舞台探訪・アイドル事変OP・国会議事堂

今日は参議院70周年記念特別参観が行われたのでアイドル事変のOPの舞台探訪に行って来ました。
参考資料

アイドル事変は2月に入院した時にそれ以降見なくなってしまいましたが、その一方で1月期アニメの中では一番OPが好きな作品でした。だからOPは強く印象に残っています。そこに丁度参院の70周年特別参観があると言うのでこれはいい機会だと行って来た訳です。

ではOPの流れの順番に。
冒頭のここは中央広間のステンドグラスです。
参考資料
参考資料

次のここは議員食堂だそうですが、本日の開放部分にはなっていませんでした。
参考資料

ここは大臣室です。
閣議が開かれる時に各大臣がここに集まって総理の到着を待つ場所です。
参考資料
参考資料
微妙に違うんだけど…

これは本会議場。
作中の絵は天皇陛下のお席が無いので衆議院の方ですね。
傍聴席からの風景ですが、今日は傍聴席側には入れませんでした。
参考資料
参考資料

速記者席から議長席を見た場面。
参議院は帝国議会の貴族院が前身なので天皇陛下のお席があります。
参考資料
参考資料

これは中庭の外気取入口です。
ここも今日の参観ルートには入っていないので撮れませんでした。
参考資料

ここは天皇陛下の御休所です。
中には入れずガラス越しの参観です。
参考資料
参考資料

これも今回の参観コース外。中央の塔屋の部分です。
ここが見られる日ってあるんだろうか。
参考資料

そしてここが中央広間。
アイドル事変OPの中で最も好きな場面です。
参考資料
参考資料

鬼丸静の背後は大隈重信です。
参考資料
参考資料

最後は中央広間から御休所への階段です。
参考資料
参考資料

ニュースにもなっていた国会議事堂レゴブロック。
参考資料

議員食堂と塔屋については実際に見られなかったので参議院の職員の方に「アイドル事変のキャプチャを見せて」確認をしました(迷惑なヤツだなw)。

| | TrackBack (0)

舞台探訪・ヤマノススメ原作百一合目「オトナの判断」の丹沢大山

ここなの合格祈願の為に丹沢の大山に登ろうとしたものの、あおいが体調が悪くてひなたとここなの二人で登ったと言う話です。大山詣では大変有名なので私も大山の存在自体は知っていましたが初めてまともに大山がどんな所か見てみた探訪でした。

バスで伊勢原駅北口から伊10または伊11の大山ケーブル行きに乗って終点の大山ケーブルバス停で降ります。そこから大山ケーブルの大山ケーブル駅まではこま参道と言う両側にお店の並んだ階段を15分かけて登る事になります。
参考資料
参考資料

二人はケーブルカーで阿夫利神社下社まで登りましたが、私は折角なのでそこまで自力で登る事にしました。そんな訳でこれは下山の時に使ったケーブルカーの写真です。
参考資料参考資料
うーむ、乗車だからこっちのホームと思い込んで撮った方向が逆でした。
因みに大山ケーブルカーは二年前の5~9月に設備更新をしたので車両が作中とは変わっています。原作者しろさんのツイートによると(https://twitter.com/siro700/status/846659884003188736)昔の記憶を頼りに描いたと言うので、当時の車両なのでしょう。

こちらは上の阿夫利神社下社駅です。
参考資料参考資料

駅から参道に出るとこの様に広い空間が広がります。
私はここまで男坂を30分かけて登って来たので既にある程度の疲れがw
参考資料
参考資料

社殿の左側に本社への登山道の入口があります。大きな案内があるので迷う事はありません。
そしてこれが登山道の開始。
参考資料参考資料

参道なのですが、これが全然ぬるくありません。90分かけて結構な道を登ります。
何となく似た場所を合わせてみました。
参考資料
参考資料

頂上まであと10分の看板はあの「ろんぐらいだぁす!」に登場したヤビツ峠からの道との合流点の25丁目と言う地点です。
しろさんが行った時はちゃんと立っていた看板がこの2年の時の流れで倒れちゃったんですね。
参考資料
参考資料

山頂までもうあとちょっと。
参考資料参考資料

山頂に着きましたー。
参考資料
参考資料

この日の朝に描いたここなちゃんとひなたちゃんの絵を写真に重ねてツイート。
参考資料


同じ道を下るのもアレなので下りは見晴台経由としました。既にほとんど終わっていますが、ヤマザクラがチラホラとあって桜の季節は良い感じだろうなと思いました。

ところが見晴台経由で下りたせいで帰りに阿夫利神社下社で絵馬を描いて奉納しようと思っていたのが、すっかり忘れて(見晴台経由だと社殿を経由しない)そのまま下りてしまったのが心残りです。

詳細なコースはヤマレコの山行記録をご覧下さい。


| | TrackBack (0)

舞台探訪・小林さんちのメイドラゴン・笠間

一つ前の記事で宇都宮でレンタカーしてアトリエ通りを見て栃木県のバイク神社二社を巡ってつくばに向かうと書いたのですが、昨年計画を立ててからこの4/30になる前に北関東にもう一つ大きな舞台が登場しました。

それは小林さんちのメイドラゴン最終回に登場した小林さんの実家があると言う設定の笠間です。

折角レンタカーして北関東からつくばに向かうのなら笠間にも寄ろうと足を伸ばしました。

真岡市の大前神社からは北関東自動車道に乗って笠間へ。
実はもう時間的に押せ押せで、かと言って事故っては元も子もないのでスピードを出し過ぎず笠間に向かいます。

放送された翌朝にネットに繋いだ時には既に全部特定された後でw、降りた駅は笠間駅です。
原型を留めながら色々改変されてますね。
参考資料
参考資料

駅から北東方向へ歩いた近森稲荷神社です。
参考資料
参考資料
一番最初の予定ではここで絵馬を描いて奉納・・・と思っていたのですが、到底そんな時間が無くて写真に収めただけです。

ここまではいいんです。
しかしその先の小林さんの実家近辺が実は遠い。これも翌朝には場所が特定されていたのですが、かと言って住宅地だったのでどこかの具体的な指摘はありませんでした。そう言う訳で探すのは自分でやりました。

止まれのある交差点。
絵はもっと離れた場所からの望遠のイメージで描かれています。
参考資料
参考資料

トールが歩いている背景にプランターが見えます。
これが今回行ったら花が咲いて、それはそれはそれは綺麗でした!
参考資料
参考資料

小林さんの実家の場所らしき所。
参考資料
参考資料

実はこの小林さんの実家の場所のすぐ近くに立派なお寺があります。
駐車場完備。桜もツツジも綺麗なんですよ。この時期に来て良かった。
お寺にお参りで車を駐めて、安心して小林さんの家の近くも見る事が出来ます。
参考資料

| | TrackBack (0)

舞台探訪・ばくおん!!・原作第48話「じんじゃ!!」の安住神社と大前神社

ばくおん!!のコミックス第7巻の第48話「じんじゃ!!」を見て以前から行ってみたいと思っていました。例年春と秋につくばのつくば学園都市オーケストラを聴きに行くのでその折にと思っていました。特に昨年は宇都宮のアトリエ通りにラブライブ壁画の二台目が完成したと聞いて宇都宮→バイク神社→つくばと言う道のりを考えていました。が、昨年秋は天候が悪くて断念。今年のゴールデンウィークは天候に恵まれてやっと果たす事が出来ました。特にラブライブ壁画が無くなる前で良かった。

宇都宮駅西口のトヨタレンタカーで車を借りて、まずはアトリエ通りへ。
ラブライブ壁画はこんな感じです。
参考資料
右側にもっともっと長く続きます。
レンタカーで移動したのであまり長時間停車出来ず駆け足だったのが残念。
アトリエ通りでは一番西側の方にあるので「あれ?無い?」と思わずに先へ進みましょう。

ここから栃木県塩谷郡高根沢町の安住神社(やすずみじんじゃ)へ行きます。
バイク神社に行くと決めて凛ちゃんだけが行った所です。
うーん、なんかちょっと違う気もしますが。
参考資料
参考資料
但し作中でもバイク神社認定第一号と言ってるのでここで良いのでしょう。

実にバイク神社らしい。
参考資料

取り敢えずお参り後に凛ちゃん絵馬を描いて奉納しました。
ここはカラーペンをひととおり揃えているので思わず塗ってしまい、おかげで予定していた滞在時間をオーバーしてこの後の計画が押せ押せになってしまいます。
参考資料

安住神社から南下して羽音達が行った栃木県真岡市東郷の大前神社(おおさきじんじゃ)へ向かいます。
ここは表参道の両部鳥居です。
参考資料
参考資料


こちらは上の鳥居からは離れた場所にある西側駐車場からの入口です。そんな訳で車やバイクを駐めるのなら西側駐車場が良いかと。
参考資料
参考資料

羽音達が記念写真を撮った(誰が写したんだ)足尾山神社です。
参考資料
参考資料

足尾山神社は大前神社の境内末社で、ふらっと行ってもすぐに見つかりません。下調べ無しで行って探しました。本殿の裏手に末社が沢山あり、その一つなのです。
参考資料

この背景は境内にある日本一えびす様です。
参考資料
参考資料

こちらには羽音ちゃん絵馬を描いて奉納しました。
参考資料

| | TrackBack (0)

舞台探訪・月がきれい・第1話

天気は良くないのですが、桜が満開の日はもう今日しかないので無理をして行って来ました。

川越の街めぐりは2年前の平成27年2月の神様はじめました◎の舞台探訪でも利用した川越シェアリングが非常に便利です。2年前は商店街の一角にある事務所で利用登録したのですが、今は本川越駅の観光案内所でデポジットでカードが借りられ、それで乗る事が出来ます。一応何か身分証明になる物は必要ですが、駅で借りられて非常に簡便になりました。川越巡回でこれを使わないと言う選択肢は無いです。

市街地の要所々々にポートがあるのでそこまで乗って返却して、付近を見たらまた借りるを繰り返す、でたった200円です。駐輪の心配も無いし。

今回は下記の地図の番号順にポートを乗り継ぎました。
参考資料
1.駅前ポートで借りる→2.氷川神社ポートで降りて氷川橋付近を撮る。
2.氷川神社ポートで借りて、高沢橋などを見て回った後→3.まつり会館ポートで降りる。
付近を撮影。
3.まつり会館ポートで借りて4.幸町ポートで降りる。
そこから大正浪漫夢通りを南下して熊野神社へ。そして松江町郵便局を経て本川越駅駅前へ。
5.駅前ポートで借りて東上線踏切や陸橋を撮影してまた駅前ポートに戻る。

余裕があったらもう少し違う使い方もあったかもしれませんが、午前中が雨で午後から行ったので時間が押してしまいました。


と言う訳で、回った順に行きます。
先ずは新河岸川の氷川橋です。
参考資料
参考資料
雨が降るかもと真っ先に行きました。今日の目的は満開の桜の氷川橋ですから。
ツイート写真でも分かると思いますが、人が沢山居ました。
中国語を話す人が多かったですね。

晴れていたらもっと綺麗だったろうなあ。
一応、散りはじめと言うタイミングはピッタリでしたね。
参考資料
参考資料

さて、次の桜ポイントの高沢橋。
あれ?桜無いです。
参考資料
参考資料

次は茜が下校する時に登って行く坂道です。
参考資料
参考資料

まつり会館のポートに自転車を置いてメインストリートを。
参考資料
参考資料

幸町ポートに自転車を置いて大正浪漫夢通りを南下して行きます。
途中に古本屋のモデルになったお店があります。
参考資料
参考資料

そして熊野神社へ。
ここは神様はじめました◎でも登場して探訪した場所です。
参考資料
参考資料

本殿です。
参考資料
参考資料
絵馬が掛かってますね。

と言う訳で絵馬を描いて奉納しました。
参考資料

次は松江町郵便局へ。
参考資料
参考資料

さて、ここからが問題で、ここはどこのポートからも遠いのです。
面倒なので駅前まで歩いて戻りました。

駅前まで来たら取り敢えずガストで食事を摂ります。
お昼を食べずに来ちゃったので。
参考資料
参考資料

食後、東上線の踏切へ。
参考資料
参考資料
あれ?東武の10000系グループって作中の絵の様な集中方式の冷房装置の車両ってあるのか?あと、戸袋窓あるの?(鉄道警察の出番だよ!w)

最後は月吉陸橋へ行きました。
参考資料
参考資料

本当は未だ分かってる場所もあるしもっとゆっくり周りたかったのですが、ここで自転車返却の時間切れです。寒くなって来たし。

桜の季節は過ぎますが、また今度晴れた日に来たいですね。

それから一般住宅なので場所は明らかにしませんが、茜ちゃんのマンションのモデルを見つけました。
参考資料
参考資料

| | TrackBack (0)

桜の季節の舞台探訪・BanG Dream!(バンドリ!)の醸造試験所跡地公園と江戸川公園

今年は東京の開花宣言(3/21)から満開宣言(4/2)まで二週間程かかりました。しかも靖国神社の標本木が満開になっても都内の他の場所は全然満開じゃありません。

ツイッターで検索してみるとどうやら都心部ではかんり満開になっているらしいので、バンドリの舞台を選んでみました。さらには折角満開になったのに東京では明日4/6木曜から向こう一週間は曇か雨と言う散々な週間予報なので、今日が晴れの最後のチャンスとして会社を午前休暇して醸造試験所跡地公園と江戸川公園に行って来ました。

まずは第1話で香澄が登校する時に通る醸造試験所跡地公園です。
赤レンガ酒造工場を背景に。
参考資料
参考資料

公園内を歩いて抜けます。
参考資料
参考資料

そして歩いた方角からここから公園を出た筈です。
参考資料

折角なので江戸時代から桜の名所として名高い飛鳥山公園にもチラと寄ってみました。
参考資料
満開まであともう一歩と言う感じですかね。午前中の撮影なので午後にはもっと開いたかもしれません。


さて、飛鳥山公園から都電に乗って早稲田へ。今日も都電は満員で終点早稲田までずっと満員でした。都電はもっと増発出来ないんでしょうか。ほとんどが専用軌道なので渋滞での遅れは無いと思うのでもっと頻発運転した方が良いと思います。

早稲田に到着したらすぐさま神田川の方へ。
こちらは完全に満開です。
参考資料

香澄が光る星マークを見つける場面です。
参考資料
参考資料

エンディングでみんなが走って渡る橋ですが、あの感じでは撮れません。
と言うか樹木の感じが合わないし。
参考資料
参考資料
しまったもう一本下流の橋か!
どのみちアニメの様な雰囲気は無理かと。

そして少し下流に第3話のあの滑り台がある江戸川公園となります。
参考資料
参考資料

滑り台の階段の途中から桜並木を。
参考資料
参考資料

| | TrackBack (0)

舞台探訪・ヤマノススメ原作九十九合目「合格祈願に行こう!」の三峯神社奥宮

かえで・ゆうか・小春の三人で三峯神社(三峰神社)の奥宮に合格祈願に行くと言う話です。作中では未だ暑い季節みたいですね、夏服の。三峯神社ビジターセンターが既に標高1,100m程で、奥宮は1,329mになります。標高差も距離もそう無いので病み上がりの初登山には丁度良いと言う事で昨日(3/4)に行って来ました。

作中では半袖の季節ですが今は未だ冬の終わりかけで、装備は冬っぽい装備にしました。

ビジターセンターから雲取山方面へ歩いた所にこの石畳の道があります。
参考資料
参考資料

この石畳の道が切れた所に一つ目の鳥居があります。作中で「また鳥居」と言っているのに似ていますがこれは違います。作中の「また鳥居」の地点は未だずっと先で、雲取山方面への道と別れてからもかなりあります。

昨日は一つ目の鳥居付近から雪や凍結の路面が増えて、一つ目の鳥居付近で軽アイゼンを装着しました。この季節、普通の靴での登山は危険で全くお勧めしません。やめましょう。

そして三つ目の鳥居。
参考資料
参考資料
ね、雪道でしょ?

ゆうかにはきつくなりだした頃「階段・鎖場」の看板が登場します。
参考資料
参考資料

「道が」と言う場面ですが、作中の様に片側が何もない空間と言う訳ではありません。そこまでビクビクしなくても大丈夫です。
但しこの絵は登りと下りが逆向きで、ゆうかの方向だと下りて来てる事になります。
参考資料
参考資料

滑落注意の看板の場面も登り下りの方向が逆です。
上記の「道が」を過ぎたすぐの所にあります。
参考資料参考資料

確かに急な階段ではありますが、登山していると普通に出現する程度です。
参考資料
参考資料

ただ、問題なのはこの日は雪が積もって滑りそうだった点。
しかもご覧の様に滑落したらその先がヤバい感じで。
参考資料
参考資料

ここまで来たらもう着いたも同然です。
参考資料参考資料

本当にラストスパート。
参考資料参考資料

「着いた・・・」
参考資料
参考資料

着いたので記念ツイート
参考資料
奥宮はまれに4Gが入ったり3Gになったりしましたが、何とか繋がりました。

絵馬は先人の方がおみくじを結び付けていた木の枝に奉納しました。
参考資料

こう言う季節もあって、登っている途中で下って来る人には数人会いましたが奥宮では滞在していた30分程の間に他の人は誰も来ませんでした。

ビジターセンターに下りたのは13:40程で、14:35の西武秩父行きバスには1時間近くあった為、ビジターセンターのノートに今回の九十九合目の三人を記念カキコして来ました。
参考資料
原作版とアニメ版で全然キャラデザが違うゆうかですが、今回は原作寄りの絵にしました。

病み上がりと雪道と言う事で登り下りとも標準時間より大分時間がかかっています。
元気な身体で凍結の無い季節なら原作の地図にもチラと出ている時間で往復出来ると思いますが、それでも10:30着で12:35のバスに乗るのは若干無理をしないとならなくて、ゆっくり楽しむのならやはり帰りのバスは14:35になるでしょう。

ヤマレコの交通の所の記載を参考にして下さい。
但し3/25に西武鉄道のダイヤ改正がありますので、それ以降は改正後のダイヤを必ず確認して下さい。

| | TrackBack (0)

舞台探訪・ヤマノススメ原作九十八合目「隣町に富士山!?」の荒幡富士

富士塚の事なら任せろー(バリバリ)
こんにちは、富士塚マニア(弱い)のテオです。

さて、ヤマノススメ九十八合目が2月17日に公開されました。そして2月19日はあおいちゃんの誕生日でした。本当なら2/18の週末に荒幡富士に行くとか、2/19はあおいちゃんの誕生日絵を描くとかしたかったところですが、その日はいずれも私は病院のベッドの上でした。無念。

病が癒えた訳ではありませんが、自立生活が送れる様になったので退院して本日荒幡富士に行って来ました。

恐らく今世紀に入って初めて乗る狭山線に乗って下山口駅に到着。
参考資料
参考資料

駅前にある地図の通りに荒幡富士を目指します。
参考資料

地図上のすぐに左に入る地点。
参考資料
参考資料

そのまま行くと神明橋と言う橋を渡ります。
参考資料
参考資料

案内に沿って道を登って行くと(この登りって恐らく荒幡富士の比高より登るw)左手にふれあいの里センターの看板がありますので、ここを左に入って行くのがあおいちゃんとひかりさんの通った道となります。でも真っ直ぐ進んだ方がすぐに荒幡富士に着くんですが・・・
参考資料

そこを突っ切ります。
参考資料
参考資料

すると荒幡富士の前に。
参考資料
参考資料
標高的には107mかもしれませんが、富士塚の場合は大抵は「比高」で表現します。そうでないと各地にある富士塚との比較が出来ませんので。荒幡富士は比高は約10mで、以前「3月のライオン」で舞台探訪した時に行った鳩森八幡神社の富士塚は比高が約6mでした。10mと言うのは富士塚の中では高いクラスです。

さあ登りましょう。
これは六合目から撮ったものです。
参考資料
参考資料

七合目から八合目付近。
参考資料参考資料

あっという間だ!
参考資料参考資料

頂上では前日描いたひかりさんを使って写真をツイート。
参考資料

浅間神社にお参りして絵馬を奉納して来ました。
参考資料

2月はあおいちゃんとひかりさんの誕生月なんでよね。

| | TrackBack (0)

舞台探訪・バンドリ・第1話と第2話の新江戸川公園付近

昨日のバンドリ飛鳥山探訪の続きです。

戸山香澄と同じ様に飛鳥山から早稲田まで都電で移動する事にしました。ところが飛鳥山で都電を見てみたら凄い混んでる。これは一つ前の王子から乗った方が良いかなと思ったら王子も凄い混んでる。それならさらに一つ前の栄町から乗ったら良いかなと思って栄町まで歩きました。既に混んでいるのは織り込み済みのですが、これが王子でもちっとも降りない。少しは降りたもののそれ以上に乗って来ます。

結局この混雑は毎月4の付く日の縁日をやっている巣鴨とげぬき地蔵尊が近い庚申塚で若干緩和されたものの大塚駅までかなり混雑し、やっと一息入れられる程になったのは雑司が谷も過ぎて鬼子母神前まで行ってからでした。都電、混みすぎ。もっと高頻度運転した方が良いです。一応路面電車なのだし。

こうして飛鳥山から(都電に乗ってる時間だけで)30分かけて早稲田に到着しました。
香澄も毎朝これに乗って大変だな。
参考資料
参考資料

第1話ではこれ以外に地下鉄の早稲田駅の入口も出るのですが、この後に広尾にも行こうと思っていたので今回はパスしてすぐに新江戸川公園の方に移動します。すぐ近くなんです。

第1話で香澄が光る星のシールを見つけて辿っていく場面になります。
新江戸川公園の南側の道です。
参考資料
参考資料

光る星マークを見つけました。
参考資料
参考資料
整備工事中で歩道のガードも外されています。

この後、星マークを見つけて駆けていく香澄ですが、風景はかなり違うながら新江戸川公園の西隣の道を北上してるものと思われます。
参考資料
参考資料
そしてここは何を隠そうAMNESIAで登場した場所です。

この後香澄は市ヶ谷有咲の家の蔵の中でギターを発見してズルズルと有咲を一緒にバンドやろうと引きずり込んで行く訳ですが、第2話は朝有咲が起きるとしっかり香澄が来てご飯まで食べてる。そして一緒に登校。

目白台から胸突坂を下りて行くのが有咲の家からの登校ルートの様です。
参考資料
参考資料

胸突坂を下りた所にも星のシール。
参考資料
参考資料

毎日有咲の家に行って食い下がる香澄。
参考資料
参考資料
ここは作中では電柱などの手前から出てきていますが、実際はそれより奥の部分が胸突坂からの道です。

現地に行ったのが昨日で、昨日放送の第3話では滑り台が出てきます。
参考資料
これは新江戸川公園の東にある川沿いの江戸川公園のもので、遥か昔に写真を撮った筈が、いつ撮ったのか思い出せず発掘できませんでした。

今後もこの付近が出るかもしれないので、またその時ですね。

| | TrackBack (0)

舞台探訪・BanG Dream!・第1話の飛鳥山付近

バンドリ第1話で戸山香澄が楽しみにしていた高校の入学式に行く為に、朝食もとらずに都電に乗りに行きます。ここの場面で「飛鳥山から都電で早稲田まで通学するのかー」とあっさりとこのニ地点の特定が出来た第1話でした。

おいおい、別の場所も登場するのですが、ここでは第1話の飛鳥山付近です。

家を出た場面の次のこれ
参考資料
参考資料
これでどう特定するんだと一瞬思ったものの、後ろに見えているレンガ倉庫みたいなのが特徴的です。そんな訳で飛鳥山付近の地図を見たら醸造試験所跡地公園の隣に赤レンガ酒造工場と言うのがあるのです。コレダ。

これが分かれば次の場面も分かります。
同じ公園内です。
参考資料
参考資料

そして都電荒川線が専用軌道に入る交差点。
参考資料
参考資料

都電荒川線飛鳥山電停。
参考資料
参考資料

早稲田方向。
※真ん中の目印を目標にひとつ手前の踏切から望遠
参考資料
参考資料

赤レンガ酒造工場の公園は真東に突き抜けられないので迂回するのは分かりますが、かと言って3で横断歩道を渡るのは解せませんね。
参考資料

| | TrackBack (0)

より以前の記事一覧