« 痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。・第9話 | Start | 恋する小惑星・第9話 »

推しが武道館いってくれたら死ぬ・第9話

Chamの今年のステージも今日大晦日が最後。その時舞菜が気がついた。未だ黒豆買ってなかった。この時思ったのは本当に黒豆を買ってその後自分で煮るのかと思ったんだけど、出来合いだったな。

れおが今年最後のライブをしっかりやって来年に繋げよう、将来武道館へみんなで行く為にと言うのだが優佳が相変わらず空気読まずに自分は武道館は行かなくてもいいやと。でもこれって単なる空気読まない発言じゃなかった。

一方ファンの方はえりぴよが潰れていた。またハードなバイトでもしてるのかと思ったら、この会場が先日の大雨でとどめを刺されて改修工事が必要となって年明けの1月は一ヶ月間まるまる工事で閉鎖なのだそうだ。それは即ちChamのステージが無くなると言う事で、舞菜と一ヶ月会えないと言う打撃と、舞菜の誕生日が1月なのに誕生日ステージが無くなると言う二重の打撃で潰れていたのだ。
参考資料

ともかく空気読まない優佳の「みんなー大晦日も暇なのー?」で始まった年内最後のライブも無事終わる。そして今回は特別物販があるのだ。何かと思ったら推しが5秒間リクエストした台詞をスマホに録音してくれると言う。えりぴよが何を言ってもらうか必死で考えたものの、そんな早口で舞菜が入れてくれる筈がない。

くまさは毎朝れおに起こしてもらうイメージの「くまささん朝だよ起きて」を、この期に及んで未だ決まっていなかった基には空音から「基くん、浮気すんなよ」なメッセージを入れられてしまう。あんなメッセージは無理と言われたえりぴよが決めかねて、舞菜がえりぴよさんと入れようとしたのを一人の人間として呼びかけてほしいと言うからまたも舞菜がちょっと勘違い。結局「えりさん積んで」になったが、積むなら内臓どうのとえりぴよが言い出したから舞菜はどう返したらよいか悩んでしまった。その悩んだ仕草が顔をそむけた感じでえりぴよは年内最後の握手がこんな形で終わってしまってさらなる打撃。

えりぴよと基はこれで年内の推しとの接触は終わるが、れおは地元の年越し番組に呼ばれているのでそっちの現場へとウキウキしながら向かう。残されたえりぴよ、このままじゃ基と一緒に年越しする事になってしまうと言ってそそくさと帰って行ってしまった。

しかし、実家に居ると親族から様々な圧力がかかる。最初は母の正月料理の手伝いをしていたものの、あまりにも下手だったので応援に回されたが、他の親族からもう就職したのかとか結婚はどうだとかたまらない圧力が加えられた。一応設定ではえりぴよは20歳なんだけど。
参考資料

カップ麺年越しそばを食べながらテレビを見ていたらくまさが言っていた番組でれお登場。そして観客の中にくまさがここでも最前列で構えていた。その様子を見て自分も傍から見たらこうなのかと思う。

このままじゃやってられんとえりぴよは基に電話をかけて今から初詣に行くぞと。いや、あんたさっき基と年越ししそうだから帰るって言ったばかりじゃないか。それにもめげずに基は妹の玲奈と共に最上稲荷に。

一方、実は舞菜は優佳と吉備津神社に初詣に来ていた。地元のマイナーアイドルだと素顔でもあまり分からないんだな。舞菜はえりぴよさんが怪我しない様に、みんなと武道館へと願った。実はその隣にいた優佳も武道館へ行きたいと願っていたのだ。アバンで武道館とかどうでも良いと言っていたのに、こうなったのはあの今年最後のファンとの接触の時に優佳のファンが立て続けに武道館に行って欲しいと言ったからだった。優佳は武道館自体はどうでも良いが、ファンが優佳の事を好きと言って会いに来てくれるのが嬉しい。それなら武道館に行ってセンターで歌いたい。でもセンターって事は奇数人数と言う事で、今のみんなで武道館へ行きたいと言うのだ。今回、優佳のお話でもあった。
参考資料

そんな話を甘酒を飲みながら舞菜と優佳がしていたら、ふと見た先に眞妃とゆめ莉が来ている。大声で呼ぶ優佳。眞妃とゆめ莉、もう完全にカップルで手を繋いでの初詣なのだが、空気読まない優佳はああはぐれない様にかと。と言うのも舞菜と優佳もはぐれない様に手を繋いでいたので。

同じくはぐれない様にしていたえりぴよだが、こっちはマフラーか何かで縛って掴まれていた。初日の出を見ながらえりぴよは叫ぶ。舞菜が武道館へ行ってくれたら死んでもいい、いや、舞菜が武道館へ行ったら死ぬ!

とうとうタイトル回収したぞ。
そしてその叫びを4km離れた場所から感じ取る舞菜。

ところで一ヶ月会えないと言われていたChamだが、どうもどこかでライブをやるらしい。運営の告知が遅いだけで。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。・第9話 | Start | 恋する小惑星・第9話 »