« 本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第二部・第7話 | Start | 波よ聞いてくれ・第8話 »

八男って、それはないでしょう!・第8話

ヴェルに死亡説流れる。ちょっと姿を見せないと死亡説が流れるとかまるで北の指導者ではないか。

と言う事態になる発端から。とは言っても前回からあっという間に三年が経過していて、晴れて冒険者登録がなされた。そう言えばみんなの装備も以前とは全然違っている。でも館に居る時からその格好はどうなのよ。登録受付に行ったばかりらしいが、それでもそんな格好をする必要はあるまいに。エル達は何が変わった訳でもないよねーとあっさりしていたが、ヴェルは違った。やったー冒険者だーと。そんなに冒険者になれたのが嬉しいのかと思ったら、これで貴族たちとのしがらみが無くなって自由に行動出来るからだと言う。

だがそんな事は無かった。王命によって古代遺跡の探索に行けと。当然拒否出来ない。あれ?何も変わってない?
参考資料

その古代遺跡はやばかった。既にいくつものパーティーが入っていたが、誰も帰って来ない。腕の立つ者を送り込んでも帰って来ない。中にドラゴンでも居るのではないか。と言う訳でヴェルのパーティーに白羽の矢が立った。何しろ名前が「ドラゴンバスターズ」なので。

ドラゴンが出るかもしれない。と言う事でエル達はみんなブランタークとヴェルの後ろに隠れる。何しろいきなりドラゴンが出現していきなり灰にされてはたまらないので。

ドラゴンの気配は無いと奥の扉を開けて中に入る。その扉を背後にして会話するのは扉が閉まってしまって閉じ込められるフラグだからやめろ。案の定扉がしまり、そして魔法のトラップで一行は地の底らしい場所へ転送された。

ルイーゼはだったらヴェルの転送魔法でさっさと抜け出そうよと言うが、ここがどこなのかが分からないと転送魔法は使えない。だから地道に登って行くしかなかった。

それにしても飛ばされた場所に書いてあった「逆サ縛リ殺シ」って、この後を見て全然それらしい状態無かったんですが。
参考資料

上に登ったら大量の社畜モンスターがw
これって上司魔獣を退治したら全部止まりますよw

ともかく大量のゴーレム兵と戦うのと、この先何があるのか分からないのとで、ヴェルやブランタークの魔法は温存してエル達が物理攻撃で戦う。要所要所であまり魔力を消費しない風魔法で危ない所を助ける。傷ついたらエリーゼが治癒。

これを何度も何度も繰り返す。

つまらないダンジョン攻略だなあと思っていたが、地上ではその頃貴族たちの蠢動があった。数日経ってもヴェル達が帰って来ないので噂が立ち始めたのだ。ここで今回本題の死亡説が。

ヴェルの抬頭を面白く思っていなかった貴族たちはざまーみろな噂話。ヴェルに正妻としてエリーゼを送り込んだホーエンハイム枢機卿には表面上はご心配でしょうなと言いながらニヤニヤしている。ホーエンハイム枢機卿は心の動揺を見せずに大丈夫帰って来ると答えるが、やはり心配で、あのルックナー財務卿も流石に良心派らしく同じく心配していた。そして一体誰がこんな噂を流しているのかと。

噂の根源は居た。ヴェルの兄のクルトの所へヴェルの死亡説があるのでヴェンデリンの遺産相続を始めろと言う手紙を持参した男を動かしていたのはルックナー男爵会計監査長だった。ヴェルとうまく繋がっている兄ルックナー侯爵財務卿を恨めしく思ってその破綻を画策していたのだ。そして帰って来るなよヴェンデリンと願う。

確かにヴェル達は苦戦していた。何しろきりがないから。かなり疲弊して、でも最後にとうとうドラゴンゴーレムの居るフロアに到着。さっそくドラゴンのブレス攻撃で、これをブランタークとヴェルが防ぐが、後ろからはゴーレム兵が湧いてきてこちらはエル達が防戦。でも今度はヴェル達がサポート出来ないからまず最初に不意をつかれたイーナが負傷した。エリーゼが治癒魔法を使うものの、エリーゼの魔力も底がついてきて、例の指輪の魔力を使う。

このままではジリ貧になるだけ。そこでヴェルはありったけの魔力でドラゴンゴーレムを撃ち抜く手段に出る。ブランタークが後ろから自分の魔力を供給して二人の力を使うものの、ドラゴンゴーレムのブレスは強い。押され気味になったところで、エリーゼがヴェルの悔いを残したくないと言う言葉を思い出した。

ブランタークが倒れたところにエリーゼが寄って、ヴェルに奇跡の光と言う魔法で力を与えた。これ魔力注入ですね、プリズマイリヤでよく見ました。

ともかくヴェルは魔力を増大させて見事にドラゴンゴーレムを撃ち抜き、それと同時にゴーレム兵も活動を停止した。

ヴェルとエリーゼが力を使い果たして眠っているうちにルイーゼ達が何かを発見したらしい。ねえねえ今から凄いこと言って良い?凄くなかったら残った体力でぶちのめすと言ってついていったエルだったが本当に凄かったらしい。

魔導飛行船の核になる古代飛行船だよ、これ全部…全然すごそうに見えない作画なんですけど。これ、原作の絵を実況で添付していた人が居たけど、原作の絵は本当に凄そうに描かれていた。

そしてエルが機械仕掛けの何かを操作したら扉が開いた。これも凄い絵が待ってるのかと思ったら単に格納庫の扉が開いただけだった。ヴェルが「おー」とか言ってるけど凄さが微塵も伝わって来ない。本当にさ、アニメの制作会社はちゃんと絵を作ってよ。
参考資料

ところで今回の古代遺跡、何故こんな危険な所へ王命でヴェル達を送り込むの?単なるゴーレム兵地獄なだけで、数が多いから誰も帰って来ないだけ。入口がほどほどの大きさの穴で、そこから何かが吹き出している訳でもない。放置しておいて問題なかったんじゃないのか。以前のドラゴン退治の時は広い土地が手に入って国家の食料問題が解決されると言う理由だから分からなくもない。でもこっちは巨大な財宝があると分かっている訳でも無いから行く理由なんて全く無い。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第二部・第7話 | Start | 波よ聞いてくれ・第8話 »