« 恋する小惑星・第9話 | Start | ID:INVADED イド:インヴェイデッド・第11話 »

虚構推理・第9話

さあ琴子による掲示板での世論誘導作戦開始。

発端の書き込みは今までは鋼人七瀬目撃の話だけだったのが突如局面が変わって人が実際に死んだと言うのがこれまでとは全く違うと言う提議から。
参考資料

そこから琴子が提議して行くのは、これがゴールであって実はここまでの鋼人七瀬の話はそのゴールを目指した仕掛けであったのだろうと言うもの。これはまあ納得出来る。

犯人の目標は最初から寺田刑事だった。犯人は寺田刑事の人柄を知っており、巷間でおかしな事件が続けて起きる様になると必ず興味を持つ筈だと考えていた。そうやって鋼人七瀬の噂を立てて行く。鋼人七瀬の噂は繰り返される目撃情報によって寺田刑事の所へも届き、寺田刑事もそれを注目する様になる。

そうしておいて愈々寺田刑事をおびき出す。そこはガソリンスタンド跡地で、そこに犯人は寺田刑事を撲殺する仕掛けを用意するのだ。どんな仕掛けか。恐らく相当の重量のある重しをロープでぶら下げ、寺田刑事の頭の位置に振り下ろされる様にする。それを遠隔操作で解除出来る様にしておく。準備が出来たら犯人は寺田刑事に電話をして呼び出すのだ。鋼人七瀬の証拠になりそうな物を発見したと言って。

ここでおや?っと思った。どうして寺田刑事にダイレクトで電話出来るのだろうかと。それからそれ以前にもそれはどうなんだと思ったのは、寺田刑事の人となりをかなり知っている点。そして署内で寺田刑事が鋼人七瀬に興味を持ち始めたのを確認出来ている点。

犯人は寺田刑事をガソリンスタンド跡地に呼び出し、ちょっとその証拠を取って来ると言って振子が振り下ろされる位置に立たせ、そこで寺田刑事に一撃を与えた。

掲示板ではちょっと納得した人間も出たが、大勢はそれには納得出来なかった。
何故そんな面倒な事をするのか。毒殺とか出来るのではないのか(でも毒殺って足がつきやすいんじゃ)。

次に琴子はどうして犯人はこんな面倒な事をしたのかの説明を始める。鋼人七瀬の噂が立っているから寺田刑事があの様な姿で殺されたとあれば、相当の重さの物を振り回せてしかも寺田刑事が抵抗出来ない程の力を持っている筈だと捜査関係者は思う。そこが犯人の狙いだ。そんな事が出来るのはかなり屈強な男。捜査の対象がそちらに向かうと自分には都合が良い犯人とはその逆であり、身体はそんなに頑強ではなくてむしろ細い。そしてそんな深夜に一緒に居るのは疑問に思われる女性。さらには寺田刑事の様子を逐次掴む事が出来た以上は警察関係者であって、おそらく婦警ではないか。

殺しの動機としては寺田刑事に好意を寄せられてそれを何とか逃れようとしたと言う線が考えられる。

紗季「なるほど、なるほど」
参考資料
いや、それってお前だw

流石に紗季も自分で気がついたか。

掲示板の流れはかなり琴子に向いてきた。これもその外で九郎が何度も鋼人七瀬に殺されては未来の分岐点を掴んで来たから。ところがここでもう一回ひっくり返される。

振子を女性が設置して仕掛けるのは難しいのではないか。その推理には納得出来ないと。六花も九郎と同じ様に死んで未来を掴み変えたのだ。掲示板の大勢はまだまだ亡霊たる鋼人七瀬の支持が大半だった。

しかし琴子は動じない。これで良い。今の仮説でこれまで鋼人七瀬の存在を信じていた掲示板の住民の一部が鋼人七瀬の存在を疑い始めた。ここにまた別の仮説を投下する。その時にまた掲示板の住民のさらに一部が亡霊の存在を疑えば良い。こうして存在を信じる人間を少しづつ削って行けば大きな目で見た場合には琴子の目的は達成されるのだ。

さあ、引き続いて次の仮説に行きましょう。
(ッターン!)
参考資料
ところでみんなEnterってどの指で叩いてるの?
私は主に小指か中指なんだけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 恋する小惑星・第9話 | Start | ID:INVADED イド:インヴェイデッド・第11話 »