« 痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。・第11話 | Start | 恋する小惑星・第11話 »

推しが武道館いってくれたら死ぬ・第11話

ライブのタイミングでChamからのお知らせ。今度私達せとうちアイドルフェスに出る事になりましたー。え?今更発表?と静まり返るファン達。あまりの無反応にれおが、あれ?嬉しくない?と言うと、慌ててファン達は「初めて知ったー!嬉しいー!」と叫ぶ。
参考資料

Chamも、れおのローカル局ドラマ初出演以降、少しづつTVに顔出しがある様になった。今回は眞妃が出演。きっといずれ舞菜もTVに出るんだろうなあ、もう既に一回前列に出てるし、自分が見てない所で、と引きずるえりぴよ。

今回のせとうちアイドルフェスで一番前面に出ているめいぷる♡どーるのセンターの子メイは、嘗てれおが居たグループに居たのだ。その頃のくまさは地元アイドルの事を知らなくてヨシムネに連れられて見に行った。何も知らないくまさは、ヨシムネと一緒にメイの列に並んだが、その横でポツンと立っていたれおを見たのが全ての始まりだった。
参考資料
それ以来のれを推しなのだが、れをはあの時にくまさが自分以外の列に並んだのを忘れてくれないと言う。そりゃれお一筋のくまさにしては痛恨の間違いだったけど、仕方ないじゃない。それにえりぴよが来られない代わりの時に舞菜の列に並んだ事だってあるでしょ、今だって。

ともかくくまさにとっては古傷の話だったのに、えりぴよも基も興味無し。えりぴよなど、くまさはChamの最初かられをを推せているから未だいい。自分などはある時からChamを知ったんだから。ああ何故舞菜が七五三の時とかを見守ってやれなかったのか、何故自分はアイドルの母ではないのかと、もうメチャクチャだ。

メチャクチャなえりぴよを置いておいて、基がアイドルフェスってどんなものかくまさに聞いてみる。勿論、楽しいのだが、しかしくまさは言う。せとうちアイドルフェスに行くと自分達の推しがどう言う位置にいるのか、嫌でも知る事になると言うのだ。めいぷるのポジションになるのも難しいと思うかもしれない、武道館なんて夢のまた夢とも。

Chamの控室では今回の反応は絶対SNSで先に知ってたよねと運営の仕事してなさに文句が出ていた。それはさておき、眞妃が香川のTVに出た時に優佳に頼まれていたおみやげを出すが、やはり香川だけにうどんだった。これ控室でどうやって食べるの鍋ないし百均で買う?

しかしそんな事で盛り上がっている時、いつもとは違って文が皆を叱り飛ばした。何暢気な事言ってるのか。今度のせとうちアイドルフェスで出演するグループの一つ、めいぷるなんてショッピングモールを埋める程人が集まるんだよ。Chamと曲風とか被ってるし、ファンが流れたらどうするんだ。もっと危機感を持って、明日から練習きつくするよと(今日は鍋買って来るw)。文、アイドルとして売り出したいと言う気持ちは本物だから、この辺は真面目なんだな。それにしても今ここから音を上げる程の練習を始めるって、Chamは確かに今迄が温かった。

そして迎えた次のライブ。くまさ達が今回のChamのダンスが凄く揃っていましたねと感心していた。Chamの頑張りに応えて自分も今日は良いこというんだと意気込んだえりぴよだったが、いざ舞菜と話そうとしたら噛む噛む。そして最後に舞菜の方からフェスに来てくれますかと聞かれた返事が、勿論行くなんだけど、それが噛んでしまってまるで行かないみたいな返事に。後悔だらけの握手会だったえりぴよ。

それはパン製造のバイトの時にも出る。そして休憩室に戻ってからも。そこにChamの運営からのお知らせ。今度ChamがTVにチラと出るかも。大興奮のえりぴよはさっそくくまさに電話して一緒に見ようと誘う。一人で見たら吐くから。えりぴよのテンションで一緒に見るのは大迷惑なのでくまさはお断り。勿論基もお断り。そこへ入って来た同僚の美結に一緒にTVを見てくれ、自分の好きな人が出るんだと言うから、これってひょっとして恋バナかと思った美結がOKしてしまった。
参考資料

だが一緒に見始めてから美結は後悔した。別に一緒じゃなくても良かったし、隣でえりぴよが異様なテンションになってうるさい。結局TVに出ると言っても、今度せとうちアイドルフェスと言うのがあって、そこに出るめいぷるに来てもらいましたーの後で、他にもこんなグループがと写真だけが出たのだ。それでも大興奮のえりぴよ。そして勝手に疲れて寝てしまった。えりぴよに置いてきぼりされた美結がTVを見ていたら、そこに登場した冬太朗と言うアニメキャラに一目惚れしてしまった。

ここ、アニメの中でアニメなので最初はてっきり冬太朗と言う人が居るのかと思ったのだが、あとから美結がえりぴよに「好きな相手に同じ次元に居るだけでもありがたいと思え!」と言っていたので、冬太朗はアニメキャラなんだろうなと分かった。

アイドルフェスのチケットを手に入れて集まったくまさ達。その場でえりぴよは新しいブロマイドをこれだけもう買ったと見せてくれる。例によって舞菜かわいいの気持ちが溢れるが、その気持をツイ垢で呟けば良いと基が言う。えりぴよは舞菜が喜ぶからとアカウントを取ったけど全然呟いていなかったのだ。何を呟けばよいのかと言うえりぴよに、今の大演説を呟けば良いと言われて、ひとつひとつ舞菜の良い所を呟いて行く。

その頃、練習に励むChamの中にあって舞菜は自分だけがついて行けてないのじゃないかと悩んでいた。岡山電気軌道の電車の中で、ちょっと落ち込んでいた舞菜だが、そこにえりぴよの呟きが飛び込んで来る。その5、一生懸命ネタを見つけてブログを更新してくれる。ああ、良いよねそれ。これは延々と続いて、最後にその38、ありがとう。舞菜ちゃん!で終わった。これで舞菜の落ち込んでいた気持ちは晴れる。ありがとう。えりぴよさん。
参考資料

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。・第11話 | Start | 恋する小惑星・第11話 »