« 理系が恋に落ちたので証明してみた。・第1話 | Start | はてな☆イリュージョン・第1話 »

ランウェイで笑って・第1話

ほう、なるほどこれはトップモデルになる話か。
小学生で158cm、なるほど。
え?そこで成長が止まった?

物語は、だからここからはじまる。

小学生の時に決めた父のモデル事務所ミルネージュのモデルとなってパリコレに出る、と言う夢を藤戸千雪は全く捨てないでいた。そして何度も何度も父の事務所のオーディションを受けて、そのたびにかつて憧れだった雫に、その身長ではパリコレは無理だと落とされていた。

同じ学校に都村育人と言うおかっぱ頭の冴えない男の子が居た。進路希望提出の時の収集でちょっと待ってと言われて待っていたものの、待てど暮らせど持ってこないからじれて育人が居ると言う被服室へ行ってみたら、育人はパリコレの動画を見ながら何かしていた。そこには嘗ての雫の姿が写っていた。

千雪は自分に合う服が何かあるかと言うから、育人が今まで作った中から取り出したのが何だか男の子が着るみたいなパーカー。千雪が男とか言われてムッとしたものの、育人はそれを復唱されて自分の中で千雪に合う服はどんなものだろうかと考える。

しかし、育人はそうまでしてファッションデザイナーを希望していたのに、家の経済的な理由で高校卒業後はすぐに就職すると言う進路希望を書いていた。彼には妹が三人いて、志望大学への合格は間違いないと言われている妹、スポーツで推薦を受けられそうな妹、そして未だ未だ将来がある小さな妹が居る。だから育人が高校卒業後に就職したらその三人の妹の夢をかなえさせられる。

そうか、それじゃ育人の夢は無理なんだなと口から漏れた千雪だったが、ここで気がつく。本人はなりたいのに環境のせいでそれが出来ない?それで諦めろ?自分はそう言ったのか?
参考資料

そして千雪は育人にデザインして貰った服を着てまたもミルネージュのオーディションを受けに行く。雫は何度受けても自分たちは落とすだけ、本人が納得するまで、だから今日もと思っていたのに、その日現れた千雪の服を見せる姿に気持ちが変わった。

こうして千雪はミルネージュと契約する事に。契約したからには不用意な事は許さないと言われて、契約直前の事なら良いよねと恐る恐る千雪が口に出したのは、今ここに入る前に雑誌に写真を撮られたと言う。その時に思わずこの服はここのミルネージュのだと言ってしまった。育人のデザインした服なのに。

それは仕方ないと思った雫だったが、この雑誌がモデルのツイートであっと言う間に拡散した。ミルネージュには問い合わせが殺到。社長=千雪の父の藤戸研二はあの服のデザイナーを探して呼び出した。今回は君のデザインなのにうちの事務所の物として広がってしまって本当に申し訳ない。

ついてはあのデザインを買い取りたい。それだけではない、うちの事務所のデザイナーになって欲しいと。

そうだったのだ。この物語は千雪がスーパーモデルになる話と一緒に、育人がスーパーデザイナーになる話でもあったのだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 理系が恋に落ちたので証明してみた。・第1話 | Start | はてな☆イリュージョン・第1話 »