« 令和2年冬アニメ(視聴予定)のハッシュタグ一覧表 | Start | ダーウィンズゲーム・第1話 »

恋する小惑星・第1話

幼い頃にキャンプで出会った「あお」と言う男の子と仲良くなって、「みら」と言う名前が変光星にあるのなら「あお」と言う名前の星を見つけて名付ければいいよと語り合ったあの日。でもその子とはそれっきりだった。

星咲高校に入学したみらは部活に天文部が無いのを知って嘆く。遠藤先生が今年から天文部と地質研が合併して地学部になったと教えられて地学部まで連れて行って貰った。

部員は四人。天文班の森野と真中、地質班の桜井と猪瀬。合併しても四人なら合併させられるのは仕方ない。みらはどっちに入るのかと聞かれて天文班と答える。その理由は子供の頃に男の子と星を見つけて名前の「あお」と命名しようと誓ったからだと。

それを聞いて赤くなる真中あおさんw
いや、女の子だろうなとは思っていたけど。
参考資料

みらと一緒について行った萌は家の手伝いがあるから放課後は忙しいのだと地学部には入らなかった。と言う事は天文班と地質班は3:2か。その分私ががんばりますと言う舞の動きが怪しい。
参考資料

部の活動を決めるにあたって、これまで天文部と地質研がやって来た事を列挙してみたが、共通点が無い。そこで会報をだしたらどうだろうかと言う事になる。

あおのはにかみとか、いい感じの女の子同士の仲良し部活の物語だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 令和2年冬アニメ(視聴予定)のハッシュタグ一覧表 | Start | ダーウィンズゲーム・第1話 »