« 波よ聞いてくれ・第8話 | Start | 社長、バトルの時間です!・第8話 »

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…・第8話

カタリナ、試験勉強をしていたものの、行き詰まって現実逃避の農作業へ。アランがそれを見かけて試験勉強はどうしたのかと言うが、テストの成績は破滅フラグとは関係ないとこたえてしまう。しかし別の意味での破滅フラグが立ったりしないのか。

カタリナがアランと親しげに話しているのをメアリが発見。アランにはカタリナの方に目が行かない様にしていたのにと、邪魔をしに行くが、その頃にはアランも立ち去ってカタリナは農作業に満足したので、メアリはカタリナと試験勉強の続きをする事になる。
参考資料

だが生徒会室でやっていた時に、分からない所を生徒会長に教えて貰ってこの関係の本なら東校舎の図書室にあると言ってくれたのでメアリと二人で行く事になった。

ところが二人が東校舎の図書室へ行くのを見つけたジオルドとキースもソフィアその他諸々も続々とついて行く。いつもの御一行様で図書室へ。

図書室で勉強をしていたところ、カタリナが例によってお腹を空かせる。それを知ったマリアがクッキーを、メアリがお茶を用意すると言って出て行く。でもクッキーとお茶はこの東校舎の図書室のどこにあるんだ。

その間にカタリナが気分転換に立ち上がって本棚を見たら何かが光る。この本は何だろうと開けてみると眩い光に包まれて、メアリとマリアが戻って来た時には全員が本の中に吸い込まれるところだった。

残されたメアリとマリア、本を取り上げて中を読んでみると欲望が満たされる時に中の者は救われると書かれている。これは噂に聞いていた人の欲望を喰って糧とする魔法書。だとしたら中に入ったカタリナ達は欲望を満たすと出て来られるのだろうか。この時点では全員の欲望がかなえられないとダメなのかと思ったが、魔法書は餌さえ食べられれば良いので、全員である必要はなかったんだな。

ともかく中の様子をとメアリが本を開いて見たら、先ずジオルドが仕掛ける。結婚式をすませて、もう今晩はこの部屋には二人きりだとカタリナに迫るので、メアリは「ダメー!」と本を閉じた。閉じるとその物語は一旦終わるんだなw

次に開くとキースの番。これもダメ。その次はソフィア。ソフィアに至ってはカタリナに壁ドンですよ。これもダメ。ニコルは妙なタキシード仮面になってるし。アランの場合はピアノを弾いてるのを見たメアリが瞬時にして閉じてしまった。
参考資料

しかし欲望を喰えば良いと言うのなら、他の連中のカタリナへの欲望に限った話ではなくて、カタリナの欲望がかなえば良いのではとまた本を開く。この時点でカタリナの場合は農場で農作業をして満足するパターンかと思ったら、お腹を空かせて本の中に入っただけの事はあって、お菓子の家が登場した。そうか、農作業の方はさっき満足していたからね。

カタリナはお菓子の家に到着するや、どんどん食べ始める。おかしい、いくらでも食べられると、際限なく食べ始めた。カタリナの身体がヤバいんじゃと思ったが、それより前に魔法書の方がパンクしてしまい、全員が本の外に放り出される。無事帰還。

物語の中での事だったので、カタリナのお腹は満たされておらず、メアリとマリアが用意した美味しいクッキーとお茶で満足のカタリナ。だが、本の中では自分の欲望を満たす物語が展開されていたと聞いたジオルドやキースやソフィア達は恥ずかしくなって退散する。
参考資料

アランだけがピアノを弾いていただけだぞと残っていた。でもそのアランも前回とか、今回のCパートとか、メアリが妨害しているのにフラグ立ちつつあるね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 波よ聞いてくれ・第8話 | Start | 社長、バトルの時間です!・第8話 »