« 虚構推理・第4話 | Start | 群れなせ!シートン学園・第5話 »

ID:INVADED イド:インヴェイデッド・第6話

この人が犯人ですと井波に銃を向けた本堂町。それに応じて松岡も井波を銃で牽制。しかし松岡が凄い所に目をつけた。キッチンの(リビングからキッチンが見える構造じゃないと無理だった)包丁立てが空っぽ。つまり誰か=数田が包丁を持ってどこかに潜んでいる。

危ないと叫んで松岡が本堂町を庇い、松岡が背中に包丁を刺された。本堂町と松岡は数田からの死角に入って井波を見張った。ここで本堂町が危ない事を言いだした。井波を指してこいつ悪いやつだから撃っちゃいましょう。数田に明らかに焦りの色が見えた。そしてとうとう飛び出して来る。ここまでは本堂町による煽りでの炙り出しだとは思った。

数田がやけに敏捷で本堂町の銃撃で弾が当たらない。と言うか、一発など数田の穴を貫通してしまった。そして本堂町に襲いかかった時に本堂町が先に投げられていた包丁を掴んで数田をブスリ。この場ではてっきり致命傷にはならない場所を狙ったと思ったのだが、後の話を見ると違う。そして数田の殺意は例によって本堂町へのキスに。それを見た井波に心に動揺が走り、それは本堂町への殺意となる。これがその場に置いてあったミヅハノメによって井波の殺意を収集される結果となる。めでたく井波の殺意が確保出来ましたと言う本堂町。ここまで計算していたの?
参考資料

墓掘りの事件はこうして教唆犯と実行犯が明らかになった事で取り敢えずの幕引きへ向かう。それにしてもジョン・ウォーカーによって連続殺人鬼にされた犯人による警察の殉職者は多い。その葬儀の時に蔵の捜査員でジョン・ウォーカーとは何者なのかと言う話になった。

今まで集めた連続殺人犯のイドでみたジョン・ウォーカーはどれもこれも同じふざけたコスプレ野郎な格好をしていた。と言う事はジョン・ウォーカーはあの格好で全部の連続殺人犯と会っていたのか?そして少し会って話しただけであれだけの連続殺人犯を動かせたのか。まあつい先日最終回を迎えたバビロンでは曲世愛ってキャラが居たけど、同じ様な能力の人間が居るとはちょっと思えない。

ではこれだけの連続殺人犯をどうやって操ったのか。ひょっとして我々が使っているイド以外にも同じ様な装置があるのではないか。あるいは蔵の中の誰かがやっているのではないか。顔を見られるのがまずいからあんなコスプレをしているのではないか。証拠も無しに不信感を煽るのはやめろと言われる若鹿。

あるいは蔵にあるのとは別にイドと同じ装置があるのか。少なくとも蔵にあるイドによる犯行説は時間的な辻褄が合わない。なぜなら蔵のイドが稼働する前からこのジョン・ウォーカーによる連続殺人犯を生み出す事件は発生しているのだから。しかしイドに関する情報は完全に情報管制されていて分からない。しかも開発者が行方不明とか。

その葬儀会場にやって来た松岡。会う人間ことごとくにお見舞いを言われた様で、百貫と早瀬浦からも言われそうになってもうそう言うのはいいですと。それよりも頭に穴を開けられた富久田がイドに入っても役に立たないと言うのに対して、だったら同じ様に殺人を犯した名探偵に相応しい人物を推薦したいと言う。えええ、本堂町ちゃんですか。

酒井戸はどうやら井波のイドの中に居た。なんだその古い電車、まるで115系は、と思ったらこれは井波と数田が高校生の頃に通学で使っていたものらしい。
参考資料
二人が何歳か分からないがまああり得る設定ではなかろうか。酒井戸は例によってカエルちゃんを発見して謎を追いかける事にする。血の足跡は電車の中をずっと進んでいた。それを追いながら移動する酒井戸。蔵ではその風景で通過する踏切にこれまでの犠牲者が立っていたのを確認した。捜査の結果、井波が高校生の時に母親が井波の乗っていた電車に飛び込み自殺をしていた。

酒井戸がひたすら血の足跡を辿るとある場所でふっつりと途切れている。そこに少女が居た。おそらく高校時代の井波。地の着いた布を持っていたが、返り血を浴びていないからカエルちゃんを殺したのは井波ではない。逆にそこで足跡が途切れている事で井波に導かれたのだ。そして反対のボックス席には数田。あっち見ないであいつとは関係ないと言う井波だが、やはり高校時代から数田を意識していたのか。

カエルちゃんから歩き始めた筈だったのがそこに戻って来た酒井戸。この電車は円環の形だった。井波は母親を轢き殺した電車に永遠に乗り続ける。

本堂町は百貫に呼び出されていた。松岡の推薦を受けて本堂町をイドの名探偵にしたいと。本堂町はイドでの本格的な推理が出来ると重責を担うのだと喜んでいた。だが、松岡が推薦した理由は違う。イドに入れるのは単に殺人を犯した人間ではない。

そして本堂町に言うのだ。今までのお前の行動、そして数田を刺した時の行動。おまえは殺人を喜んでいた。その素質がイドの中に入れるものだ。そして自分は自分と仲間を守る為に本堂町を推薦したのだと。
参考資料
おー、まさか本堂町がこう言う方向でイドの名探偵になるとは。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 虚構推理・第4話 | Start | 群れなせ!シートン学園・第5話 »