舞台探訪・世話やきキツネの仙狐さん・保谷駅

今日は保谷に行く用事があったので折角なので仙狐さんの舞台探訪をして来ました。
と言ってもちょっとだけなのですが。

第1話で中野が疲れ切った身体で豊洲から帰り着いた最寄り駅は保谷駅。
その北口です。
参考資料 参考資料

第2話で中野が会社に行く場面で登場したのは第1話が保谷駅の外観だったので多分保谷駅のホーム。
但しこの構図は隣接するマンションからじゃないと無理です。
だから次善策として1番ホームから無理して撮りますw
参考資料 参考資料

西武2000系が2番線(か1番線)に、メトロ10000系が3番線に並ぶなんてのはいつになるかちょっと分からない(そんなタイミングがあるかどうかも分からない)ので、手前に西武6000系だけですが。

保谷駅北口が舞台になるなんて、ドージンワーク以来12年ぶりですね。
但し第3話では保谷駅近辺にはありそうもない風景が出たので多分保谷駅近辺がそのまま舞台にはならなそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

桜の季節の舞台探訪・立花館To Lieあんぐる・第7話の見晴らしの丘展望台

昨年の春アニメとして放送された「立花館To Lieあんぐる」ですが、第7話で小川町の見晴らしの丘にある展望台が登場しました。

すぐに気づいたのですが、小川町はそうそう行ける場所でもないし、ましてや見晴らしの丘はちょっと登らないと行けません。だったら春の下里分校を目指す登山の時に行こうと一年近く温めていましたw

晴れて昨日は下里分校への登山日和。
と言う事で、小川町へ行きます。
都幾川桜堤から立花館To Lieあんぐるとのんのんびより(都幾川桜堤→物見山→青山城跡→仙元山→見晴らしの丘公園→下里分校→小川町駅)

このみに連れられてはなびは二人で夜の見晴らしの丘へ。
ここが登り口です。
参考資料 参考資料

こっち側から登った事は無いのですが、下里分校からの距離で考えると多分30分程かけて登った筈。夜中に女の子が登る場所じゃないと思いますが…
到着した見晴らしの丘展望台。
参考資料 参考資料

このみがキスしてとか言い出したところでイノシシの襲撃を受けて展望台から飛び降ります。
参考資料 参考資料 お花見客が居るので思う場所から撮れなかった…

二人は奥の方に見えるトイレへ。
このあとこのみがトイレにあったバケツでイノシシを物理的に撃退します。
水は自らが被って。
参考資料 参考資料

 

立花館To Lieあんぐるは4月12日25:35から東京MXで再放送が始まります。
気になった方はどうぞご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

桜の季節の舞台探訪・ヤマノススメサードシーズン・飯能河原

昨年の夏アニメとして放送されたヤマノススメサードシーズンですが、最終回の回想場面で入学式の日にあおいが母と歩く場所が飯能河原に沿った道です。桜が満開の道。夏の放送だったので春になって桜の季節になったら行こうと思っていました。
参考資料 参考資料 あれ?
桜咲いてない。
道標とかミラーとかそう言う部品は一致してますが、咲いてない。
ひょっとしてそこの木はソメイヨシノじゃなくて早咲きの桜とか?

と言う訳で、これではちっとも桜の季節ではないのですぐ隣の桜並木の部分を。
参考資料

桜ごしに割岩橋を。
参考資料 参考資料

この後は能仁寺・中央公園に移動。
参考資料

中央公園は未だ人混みになる前。
参考資料

天覧山入口。
参考資料

天覧山入口に来たらタイムズマートに寄って記念カキコします。
参考資料 ノートにも書きましたが、今年3月16日のダイヤ改正で飯能大河原新道の開通に伴って飯07西武飯能日高線がタイムズマートに移設された天覧山下BSを通る様になりました。

これに伴って旧天覧山下BSは市民会館・博物館BSに改称されました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

桜の季節の舞台探訪・BanG Dream! 2nd Season(バンドリ!2)の飛鳥山公園と江戸川公園

バンドリ一期の時も飛鳥山公園と江戸川公園に行ったのですが、二期でも行って来ました。今期も行こうと狙ってはいましたが、行ける日と天候をにらめっこしていて、先日の日曜日(3/31)になりましたが…。

前日の天気予報ではどの予報も朝から晴予報。ならば休日で人が混むだろうから早朝から行こうと6時には起きて準備していたのに、完璧な曇天です。ひまわりの衛星写真を見ても東京都から雲が取れる気配は一向にありません。

天候回復を期待してからの出発となったのでかなり出遅れました。

飛鳥山公園到着時はまだまだ完璧な曇天。
参考資料

しかしその直後から青空が見えて来ます。
参考資料

天候は回復したものの、既に人出に関しては手遅れ。
桜も満開、人間も満開。
それを無視して撮ります。

第11話でチュチュがポピパの所へ来ておたえはポピパをやめてRASに来なさいと宣言したところからおたえの苦悩が始まる。多分心は最初からポピパだろうとは思ったが、でもそれをどう整理した良いのか。

と言う場面で都電で飛鳥山に来ちゃったおたえ。それと出くわす香澄。
参考資料
参考資料
参考資料
参考資料

二人は飛鳥山公園へ。
これがもう、上述の通りに花見客で大混雑。無視して写真に撮ります。
参考資料
参考資料
参考資料
参考資料
参考資料
参考資料


次に、飛鳥山公園からは都電に乗って早稲田に移動しました。
これも2年前の舞台探訪と同じルートなのですが、あとから乗り換え案内を見たらメトロ南北線の王子→飯田橋で有楽町線乗り換え→江戸川橋の方が時間的には圧倒的に早かった。

第1話、有咲らしい台詞が出た「ひきこもりなめんじゃねーぞ」の坂道。
参考資料
参考資料
ヤマノススメで登山やる様になってからは何とも感じないのですが、それ以前ならおそらく有咲と同じ感想だったかも。

この坂道は何度も橋のたもとから描かれます。
参考資料
参考資料

第1話、ポピパの面々の前に六花がかけて来てGalaxyを助けて下さいと言ったのも何となくこの付近。
参考資料
参考資料
参考資料
参考資料

そしてRoseliaの主催ライブでポピパが出演するのに行けると喜んだ六花が歩いていたのもここ。
参考資料
参考資料

第2話で六花と香澄が話すのは一期でも登場した江戸川公園の滑り台ですが…
参考資料
参考資料
人大杉w

と、この様に花見シーズンの休日の日中に行くと大変な目に遭います。
一期の時は平日に会社を休んで朝っぱらから行ったので大丈夫だったんですよね…

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

舞台探訪・BanG Dream! 2nd Season・山手線沿線

バンドリのセカンドシーズン、楽しんでます!
3Dになると聞いた時は不安がありましたが、始まったら違和感もなく、逆にステージでの光の明るい部分、影の部分の出し方が3Dならではではないかと思っています。

最終回も目前でここら辺でバンドリ2の舞台の中で山手線沿線をまとめました。

1.Galaxyのモデル
巷でここがGalaxyのモデルではないかと言われた五反田の山手通り沿いのビルです。
参考資料
参考資料
あー、うん、まあ雰囲気はありますね。
後述のおたえの幼い頃の公園が大きく改変されているのを見ると、これでも良いかなと思います。

また、ここは横断歩道の途中にある中央分離帯からしか撮れません。もっと左に寄りたいものの、それは出来ません。


2.リキッドルームのモデル
ロゼリア主催ライブの時に初登場したリキッドルームのモデルです。
こちらは非常にそれらしい。
恵比寿の明治通り沿いです。
参考資料
参考資料
参考資料
参考資料
参考資料
参考資料
第2話で初登場ですが、主催ライブの最後にロゼリアがステージに出るタイミングでゴスロリお嬢さん達がぞろぞろ会場に入って来る場面は、いかにロゼリアのファンが多いのかを印象的に描いていました。

3.大塚駅
おたえが路上ライブしたいと言ってやったのが大塚駅。北口を出てすぐ右に曲がった所です。
参考資料
参考資料
参考資料
参考資料

そしてここで和奏レイと運命の再会。
参考資料
参考資料
参考資料
参考資料

レイと話をした大塚架道橋の下は驚いた事にレンガ造り。ここの高架ってそんなに古かったんだ。少し調べたら大正12年にこの大塚架道橋が山手線+貨物線の2複線のプレートガーダー橋として竣工したらしい。だからレンガ造りの橋台。
参考資料
参考資料
参考資料
参考資料


4.豊島区立南大塚公園
おたえとレイが幼き頃に演奏した公園。
東京都電の保存車両が置かれている。この都電6000形6162号には昔は中に入れたとの事。
参考資料
参考資料
参考資料
参考資料

大塚駅は流石にそのままの姿ながら、それ以外の風景は多かれ少なかれ改変が入ってます。大塚南公園は構成要素からして都電の姿が大きく違うもののモデルとしては間違いないでしょう。都電6000形が時代を無視してE231系が履く様な軸梁式ボルスタレス台車として描かれているのは恐らく網で囲われて参考資料の写真でははっきりとしなかったので手頃な台車を資料として描いたものかと。本来は当時の台車らしく枕バネは板バネ。
参考資料


探訪日は平成31年3月24日で、東京の開花宣言から未だ三日しか経ってないので都内の大方の桜はまだまだだった中で、大塚・五反田・恵比寿の各地ではそれなりに満開になっている並木道もありました。

大塚
参考資料

五反田
参考資料

恵比寿
参考資料

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

舞台探訪・ラーメン大好き小泉さん・川越

ラーメン大好き小泉さんの第5巻の三十七杯目「つけ麺(後編)」は悠の言った何気ない一言から四人で川越につけ麺を食べに行く話です。
と言う訳で今年の初詣は川越氷川神社へお参りに行くことにしました。

四人はブルジョア女子高生なので特急で本川越へ。
参考資料
参考資料
私はブルジョアではないので川越程度の距離だと普通に急行で行きます。

しかし未だどこもお店が開いてません。
私は9時前に行きましたし。
参考資料
参考資料

と言う事でやって来たのが川越氷川神社です。
今回はバスに乗りました。川越06系統です。
参考資料
参考資料

「月がきれい」でも登場していた風鈴のトンネルですが、今は正月なのでありません。代わりではないですが、絵馬のトンネル。
参考資料

縁結びの神社と言う事ですので、ラーメン大好き小泉さんの二期とご縁がありますようにと、二期祈願をして来ました。
参考資料

ここから本川越駅へは歩いて戻ります。
戻る途中の時の鐘近辺にて。
参考資料参考資料

カエル五円前
参考資料
参考資料

こちらは只今外装工事中。
参考資料
参考資料

そして小泉さんお目当ての頑者ですが、昨年春に改装したので外観がすっかり変わっています。
参考資料
参考資料
一回りしても未だ未だ開店前でしたので、私はこのまま帰りました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

| | TrackBack (0)

舞台探訪・ヤマノススメ「平成30年山の日特別編」・柏木山

飯能三山の一つが柏木山です・・・

と言っても、春秋五覇は誰だと言われると斉の桓公と晋の文公はみんなが挙げるものの、残り三人を秦の穆公・宋の襄公(あの宋襄の仁の)・楚の荘王・呉王闔閭・越王勾践がバラバラと取り上げられる様に、飯能三山も天覧山・多峯主山・龍崖山・柏木山で取り上げる三つが人によって違ったりします。まあ取り敢えず飯能三山の一つと言う事にしておきましょう。

「平成30年山の日特別編」ではあおいちゃんが四里餅のお店を見つけてその近くにある柏木山に登ってそこで食べよう、そうだひなたちゃんも誘おうと、登るのが柏木山でした。

四里餅商事大里屋本店へ。ここは飯能の市街地から少しはずれて名郷方面のバスに乗って「永田大杉」と言うバス停の近くにあります。
参考資料
参考資料
私も四里餅を買って出発。
大里屋本店は朝8:30から開店しているので登山にも安心。但しこの1月は元旦,1/7,1/8,1/15,1/21,1/22,1/28がお休みみたいです。詳しいお休みは必要ならお店で確認して下さい。食べログでは定休日が月曜となっていましたが、この1月は特別の様に見えます。

そこから吾妻峡へ下りてドレミファ橋を渡ります。
山の日特別編の扉絵です。
参考資料
参考資料
ドレミファ橋は新七合目「カワノススメ」で登場した場所です。

ドレミファ橋を渡ったら「道なりにしばらく歩いて」とありますが、進む方向は西です。
参考資料
参考資料

T字路にぶつかったら左折して少し登ると柏木山入口です。
参考資料参考資料

入口を少し登ると茜台自然広場がありますから、そこを突き抜けると登山道となります。
参考資料
参考資料

登山道は川沿いを進みます。
作中は「山の日」なので真夏ですが、ここは非常に低山なので果たして木漏れ日が気持ちいいか。炎天下よりは気持ち良いでしょう。
参考資料
参考資料
なお、いくら低山とは言っても飯能は都心よりは雪が降ります。そして多分一旦積もるとこの川沿いの道は日陰なので溶けにくい様です。途中に尾根筋に逃げる分岐がありました。

ちょっとした登りを進むと稜線に出ます。すると右手にフェンスが見えて来るので、あとはそのフェンス沿いに山頂まで行きます。
参考資料
参考資料

フェンス沿いを少しアップダウンを繰り返すと山頂に到着します。
原作で見えていた奥の木が切り倒されてますね。
参考資料
参考資料

山頂には沢山ベンチがあります。
このベンチが一番景色が良いかな。
参考資料
参考資料

柏木山の山頂には山頂ノートがありますので、記念にあおいちゃんを描いて来ました。
参考資料

下山は龍崖山方面へ行きました。これも飯能三山の一つですね。
コースはヤマレコの山行記録をご覧下さい。

なお、ドレミファ橋を越えて出た先には新七合目「カワノススメ」では吾妻峡への入口の目印になっていたキャンピングカーとナイスなボートがあったのですが(四年半前)、
参考資料
無くなっていました。
参考資料
実は平成29年8月19日に付近を歩いた時に工事が始まっていたので悪い予感がしたのですが、またひとつ聖地消滅ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

| | TrackBack (0)

舞台探訪・やがて君になる・第12話の石神井公園駅付近

昨晩見ていてすぐに分かりました。
そして今日は石神井公園のあるお店に用事が丁度あったのでどうせならと行って来ました。

侑が生徒会劇の最後の部分で燈子役の主人公がいくつか知った過去の自分の人格のうちで恋人が言っていたのを選んだ、と言うのはそうじゃない、それではこの劇の間に主人公が繰り広げてきた物語が無駄ではないかと言うのをこよみに伝えに行く場面。

走り抜けたのは石神井公園駅の西側の高架下の道路です。
参考資料
参考資料

先週に引き続いて、石神井公園の街でのワンカット舞台探訪でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

| | TrackBack (0)

舞台探訪・SSSS.GRIDMAN・第6話の石神井公園

最近、第6話で六花がアンチがゴミ箱をあさっているのを見かけた場所が石神井公園だと知ってちょっとだけ見てみました。
参考資料
参考資料
確かに、大まかに合ってる。

でもこれ以外にその前後に登場した公園の銘とかエサを与えないで下さいは見た限りでは見当たりませんでした。今となってはこの世界はアカネが作った世界らしいと分かっているので色々な部品が組み合わさっているのでしょう(をい

このエントリーをはてなブックマークに追加

| | TrackBack (0)

舞台探訪・SSSS.GRIDMAN・第5話の御嶽駅周辺

立花達の学校行事で行った先が実は御嶽駅周辺。西武2000系に乗ってどこに行くのかと思ったら西武2000系がそのまま青梅線に乗り入れる世界。もっともこの辺りの話は今週の第6話で実はこの世界はみたいな事が語られていたので、単に変な描写と言う訳でもなさそう。

裕太が眠って(ここが第6話のポイント)乗り過ごしそうになって慌てて降りて六花を見かけた場面。
参考資料
参考資料
御嶽駅の外の階段なのですが、この時点では未だピンと来ていませんでした。だってこの時はまさか西武2000系で到着した駅が御嶽駅なんて予想もしていなかったので。

でもこの先生が集合を呼びかける場面で「あれ?ここは?」と気が付きます。
参考資料
参考資料
自販機の右上に何か掲示している場所がありますが、昨日の探訪では痕跡しか無くなっています。今年2月に撮られたGoogle Steet View(SV)では未だ看板みたいなのがあるのでこの半年の間に消滅した模様です。
実はSVではあったのに、消滅したのはこの他にもあります。

移動先の宿舎。
後から御嶽駅と確定してから、だとしたら御岳山の宿坊かなとも思ったのですが、SVで探したらありました。
参考資料
参考資料
一般の建物なので場所も名前も伏せます。

「今日は絶好のラフティング日和」
そう言う場所が御岳渓谷にありました。
いつもバスに乗ってケーブルカー下に直行していたから知らなかった。
参考資料

すると大地が揺れ、怪獣出現。
参考資料
参考資料
この場面で「あ、青梅線だ、やっぱり」と。

これがこの半年の間に消滅してしまったもう一つ。
参考資料

やはり今年2月時点のSVでは「この先事故多発」があったのに、昨日見たら消滅していました。
参考資料
参考資料

マックス達がジャンクを買い取って(第6話でまた売り戻したけど)設置した御嶽駅階段。
参考資料
参考資料
冒頭で六花達が居た場所の付近です。

この場面で御嶽駅が確定。
参考資料
参考資料

この場面では怪獣が居るのが御嶽駅北側になて、なんだか居る場所がフラフラ変わります。それにしても昨日は昼からはどこでも晴れの予報だったのに、すっかり曇り空です。
参考資料
参考資料

怪獣との戦い後、御岳橋を背にして立つグリッドマン。
参考資料
参考資料


昨日はこれだけの為に御嶽駅に行ったのではなく、どこかに登山と考えていたら丁度SSSS.GRIDMANで御嶽駅が出て来たので御岳山周辺登山をして来ました。

第5話でも登山道らしきものが何場面か描かれますが、それをどこをモデルにしたのかは特定が難しいのでロックガーデンからの帰り道でそれっぽいのを撮って来ました。
参考資料
参考資料

このエントリーをはてなブックマークに追加

| | TrackBack (0)

より以前の記事一覧