを受けてブリッツも撤退した。

対戦中にセレジアとメテオラからこっちに来る様に言われていた真鍳だったが、自分は檻の中に入るつもりはないとさっさとその場から消え去る。この騒動のトドメは瑠偉がギガスマキナで飛び込んで来た事で破滅的な(菊地原にとって)結末を迎えた。あれ、どうやってごまかすんだ。
参考資料

取り敢えず弥勒寺はこっちに居たほうがブリッツとまた対戦できそうだからと言う理由で対策会議側に加わる。この弥勒寺と瑠偉が結構気が合うので当面はおとなしくしていそうだが、万が一の為にセレジアかメテオラが見張っていようと菊地原に言っていた。でもその二人じゃ弥勒寺は抑えられないんじゃないかな。

弥勒寺は状況分析も優れていて創造物達は物語の中ではその設定が物語の流れによって抑えられていた部分があったものの、この世界に来てその束縛が無くなった為に今までとは違う目的などを持って動き始めているんじゃないかと言う。だから真鍳も今はその新たな目的を探して動いているだろうと。

颯太の見立てで真鍳の素性は対策本部側でも知る所となり、その原作者の保護に動き始めたが、時既に遅し。真鍳は自分のレベルアップを目指して原作者の所へ行ったものの、言う事を聞かなかったか思う様に動かなかったかでさっさと殺してしまった。
参考資料

松原と中乃鐘は軍服の姫君の素性を調べているうちに中乃鐘がこの事態を引き起こしたのが軍服の姫君ならばそれ生み出した人間がアニメ・マンガ・ゲーム・ラノベのジャンルにだけ興味を持っていたから一般の映画や小説からの顕現が無いのではないかと言う仮説を立てる。その場には颯太とまりねが居て、颯太も絵を描いていると言うのを聞いていたまりねが颯太の絵も見てみたいと言うが、見せられるものじゃないと断る颯太。しかし松原がすかさずだったら何時見せられるのか、誰だって最初から完璧なヤツなんていないんだぞと言う。流石現役クリエイター。

それにしても軍服の姫君の絵を描いてみてそれを画像検索したらどうよと思ったら、まりねがちゃんとそれをやっていて似たキャラが一杯出てきてダメだったと言う。ああやる事はやったんだ。でも後で分かるが軍服の姫君だってネットでは有名なキャラなんだから画像検索を丹念にやれば多分ヒットした筈。アニメの舞台を探すハンターってみんな検索語を変えたり色々なアプローチで画像検索してるんだぞw

実は颯太はあの軍服の姫君がらみで以前掲示板で散々批判されていた。それがトラウマで他人に自分の絵が見せられなくなっていた。ああそうか、だから軍服の姫君の素性を言わないのか。その気持は分かるが、事態はそれどころではなくなっているんだけどね。

やがて中乃鐘が軍服の姫君の素性を発見する。商業作品じゃなかったらネット上での創作作品なんじゃないのか。その観点でニワビデオに行って最近のPVの多い作品の中からとうとう見つけた。彼女の名前はアルタイル。
参考資料

同じ頃、中央線に乗っていた颯太の目の前にまみかが出現する。まみかはあれ以来軍服の姫君の単なる言い分を聞くだけではなくて、自分のあり方を模索していた。そして自分の居た世界のみんなを幸せにするにはどうしたら良いのかを考えていた。だから颯太に接近して来たのだ。まみかの気持ちに颯太も嘘はつかないで答えると約束し、軍服の姫君の名前も証した。だがその近くで真鍳が聞いている。偶然ホームで発見してついて来たのだが、中央線沿線で偶然邂逅するなんて都合良すぎるだろ!w

| | TrackBack (1)

より以前の記事一覧