3D彼女 リアルガール・第4話

今迄さんざん世間から白い目で見られていたつっつんがこの状況に溺れていいんだろうかと言う疑問はえぞみちの説得によって解けた。いや、自分の妄想なんだけど。

そんな訳で数学が全く分からないと言う色葉を家に連れて来て教えている訳だが、気になってちゃんと教えられていない。それにしても問題文からして分からないと言う色葉には先ずは計算問題をみっちりやった方が良いのではなかろうか。

そしてとうとう行動に出るつっつん。今日は母が部屋に入って来る気配がないからとか言っちゃって色葉に抱きつくんだけど、実は母も弟も気配を消してマジマジと見ていたのだ。

つっつんがこんな幸せな状況に身を委ねかけていた頃、彼の知らない場所ではそこに介入しようと言う動きがあった。あの美人の色葉があのオタクな筒井と付き合ってるってマジかと驚く高梨ミツヤ。あんないい女はこのいい男の俺にこそ相応しいと。

そしてつっつんを呼び出し。靴箱の中にラブレターっぽい手紙を入れておく。つっつんは過去の経験からこれは絶対罠だと思って無視しようとした。多分正解なんだろうと思ったのに、ありさがもし本当で校舎裏で待ちぼうけを食う子が居たらどうするんだと言われて、その哀れな姿を想像してしまったつっつんは放課後に校舎裏へ行く。
参考資料

まああのミツヤの罠なんだけどね。ミツヤは何故お前が色葉と付き合ってるんだと威嚇。つっつんが正直になれそめから話さないとならないのかと答えると苛立って、お前の何処かひとつでも俺に勝っている部分があるのかと言ってくる。

いや、ここで「こんな悪人面さげた脅しをしない事でしょうね」と答えて欲しかったがwそこは正直に無いと言ってしまう。ミツヤはだったら色葉を譲れと言うが、つっつんはそれはダメだと答えるので怒ったミツヤがつっつんをボコボコに。思い通りにならないからと言って問答無用で暴力ふるうとは本当に性根の悪いヤツだな。

怪我を隠す為にマスクをしたつっつん。で、この日は早めに帰るのだが、公園で泣いている女の子を発見する。最初は怯えられたが、迷子になっていて住所も何も分からない。警察に行こうとしたが、そこにあいつが現れる。ミツヤが。この子はミツヤの妹のあんずだそうだが、ここでミツヤがあんずに叫べと叫ばせて警官を呼んでこいつが妹を連れて行こうとしたと冤罪を被せ、しかもその場面を写真に撮って翌日学校で事件を捏造する。
参考資料

つっつんの方は冤罪を晴らそうとしたのにミツヤには消えられて警察に説明が出来ず、その結果母親に連絡が入って口頭注意でやっと解放されていた。もうこの時点で弁解する気力も無く、今迄だってこんな白い目で見られる事はあったじゃないかと何も抗弁しない。それがまた学校内では本当の事らしく噂される。

色葉と悠人は信じてくれるがありさは最低だなとあっさり言ってのけた。まあはっきりしている子だからね。

学校でこんな目で見られるから、ほとぼりが覚めるまで帰りもバラバラにしようと色葉に言うつっつん。でも色葉はこんな俺だからと言うつっつんに対してこんな俺でもついて来いと言ってよと言う。

この事態でミツヤが色葉に言い寄るものの、色葉が一蹴。何故この俺がと驚く。

この状態をどんな形で解消するのかと思ったら、意外な方向から糸口がついた。あのあんずは実はつっつんの弟の薫と同級生でしかも薫とは友達。だが、あの事件で薫は兄が前科者になってしまってその弟の自分はどうなるんだと暗くなっているのを知る。

大変な事になってしまった、一体どうしたら良いんだと思い詰めたあんずが兄に相談する為に高校にやって来た。そのあんずと先に会ったのが色葉。そして兄が駆けつけたが、あんずの言葉からどうやらこの二人につっつんがはめられたと気づく。
参考資料

このエントリーをはてなブックマークに追加

| | TrackBack (0)

ゴールデンカムイ・第3話

ああ、これ、面白い作品だ。第3話で確信した。

今回のチタタプはウサギの肉。やはり行者ニンニクなどを入れて味付け。分類学のフィールドワークの時に北海道の山で見た事がある。確かにその時にアイヌネギとも呼ばれると聞いた。スズランと似ていてスズランの方には毒があるので注意が必要と習った。

杉元は味噌で味付けをしたらどうだろうかと味噌を取りだしたらアシリパはそれはオソマ(ウンコ)だと驚く。知らないだけと思ったのだが、その後もしつこくアシリパはウンコだウンコだと言うので、お前は三ツ星カラーズのみっちゃんかよ。
(因みに原作ではウサギの件で杉元は目玉を食べさせられて、例のリスの脳みそと同じ目に遭ったと言う描写もあるらしい)
参考資料

歩いているとアシリパが羆の穴を発見した。ああ言う穴では羆が冬眠している。羆がいるかどうかは入口につららがあるかどうかで判断するのだと。近寄って見てみろと言われて杉元が見に行ったらつららがあった。うぁ羆が居るのかと杉元は退散。アシリパによると罠を作って羆が首を突っ込んだところを毒矢で殺す。しかしアシリパの父は勇敢なので羆の穴に直接入って毒矢で倒したと言う。羆は穴に入った人間は襲わないのだと言う。これ、まさかこの後の話に繋がるとはね。

ふとアシリパが気づく。さっき居た辺りで何か光っていると。杉元は気が付いた、あれは双眼鏡であり、こっちを見つけられたと。急いでアシリパを担いで逃げる。これは一応足跡を一つにしたかったのかもしれない。

だが第7師団の連中はスキーでおいかけて来た。この時代にもうこの形のスキーがあったのか?そして相手がスキーなら登った方が逃げられたんじゃないか。アシリパの目によると敵は4人。逃げ切れないと判断した杉本は二手に分かれる事にした。そしてもし捕まったら抵抗せずにその入れ墨の皮膚を渡せと。杉元に無事でと言うアシリパに対して杉元は俺は不死身の杉元だと応える。

第7師団の4人は杉元達が二手に別れたのを見て、アシリパの方にはひとりだけを向かわせた。細田さんの声なので重要キャラなんじゃないかな、この谷垣源次郎一等卒は。そして東北のマタギ出身と言うので山の中での捜索に慣れている。アシリパが止め足をしているのも見抜く。これでアシリパが近くの樹の上に居るのに気が付いて降りてこいと命令した。

アシリパは皮を樹の上に置いて、そして和人の言葉が分からないフリをして降ろして貰った。ここまではうまく行ったのだが、リスが皮を落としてしまったので谷垣が気が付く。背後からアシリパが毒矢を手にすると谷垣はその矢を離せと言い、うっかりアシリパが手を離したので和人の言葉も分かるとバレてしまった。入れ墨の皮を持った和人の言葉の分かるヤツと知れてはもう容赦ない。と言うか軍の命令だし。谷垣が銃でアシリパを狙ったらそこに例の白銀の狼に襲われ、抵抗するも適わずに足を折られてのど笛までかみ砕かれそうになった所でアシリパが止めた。

杉元の方は追いつかれて銃で狙われる。密猟者のフリをして一度はそれでやり過ごせそうだったのに、兵士のひとりが杉元の事を知っていた。その傷は不死身の杉元。そして死に損ねた尾形が書いた「不死身」と言う言葉で尾形をやったのがこの杉元だと結びつけられてしまう。

ここでたまたま追い詰められたのが羆の穴のすぐ近く。杉元は一か八かで羆の穴に飛び込んだ。羆は穴に入った人間は襲わない・・・筈。他の兵士はそれを知らないからバカがやけになって穴に入ったと銃を向けて入り、中が見えないから面倒だとばかりに発砲。

ああ、やってしまいましたね。
中から羆が飛び出して来て先ずは最初の兵士を一撃。その後3人の兵士との格闘戦になったが、最後のひとりが羆を撃ち殺したものの本人も倒れる。
参考資料

これで危機を脱した杉元はアシリパの所へ。穴から出て来た時に殺された羆の小熊をかかえていて親熊が死んだので自分が育てる事にした。ただ、そのままアシリパの所へ戻るとアシリパに殺されて喰われるのではと一応隠したのだが、あっさりバレる。

アシリパに連れられて彼女のコタンへ。子供達は杉元に警戒心が無いが、大人はやはりちょっと違うみたいだ。その視線を感じた杉元だったが、アシリパは自分の祖父はコタンの長だったから大丈夫だと祖母に紹介。祖母は和人の言葉を話せないからアシリパが通訳するのだが、その途中でアシリパを嫁に貰ってくれ(と言うのもアシリパはアイヌの女の仕事が出来ないのもある)と言うものの、アシリパは素直に翻訳しない。ウンコ食べちゃだめと誤魔化した。
参考資料

コタンに連れて来た小熊だが、すぐには殺さない。育てる。でも育ちすぎたらあの巨大な羆になっちゃう。一年後にイヨマンテの儀式で殺して皮や肉を利用するのだと言う。杉元がそう言う信仰をどう思うかと聞くと、アシリパは合理的に考えていた。こう言う信仰は生きている上での意味のある行為だと。名前のアシリパが「未来」と言う意味に適った考え方だ。ところでイヨマンテって漫然と知っていたけどこう言う行為だったんだな。

捜索隊をさらに探しに来た鶴見中尉。他の三人はともかく一人はマタギで簡単に死ぬ筈はないと言う。そこに和田大尉が怒鳴り込んで来る。何を部下を勝手に動かしているのかと。怒った和田大尉の指を噛み切った鶴見中尉に対して横の軍曹(月島軍曹)に殺せと命ずるものの、逆に自分が殺される。

そして小樽の街。女を買っていた入れ墨の男をあの土方が襲う。しかしその男の額には何かがあって切る事が出来ない。その牛山に隠し地図を集めるのに協力しろと言った。
参考資料

うへー、怒濤の展開。
取り敢えず金を探すのは杉元達・第7師団・土方の三陣営になった訳か。

このエントリーをはてなブックマークに追加

| | TrackBack (0)

ウマ娘 プリティーダービー・第5話

未だ4月なのにこんなに熱い展開かと思ったけど、ウマ娘は開始が早くて最初が第1話と第2話の連続だったからもう折り返し近いんだよね。

日本ダービーが近づいて来て注目のウマ娘達にインタビューが行われる。ここまで無傷のエルコンドルパサーは自信満々。セイウンスカイはいつもの感じで飄々としている、そしてスペシャルウィークはいつもの感じで場慣れしていない。さらにゴールドシップがいつもの感じでwボケろと。
参考資料

口では余裕のエルコンドルパサーとセイウンスカイだが、かと言って鍛錬を怠る訳でもなく、タイキシャトルが疲れ果てたトラックで未だ未だ走りまーすと言うエルコンドルパサーとか、他のウマ娘からあんなに本気を出しているのは見た事が無いと言われるセイウンスカイ。スペシャルウィークだって神社の階段を一気登りで鍛えている。だがトレーナーからはここを40秒切らねばあの二人には勝てないと言われて発奮してまた練習。

日本ダービーの特集号の表紙を飾った三ウマ娘の食事中にマルゼンスキーが立ち寄る。日本ダービーを制するには速さだけでなく運も大事なのよと。それを聞いてエルコンドルパサーは私は運が良い、この缶ジュースも当たりで出て来たものと言えば、アイスを食べていたセイウンスカイにも当たりが出た。ああ、そう言う流れで来たかと思ったら予想通りにスペシャルウィークには運が来るどころかコップをひっくり返す始末。しかしマルゼンスキーはそれをコップが割れなかったのだから運が良いのよと優しく言ってくれる。これに惚れ惚れとするスペシャルウィーク。しかし立ち去るマルゼンスキーのスカートが。
参考資料
スペシャルウィークに優しいマルゼンスキーだが、調べたら母の父がマルゼンスキーなのだそうだ。

所属するチームを検討していたメジロマックイーンさん。トウカイテイオー(ライバル)がやって来てチームスピカに入らないかと言う。メジロマックイーンを連れて来ないとゴールドシップがパイルドライバーを喰らわすぞと言われたらしい。

メジロマックイーンによるとゴールドシップはいつも変なちょっかいを出してくると言う。その度に全部ゴールドシップに跳ね返るのだが、それがOPでもそうだった様に全部目にw
こちらも調べてみたらゴールドシップの母の父がメジロマックイーンだそうだ。ウマ娘、絡みのある関係性って大元の関係性を生かしてるんだ。

取り敢えずトウカイテイオーの顔を立ててチームスピカの様子を見に来たメジロマックイーン。さっそくトレーナーが脚をさすって状態を確認。セクハラって言うけどウマ娘に対してトレーナーは仕方ないんじゃないかな。

スペシャルウィークはサイレンススズカと階段登りのトレーニング。サイレンススズカに追いつくんだと言うスペシャルウィークはトレーナーが思わずタイムを誤魔化す程のタイムを上げる。その時に他の子達は何をしていたかと言うと道端にしゃがみ込んで何かを。

日本ダービー当日。スペシャルウィークは緊張していた。その緊張をほぐす様にみんなから「日本ダービーは運」と言うマルゼンスキーの言葉を生かそうとみんなから四つ葉のクローバーのお守りのプレゼント。しかもチームスピカのみんなでは探しきれなかったのをメジロマックイーンが見つけてくれたのだそうだ。
参考資料

大舞台を前にあのエルコンドルパサーも緊張していた。シンボリルドルフが王者なら絶対を見せろと送り出す。エルコンドルパサーも緊張する様な大舞台、大歓声に迎えられてウマ娘達の入場。キングヘイロー登場。今回のレースで展開に絡んで来たけど、それだけでは済まなそうな特徴あるウマ娘(そう言えばその前の皐月賞で2着の子だ)。

ファンファーレが鳴りゲートインして愈々スタート。序盤ではさっきのキングヘイローが飛び出す。その頃のスペシャルウィークは中程の集団にいて例のスリップストリームで力を温存。エルコンドルパサーも姿を隠れていた。そのうちにセイウンスカイがスパートをかけてキングヘイローと競った上で追い抜く。そして最後のコーナーを回ったところでスペシャルウィークが飛び出して来てセイウンスカイを捕らえ、坂道は苦手な筈と思っていたセイウンスカイを追い越した。

しかし先頭に出たスペシャルウィークにあのエルコンドルパサーが猛然と追いついて来た。このまま負けてしまうのかと言う場面で最後の瞬発力は彼女を応援してくれたチームスピカのみんなの姿。エルコンドルパサーに追いすがって同着のゴール。

史実だとエルコンドルパサーはこの日本ダービーには出ていないとの事。この当時は外国産馬に出場資格が無かった。それをここではスペシャルウィークとぶつけて来たのはライバルウマ娘としての話の構成だろうか。その一方で日本ダービーでスペシャルウィークを負かす訳には行かず、かと言って無傷のエルコンドルパサーを負かす事も出来ないのが同着勝利か。その当たりがウィニングライブでセンターをスペシャルウィークが取っている絵なのかもしれない。
参考資料

このエントリーをはてなブックマークに追加

| | TrackBack (0)

ダーリン・イン・ザ・フランキス・第15話

あのクレバスとは何なのかと言う質問にナナが答える。ショッキングな映像かもしれないと言ったが、どの辺がショッキングなのだろう。やはりあまりにも多い叫竜の場面だろうか。そこをナインズの部隊が進撃している。ストレリチアを先頭にして。
参考資料

博士がステイメンをいくらでも用意してくれたと言うが、何人食い潰したんだ。人型していないと言う事は当然ちゃんとしたパートナーになっていないのだろう。

この修羅場にイチゴ達が投入される。僕は一体何者なのか、何をしているのか、また解が見出だせなくヒロがそれを見送る。イチゴ達は必ず帰って来ると約束して出撃した。あたかもフラグを立てたかの様な出撃だった。

しかし戦場ではナインズが獅子奮迅の戦いをしている。もうあいつらだけでいいんじゃないかと思わせる程に。それでも彼らから見ても多すぎると持て余し気味の時、そいつは出現した。

超レーマン級、こいつが出現する時に第26都市を丸ごと一つひっくり返して破壊してしまった。超レーマン級の叫竜の進行先には第13都市がある。

足止めの為に立てたパパ達の命令は、もう帰る先の無くなった第26都市部隊のフランクス達にマグマエンジンを暴走させて大きな爆発を引き起こして叫竜の足を止めると言う事。第26都市部隊は命令に従って自爆。
参考資料

叫竜の足が止まった。だが倒れた先で第13都市のドームを破壊し、そこから無数の叫竜が湧き出てくる。

ストレリチアがそれを辿って超レーマン級の中へ行こうとするものの、阻まれる。一方小型の叫竜は第13都市に侵入し始めた。イチゴ達が防戦をする。そこにはあのゾロメが会ったオトナの女性の姿もあった。

ゼロツーに会って話をしなくちゃと言う思いに突き動かされるヒロは、練習機で叫竜の中を進んだ。でも練習機では無理がある。壊されて外に放り出されて叫竜の餌食になりそうな所をデルフィニウムが助けた。ゼロツーの所へ行くんだと言うヒロにイチゴはやはり行かせないと言うが、デルフィニウムの動きが止まる。ゴローがもういいだろう行かせてやれと自ら降りて説得し、ヒロを乗せた。

以前は無理だったけど、やはりヒロが好きと言葉に出したのが良かったのだろうか。デルフィニウムは起動する。起動した事でヒロの意識がイチゴの中に流れ込み、そしてそれはゼロツーの事ばかりで(まあ今はゼロツーとの幼い頃の事を思い出したばかりでそれをちゃんと話さないとと思ってる時なので仕方ないと言えば仕方ない)、完璧に滑り台行きを自覚したイチゴ。

ヒロがストレリチアに乗り込むと、トナカイの様に巨大な角になったゼロツーの変わり果てた姿。ごめんねと言いながらゼロツーの角を掴んでヒロは心を通わせる。するとゼロツーの角は消え「人」に戻ったゼロツーが現れた。心の通じたヒロとゼロツーのストレリチアは赤い彗星となって叫竜群を粉砕。超レーマン級までも倒してしまった。
参考資料

しかしコアが壊れていない。しかもいくつものコアが複合した様なコアが。そしてそこに現れたのが巨大な幼児の様な手。

でかいの倒すも、もっとでかいのが現われるね。
こんなので賢人会議はうまく行ってると思っているのだから。
そしてとうとうコアの中に幼児の様な物が確認される。

このエントリーをはてなブックマークに追加

| | TrackBack (1)

舞台探訪・多田くんは恋をしない・第3話の日比谷公園

何故行ったかと言うと、今が藤の季節だからです。
そこに一昨日の晩ただこいで藤棚が登場したので、日比谷公園に藤棚あるんだと行ってみる事にしました。メインは藤棚w

但し、危惧はしていたんです。
今年は花の季節が二週間ほど早いのを。

例年だとGWに北関東のあしかがフラワーパークで藤棚が綺麗に咲くのです。東京はそれよりもちょっと早い。じゃあ4月下旬になってしまった今年の東京では・・・

あー、やっぱり遅かったかー。
参考資料
参考資料

こんな藤棚を見たかった。
(気落ちしたせいか向きが逆ですがな)
参考資料
参考資料

ここにも花はありませんね。
参考資料
参考資料

ここもちょっと合わなかった。
参考資料
参考資料

藤が咲いている季節に来たいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

| | TrackBack (0)

舞台探訪・ラーメン大好き小泉さん・第4話と第10話の飯田橋駅付近

ラーメン大好き小泉さんの舞台探訪、一ヶ月ぶりです。
前回は雪の春分の日の新横浜でした。

本日は夏日の飯田橋駅付近です。
僅か一ヶ月で冬から夏へ。

第4話のコンビニ。
潤が模試が終わったものの緊張でお腹が空いていないからと飲み物だけ買って帰ろうとしていた飯田橋の街。
参考資料
参考資料
何かあまり合ってない。もう少し別の場所かも。

こっちはまあここでしょう。
参考資料
参考資料

コンビニは外観が出てきませんが、ここが該当します。
イートインコーナーがあります。
参考資料


第10話の神楽坂飯店。
さっきのコンビニからすぐの場所にあります。
参考資料
参考資料

店内はお客さんが沢山居て人を写さないでは写真に出来なかったので撮れませんでした。

注文したのは小泉さんが最初に注文した担々麺。
ジャンボ餃子とジャンボラーメンとのスケール感が違いますが、担々麺は普通の大きさです。
参考資料
参考資料
これの何倍もの大きさだと!?

担々麺、美味しゅうございました。

小泉さん達が外に出てから。
参考資料
参考資料
参考資料
参考資料

ロケ時には餃子100個の隣に一升炒飯があった様なので、ディスプレイが少し変わったみたいですね。
参考資料
参考資料


お店の人が「実際に女の子がジャンボ餃子とジャンボラーメンを食べたよ」と言ったので、まさかリアル小泉さん?wと思って聞いてみたらこの色紙の方なのだそうです。
わざわざ写真がずれていたのを直して写真を撮らせて貰えました。
参考資料
お店の人によると小泉さんの放送があってから随分反響があって電話での問い合わせもあったそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

| | TrackBack (0)

ヒナまつり・第3話

機械が故障して帰られなくなったアンズ。お金と言う物が分からず店で食物を盗んでは逃げ回る日々。と言うか、場所変えろよ。今回は逃げる先逃げる先を先回りされて逃げられそうにない。そこを助けたのがあのホームレスのおじさんのヤッさん。彼はアンズをホームレスの村に連れて行った。

ヤッさんはちゃんとお金を稼ぐ方法があると言って翌日アンズを空き缶集めに連れて行った。空き缶集めのついでに落ちている小銭があったら拾う。そうやって集めた缶は690円。アンズにはこれがどれだけの価値なのか分からない。ヤッさんはカップ麺3~4個買えるだろうと言う。アンズはこれだけ苦労してたったこれだけ?と驚いた。普通はそれだけ苦労したのだが、アンズは分からない程度に超能力で缶の重さを調節出来なかったのか?そもそもヒナの場合は使わないと暴走してたろうに。

ヤッさんはそのお金でお酒を買わせる。ホームレスの村に持って行く為に。ホームレスの村ではみんながなぜこんな子を連れてきたのかと文句を言った。まあまあと彼女のお金で買ったお酒だと飲ませてなだめる。これを聞いてアンズは自分が買ったお酒で何故こんな目に遭うんだと。歌を歌えと言われて怒ったアンズがその酒はアンズのお金で買ったものだと言うとしげさんはこれだけの酒は2,000円程度はする、足りない分はヤッさんが出したんだろうと。ヤッさんに勧められてアンズは歌いだした。

お腹をすかしたオオカミさんの歌。

それを聞いてみんなが泣き出した。まるで子供の歌。これを聞いて孫を思い出したとホームレスのみんなが辛いこと言って悪かったなとアンズを受け入れてくれた。

それからアンズの空き缶集めの生活が始まる。それを新田に見つかった。新田は見ただけでアンズが生活に困っているのを理解した。取り敢えず4万円持ってるからとアンズに渡すが、今のアンズは4万円がどんな価値があってそれを稼ぐにはどれだけ大変かがもうよく分かっている。馬鹿にするな、施しを貰えるかと逃げ出した。

でもすぐにアンズは思い出した。あのホームレスの村でみんなが困っている。あの4万円があったらみんなが助かる。これは自分の為じゃないと後から新田を追いかけた。気づいた新田は車を止めさせて深く理由は聞かずにアンズにお金を渡す。新田、その後の新田を見送るアンズの姿を見て、きっとアンズがちゃんとしたお金の価値が分かる様になったのだと思う。
参考資料

だがその4万円はすぐに詩子に取り上げられる。詩子は被害額きっちり受け取ってお釣りを渡してこれでチャラにしてくれる。そうだよね、あの4万円をそのまま持って帰ったらホームレスの人達が困惑したと思う。結果的にこれで良かったのだろう。


すっかりバーテンダーが板についた瞳。
えええw

実はあの時バーテンダーをやっている姿を詩子に写真に撮られていたのだ。そして瞳のバーテンダーとしての腕に詩子が惚れてうちで働いて欲しいと言う。と言うか強制する。ところが瞳もその強制を録音した。これをしかるべき場所に出せばどうなるか。お互い弱みを持ってしまったのでいっせのせで消す事でチャラにしましょうと消すのだが、いやいや、そんなものすぐにクラウドに入れてしまえば端末のが消えても残るだろうに(最近のクラウドはシンクロ状態にさせておくとローカルで消えるとクラウドでも消えちゃうけど)。案の定詩子はPCに吸い上げ済みだと言う。詩子の勝ちだった。

瞳の腕は本当に優れていて、常連の田中に詩子を凌駕していると言わしむる程。

そこに教頭と担任の松谷がやって来る。松谷が学年主任の餌に釣られて教頭の薦める店として入って来たのだが、その姿を見て瞳が驚愕。これはマズい!顔を隠して逃げて来たのに詩子とかは面白そうとか言い出す。仕方なく松谷の所へ接客に。顔がバレない様に変顔してw
参考資料

でもそれは無理があって松谷は三嶋と気がついてしまった。トドメに田中達が「ひとみちゃん」と言うから下の名前も合致してもう逃げられない。動揺している松谷を教頭が見咎める。どうした?焦った松谷が教え子に似た子が居るのでと口に出してしまうと教頭がもしそれが本当ならマズいね、君の学年主任の話も無くなっちゃうねと言い出すから、松谷はいえ勘違いですとごまかさざるを得ない。

松谷が教え子と疑ったみたいなので田中が「にいちゃん、この子が作るのは中坊なんかに作れるものじゃない」と煽るので、いいだろう自分も学生時代から色々なバーに通った通だ、その自分を唸らせてみろと。

瞳、この一言で燃えるw

差し出されたミリオンダラーを一口飲んで松谷は感動した。確かにこれはすごい。だがシェイキングは優れていてもステアは未だだろう、何しろ指が綺麗だからと言い出す。(怒鳴るよりも)ご注文をと瞳に促されて松谷はバーテンダーを注文。

それを飲んだ松谷、銀座の一流店でもこれだけの物は飲めないと感動。こんなものが中学生に作れる筈がない。また来るからよろしく頼むと。担任の先生の裏公認の出たバーテンダーバイトになっちゃったよw

で、裏口座に凄い勢いでお金が貯まるって言うけど、一流バーテンダーの給料が良いのか、中学生から見たら凄い勢いなのか。


夕食の時に新田の方がミートボールが一つ多いと言って奪うヒナ。そんなヒナにこの間アンズに会ったが、あいつの方がよく出来た子になっている、お前と暮らすよりアンズと暮らす方がマシなんじゃないかと漏らす。

ヒナ、ショック。
ショックで悪夢を見てしまう。

悪夢の影響凄い。朝食でミートボールを余計に新田にあげる。ちゃんといってらっしゃいと見送る。そして新田のいない間に掃除をしようとする。掃除をしよう、それはいい。でもその後綺麗になった部屋で新田が感動すると言う夢想をしちゃうと、この先どう考えても部屋が滅茶苦茶になる将来しか見えない。

案の定ダメでしたw
壺を落としそうになって超能力で1個は救ったが油断した隙きにもう一個新田が大事にしていたのを落としてしまった。

喉が乾いたと冷蔵庫を開けてみたら「ヒナご褒美用」とイクラが大量に。食べ始めたヒナがいつもと味が違うと言った時は、味付けがされていないから?と思ったのだが、組でヒナの様子がおかしいと心配していた新田がご褒美用に買ったイクラがご褒美する機会が無くて古くなって傷んでしまったろうと言うのを聞いてアチャー。

そうとは知らずヒナは超能力で皿を次々と洗っていたが、ここで傷んだイクラの影響が出て来る。お腹が痛い。痛くて超能力が乱れる。次々と落下する皿。水は出っぱなし。ここに新田が帰って来た。
参考資料

これで一騒動かと思ったら終わっちゃった。
多分新田なら滅茶苦茶になった部屋よりもお腹を痛めて倒れているヒナの方を先に助けようとすると思うよ。まああとで叱るかもしれないけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加

| | TrackBack (0)

ひそねとまそたん・第2話

「お客さん、いいスーツ着てますね」
タクシーの運転手さんが果たしてチラ見でスーツの良さが分かるのか。政治家とか乗せてると分かるのかもしれない。いいスーツは見ただけで分かる。私が着てるのは見ただけで分かる安いスーツ。
(※そんな訳でコスプレの衣装も高い生地を使ってるかどうかはすぐ分かるし、何だかキャラとしての迫力が足りないなと見えるのは安い布を使っているせいかもしれない)

飛行練習を終えて排出されたひそね。同じ基地の女なら全部OKの筈の隊員にすら食指が動かないと言われたひそねだが、その高いスーツを着た幾嶋博己は食指が動きまくり。名緒が実はこの幾嶋に憧れていて、今日は幾嶋が来たので喜んで迎えようとしたら素通りされてひそねに抱きついた(と言うか、尻をしりしりした)のでより一層ひそねへの嫉妬が倍増される。幾嶋到着直前にはガラケーを大量にぶら下げてめでたくOTFに飲まれたかと思ったら、ガラケーだけ食べられてあっと言う間に排出されてしまったし。
参考資料

幾嶋はパイロットスーツ開発の航空装備メーカー「岡本化成バーンズ/ウォリス 特殊被覆部 開発課」次長でDパイのスーツを開発して来たが、そもそもこの3年間OTFがずっとDパイ候補生を拒否して来たので本格的な活躍が出来ないで居た。

と言う事で3年ぶりのDパイ出現に幾嶋が燃える。そっちの方向で。

相変わらずお悩みのひそねの前にジョアおばさん(ヤクルトおばさん)登場。とりあえずひそねの悩みを聞いてあげて今日はヨーグルトをくれた。ヨーフルンって、ソフールとは違うのか?

名緒は幾嶋にこれまで着たパイロットスーツのレポートをノートにまとめて見せたが幾嶋はパラパラと眺めただけで返してしまう。これでより一層ひそねに怒りが燃える。

いびり出してやると、名緒はひそねのお昼のメンチカツを芋がごろごろなコロッケに差し替えるが、実はひそねはメンチが苦手で芋が好きだったとか、眠れない様にしてやると落語の寿限無を就寝時刻後に延々と流すもののひそねは眠ってしまう一方で自分は気になって眠れなくなるとか(でも寿限無だけなら寝不足にはならんぞ、その後目が冴えたか?)。

そのせいで名緒はOTFに関する講義の時に居眠りをしてしまい、ひそねが起こすものの何するんだと掴みかかったからかえって柿保ニ佐に叱られた。そんな事ではお母様の貝崎元空曹長がどう思うかと。

OTFの身体についたカビを落とす作業の時にひそねは小此木にこのOTFには名前が無いのかと聞く。小此木はF-15Jじゃダメなのかと言うと、それは外装で自分の場合は作業服と呼ばれている様なものだと反論した。ごもっとも。ふと思いついたのが「おとうふ」。OTFから変じておとうふ。ひそねとまそたんじゃないのか。

名前と言えばと、柿保ニ佐が言っていた貝崎元空曹長って誰と聞いてみたら名緒の母だと言うではないか。そしてひそねが来る前は名緒がDパイの最有力候補だったと聞く。その時に気が付いた。じつは名緒はいい人なのだと。自分においしいコロッケをくれたり眠れない時に落語を流してくれたり、自分は好きでOTFに乗ってる訳じゃないが、名緒を応援してDパイとして乗せてあげたいと。

これ、一気にOTFと名緒に酷い事を言った。しかしOTFは人間の会話が分かるのか。流石古来から居る竜だな。そして名緒は怒り狂った。ブーツを投げつけて飛び出してしまった。同じくOTFも後ろを向いて水の中に入ってしまった。
参考資料

その夜、名緒は少女漫画を読んでこれだと言う方法を思いつく。パイロットスーツに切れ込みを入れて途中で脱げるようにしておけば良いと。そしてひそねが幾島の服を試着して、OTFでデータを取ってみようと部屋を出たその後、ここでご丁寧に部屋の電気を消す描写があったから、おや?と思ったが忍び込んだ名緒が切断しようとしているのを柿保ニ佐が見つけて電気をつける、そこまでのセットだったんだな。貝崎元空曹長ならこんな事はしなかったろうとまたも母を引き合いに出され、不満があるのなら配置転換も可能だ(Dパイは失格だ)と言われて名緒は岐阜基地ごとやめると部屋を飛び出した。

名緒はバイクを奪って基地から逃走。空自もやめてやると言うがやめる前にこれは自衛隊としては大事件。脱柵は基地から捜索隊を出す事になり、その費用は全部脱走した者に請求される。貝崎の家は余裕が無さそうだから大丈夫だろうかと言う言葉にひそねはそれじゃ名緒は実入りの良い夜のお仕事をするのかと。

そんな事になったら大変だとひそねは自分とOTFで捜索に出させてくれと言う。そうすれば費用はかからない。まあ外装を装着する作業はタダじゃないけどね。そこに曽々田司令が今日は未だ夜間飛行訓練をしていなからそれでやればいいんじゃないと言う。お、この司令、調子よい事言うばかりじゃなく融通の効く良いタイプの幹部じゃないか。

ひそねは新しいパイロットスーツでOTFの所へ行くがOTFがそっぽを向いて飲み込んでくれない。どうしてと言うひそねにOTFはあの名緒のブーツを放って来た。これで気が付いたひそね、自分が中途半端なせいでみんなを傷つけてごめんなさいと。

これで許したOTFがひそねを飲み込んで離陸。とは言ってもこんな夜間にどうやって探すのかと思ったら、OTFがちゃんと名緒の匂いを覚えていたのだ。その飛行の時に頭の上を触ったら「まそたん(間祖譚?)」と書かれているのを発見。そうか名前は「まそたん」だったんだと。
参考資料

名緒はバイクで事故って崖の下に落ちていた。痛みに助けてママ(やはり母に思う事があるんだろう)と泣いていた所へF-15Jが垂直降下して来る。そりゃーF-15Jが垂直降下して来たら誰だって驚くよね、ハリアーとかF-35であるまいし(そこか!?)。

ひそねは自分の代わりにヘッドピースリアライザーを被ってまそたんに乗って帰ってと言うが、名緒はOTFが自分を乗せてくれる筈が無いと言う。そんな事はないとひそねは言い、だってまそたんは名緒の匂いを覚えていてここに来たのだから。

名緒はこれでめでたくOTFに飲み込まれて基地に帰還。ひそねはあの恥ずかしい格好で帰る羞恥プレイがあるのかと思ったのだが、無かったな。

名緒は柿保から今回の事は許可を得て外出した事にすると申し渡された。それに名緒はOTFに飲まれると言う段階に至った事だし、OTFについて知りすぎたから空自をやめる事など出来ぬと。

曽々田司令は小此木からひそねがOTFを「まそたん」と呼んだ事の報告を受ける。曽々田司令は唸った。OTFの真名を呼ぶとは、やはりひそねは選ばれし巫女なのかと。

げ、EDがフランス語じゃないか。
Google翻訳にかければ翻訳できそうだが、フランス語は見ただけじゃ自分で翻訳出来ないな。でも発音は母音をもっと鼻にかけた方が良いと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加

| | TrackBack (0)

ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-・第2話

パンの耳ともやしと言う節約生活の第8支部。ここに例の鳩時計を介して仕事がまわって来た。それにしてもあの仕組みはどうなっているんだ。

今度の依頼は温泉村に出没するスパイラルを退治して欲しいと言う物だった。これに何故かエーリカとカンパネルラがついて来る。あわよくば温泉に入れるからと言うのだが、ちょこに言わしむれば2話目にしてテコ入れの温泉回かよと。

到着してみると前回のガメツ村のモカル村長と全く同じ村長ロテン。語尾がゼニからユに変わっただけ。キャラを考えるのが大変なのだ、とちょこのメタ発言解説。
参考資料

さっそくスパイラル退治を行う。今回はあっさり片付けてしまった。あっさり片付けてテコ入れ温泉回。ちょこは非常食ミウをスポンジ代わりにして身体を洗っていたが、ミウが逃げたので追いかけて男湯へ落下。

温泉にも入って今回はもうこれで引き上げと思ったが、このユケ村、湯量も減って客足も減ってすっかり寂れてしまったのだと言う。エーリカにアフターサービスをと言われて客足が戻るのを考えるハル達。ちょこが流行の声優を連れて来てイベントやったらチョロいとか言うけど、まあ継続しないしね。そう言えばくまみこのイベントやった秋田県の村か何かはどうなったんだろう。あまりに不便で一発すら当てられなかったんじゃ。

ハル達が考えるスタンプラリーとかはとっくの昔にこの村でもやっていた。

そこに出現したのは温泉コンサルタント。流行の声優じゃなくてそこそこの声優の。言われてみればその後コールされて出て来たメルディアさんの方が流行の声優だったなw

温泉コンサルタント=ワイズマンに言わせればここをアニメの聖地にすれば良いと。そうは言われてもここには神社も踏切も海岸も無いとか。いやいや、そこで踏切だすかよw

この妨害光線などを出す装置さえあれば、アニメのロケに来てくれて自分達の口利きでアニメを作って貰い、アニメの聖地となって聖地巡礼の人達で賑わいを取り戻すだろうと。温泉で聖地として一番成功したのが湯涌温泉なんですが、まああそこまで行けば。でもあそこは妨害光線関係無いよ。

リーザがこんな胡散臭い連中の言う事を聞いちゃダメと押しとどめようとする。こうしてまたもや第8支部とワイズマンの戦い。そしてまたもやワイズマンはコールで☆5のキャラのメルディアを召喚した。
参考資料

しかしメルディアは先ずは温泉に入りたいと。仕方ないのでワイズマンも一緒に温泉に入る。温泉回、全員風呂に入れたなwこの時にグルが目隠しされていたのでグルは雄?

困ったハル達の前にまたも流しのコールガール(だから意味違うって)イオナがやって来る。でも前回コールしたけど☆1つの赤モンクしか出て来なかったじゃないかと言うと、あれは無料だから、そう言う事もある。かと言って「円」と言う通貨を持ち合わせていない。仕方ないなあと言うイオナは今回のは貸しにしてもいいよと。

それでも渋っていたハル達だったが、メルディアの鎌の一振りで山を引き裂いたのを目の当たりにして慌ててコールする事になった。コールガールイオナのコール!
参考資料
参考資料
色違いでしたw

☆5の凄まじい鎌の威力で鎧袖一触で終わり・・・と思われたが、ここで異変が発生する。地下から巨大なスパイラルが出現するのだ。メルディアは争っている場合じゃないとスパイラルに攻撃をしかける。ここでメルディアが何もかも片付けてはハル達の面目が立たないなと思ったが、メルディアもそう簡単には倒せない相手で、背後からやられそうになったのをハルが助ける。ここからメルディアとハルの連係攻撃。メルディアが巨大スパイラルを怯ませてトドメをハルに。

すると巨大スパイラルが消えた後の穴から温泉が大量に噴き出すではないか。湯量が減ったと言うあたりで何かが詰まってるんじゃないかと思ったが、やはりスパイラルのせいだったか。村長はもうアニメの聖地で町おこしをする必要はないとワイズマンの提案を却下。

仕方ないのでワイズマンは撤退。しかも何故かあの妨害光線などの装置は置いて来てしまう。

その後、温泉町は沢山の客が来て町おこしに成功したと言うが、理由がやっぱりアニメの聖地とか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

| | TrackBack (1)

3D彼女 リアルガール・第3話

部屋に来て眠ってしまった色葉の太ももを写真に撮ろうとかして我に返ったつっつん。俺は一体何をしているんだ。これまで真性オタク生活をしていたつっつんには色葉とどう付き合えば良いのかが分からない。

悠人に帰りに誘われた時も本当は先に色葉と約束みたいなものがあったのに、最近悠人を放置していたと色葉の方を断って自己嫌悪に陥ったり、体育の時に目が合ったのに無視したり、挙句の果てに落ち込んだ様子のつっつんにどうしたのかと色葉が手を伸ばしたのを振り払う。

その自殺でもしかねない様子のつっつんに声をかけて来たのは体育の時に滑って転んだのを助けたのになんだ筒井じゃないかキモいと言って手を振り払った石野ありさだった。つっつんはあろう事かこの石野に恋愛相談をするのだ。えー、一体どんな神経してるんだ。石野も最初は引くが、二回目とかは話に乗せられて自分の恋愛を語ったりする。
参考資料

そのうちにつっつんは前髪を切ってみたらもっと見栄えがよくなるんじゃない、彼女の為に身だしなみに気を使えとカットしてやろうとする(いいのかよ、教室内で)。それを色葉が発見して私の彼氏に触るなと突っ込んで来た。

呆れた石野だが、色葉の真剣さにその場は立ち去る。これで漸く二人はちゃんと向き合える状態に戻った。
参考資料

そうは言っても相変わらず自分の想いをどう相手にぶつければ良いのか分からないつっつん。丁度その時に色葉もパティシエ王子の番組を見ていて男の料理って良いよねと言うので、つっつんも自分でクッキーを作ってみる事にした。

こうして出来たクッキーをタイガーI戦車のプラモの箱に入れて持って来て色葉と悠人に食べさせる。それを見た石野もご招待。この間の事を謝りたかったと。そこに参加する石野だが、色葉こそどうして友達を作らないのかと聞いて来る。色葉は普通に流れている噂で答えるが、そんなの誤解だろうと。石野は結構人を見る目がある。でも彼氏を見る目は無かったね。この時にどうせ私は半年後に転校するからと答えるが、これに悠人と石野が驚かなかったのが不自然だった。ここは「じゃあ筒井はどうするんだ」って絶対聞くだろ。

つっつんが今度はホールのチョコレートケーキを作って来て石野も今度も参加した時に例の彼氏のジュンが教室にやって来たのでそちらに飛んでいった。でもその時に「お金貸して」なんて言ってるのを聞いてこれはまずいんじゃないかと思うつっつん達。かと言って私達が介入する事じゃないしねと色葉は言う。

この後、石野がジュンと一緒の時に色葉を紹介するからジュンが色葉に手を出す事で破局へとなるのかと思ったが、道順は違った。ジュンが部屋に他の女の服を置きっぱなしにしていたのを見られたけど石野は何も言わなかった。都合のいい女だと言うのをつっつん達が聞いてしまう。人が虐げられているのを聞くのは嫌だと悠人が立ち去ろうとしたらそこには石野がいた。

ところがこの時に至っても未だジュンがお金をくれるバカな女だから離れられないとか言い出したので色葉がキレた。いきなり後ろからカバンで殴り倒して気絶した。結局これでジュンが怒って石野と絶交を言い渡したのだ。つまり殴り倒した色葉が石野と繋がっていると理解したから石野と分かれる、そう言う繋がりの為の遭遇だったんだ。

これでイイと言う石野だが、私は幸せじゃないと泣く石野につっつんはシートとドーナツで石野を慰める。
参考資料

このエントリーをはてなブックマークに追加

| | TrackBack (0)

より以前の記事一覧