« 恋する小惑星・第3話 | Start | 虚構推理・第2話 »

ライフル・イズ・ビューティフル・第12話・最終回

前回打ち上げをしてあれですっかり終わりかと思ったら、そうじゃなかった。先生は忘れられていたけど。

そう言えば個人戦があるみたいな事を言っていたのを思い出す。個人戦はどうも予選の後で本選があり、そして本選上位8人がファイナルに進むらしい。そして団体戦では出場しなかった秋田第三高校の中河妙と言う子が参戦。秋田代表。秋田では彼女しかビームライフルやってないので予選無しなのだそうだが。あ、予選って都道府県単位が予選か。
参考資料

そんな一人ぼっちでの参加の妙だけど、ひかりとぶつかったのが幸い。本当に幸い。あっという間に番号交換してしまった。ひかりのコミュ力の高さは凄くて彩賀女子のるりがかわいい(キモかわいい)アクセサリーを買うかどうか悩んでいる場面でも一緒に買おう、お揃いだねと言って背中を押してくれる。

神奈川県代表、五人全員ファイナル進出、ひとりも欠けるな!って、そうかあきらはエアライフルだから千鳥の三人+ミサ、そしてそこに小桜を入れて五人なのか。

第一射群終了。ファイナルに残る目安は625点。でもミサは620.7でした。これは微妙。

第二射群。エリカが千鳥のトップで撃つ。団体の時に後悔したが、エリカはスタートから高得点。第二射群では瀬玲奈が628.2点で暫定一位。この順位は彼女の好きなバンドのエビルエデンに捧げると異様なTシャツ。エリカは627.6点。暫定二位。瀬玲奈とはちょっとの差だ。ホッとしたエリカ。しかし第二射群終わってミサは暫定8位。ああ、確かにそりゃ瀕死。小桜は615.3点。

そしてひかりの第三射群。ちょっと不穏な入り方だなあと思った。関東ではまりなとあこがプールサイドで暇して今頃ひかりは広島で活躍してるんだろうなあと。でもひかりに待っていたのは昨日とは違う結果。544.8点。

確かにいつもいつもひかりが本番で高得点を出すかと言えばそれはないだろう。そしてそれは今ここで現実となる。さすがのひかりもショックを隠しきれない。
参考資料
でもそれを支えてくれるのが泉水なんだ。

結局ファイナルを終えて1位は630.3の真帆、2位が628.2の瀬玲奈、3位が627.4のやよい(長崎の彩賀女子)。でもファイナルは本選の点を一旦クリアしてもう一度勝ち残りでやると言っていたので瀬玲奈の628.2は間違いじゃないのかな。いくらなんでも本選の得点と0.1点も違わない全くの同得点と言うのは。

大会を終えた千鳥のみんなに弦巻先生からのお言葉。これで終わったわけじゃない。うんうん、千鳥のみんなはまだ一年生だからね…「夏休みはこれからよー」そっちかよ。
まあでもこれで気持ちが切り替わればいいんじゃないか。

ひかりは大会で一杯友達が出来たし、真帆からはまぐれや偶然で出せる得点じゃないと言って貰えたし。ひかり達のビームライフルはこれからだ。
参考資料

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 恋する小惑星・第3話 | Start | 虚構推理・第2話 »