« 桜の季節の舞台探訪・女子高生の無駄づかいの空堀川と多摩湖自転車道と東村山中央公園 | Start | 令和2年春アニメ(視聴予定)のハッシュタグ一覧表 »

異世界かるてっと2・第12話・最終回

シンデレラ始まりました。
始まりましたが、どう見てもキャストミス。シンデレラが全然可愛そうでなくて姉が情けない。デミウルゴスだけ適役w
参考資料

シンデレラにバケツの水を浴びせられて喜ぶ姉を眺めながら、レムが外の状況を心配する。しかし母親役のシャルティアはアルベドなら大丈夫だと太鼓判を押す。何しろ怪力で大口ゴリラと言うのは嘘ではないと。

デストロイヤーとの戦いの方では確かにアルベドが全身してデストロイヤーを手で止めた。なんだかシャルティアに悪口を言われた気がすると言いながら。今回ここから舞台シンデレラとデストロイヤー戦がシンクロするんだな。

アルベドがデストロイヤーを素手で止めている間にヴィーシャ達が攻撃に入る。戦術指揮は戦争慣れしているヴィーシャ。アクアに大量の水を出してデストロイヤーに浴びせるのは大丈夫かと聞くと、アクアは水の女神なんだからそんなのお茶の子さいさいよと。同じ頃舞台の方では大魔法使いめぐみんがカボチャを馬車にするのなどお茶の子さいさいよと言っていた。今どきそんな事言うかと思ったカボチャの馬車になる面々。ここの脚本を書いたのはエミリアだと納得。

お茶の子さいさいでアクアがデストロイヤーに莫大な水を被せる。そしてエミリアが凍らせて足の動きを封じた。その時、エミリアは詠唱とかをしないとならないのかと思うが、パックがそんなもの今は忘れろと。同じ頃、舞台ではめぐみんが長い長い詠唱をして中のターニャ達が焦れていた。

動けないデストロイヤーをみんな(アクアを除く)で攻撃。それを見たラフタリアとフィーロが助けるべきかと思ってるところをヴィルヘルムが良いこと言おうとしたのを最初の言葉だけ聞いて参戦。

ちょむすけとデスナイトもその戦いを見て、これは参戦せねばと思ったが、荒くれ者がやめておけと。あれは女の戦いなのだと言う。でもちょむすけって雌らしい。えー「すけ」ってついてるのに?

一方舞台の方ではみすぼらしい馬車出現。誰がみすぼらしいだとターニャが文句を言うと、完全に驚いたかの様にラムが「馬車が喋った!」。そしてそのみすぼらしい馬車に乗ってラムは王城へ。へっへっとしか言わないシンデレラ。もう舞台の成功はデミウルゴスに祈るしか無いレルゲンさん。

動けなくなったデストロイヤーは自ら足を切断してその中からミサイル発射。ミサイルはアクアめがけてホーミングするので逃げ惑うアクアをアルベドが守ってやった。好きな方の為に戦うアルベド。これぞ愛。そして舞台の上でもシンデレラを見て愛をささげるレム王子。

沈黙したかと思ったデストロイヤーだったが、強大なエネルギーを発射。これをヴィーシャとアルベドが必死で防ぐが限界が近づいたところでラフタリアが剣で吸収して跳ね飛ばした。最後はアクアが渾身の一撃をデストロイヤーへ…と言う場面はシンデレラのクライマックスシーンで背景へ。
参考資料

こうして無事に学園祭が終わったのに、学校は何も変わらない。アインズ様が予言したとおり。でもロズワール先生によると積み重ねが未来を変えるとも。

その甲斐あって、続編制作決定w

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 桜の季節の舞台探訪・女子高生の無駄づかいの空堀川と多摩湖自転車道と東村山中央公園 | Start | 令和2年春アニメ(視聴予定)のハッシュタグ一覧表 »