« ライフル・イズ・ビューティフル・第9話 | Start | 神田川JET GIRLS・第10話 »

私、能力は平均値でって言ったよね!・第11話

野営でマイルが焚き火にする枯れ枝を集めて戻って来たら三人がすっかり緊張感を失ってだらけていた。マイルに頼りっぱなしで、ひょっとしてあの猫型ロボットもこんな気持ちだったのかと思うマイル。

次のクエストを物色していた赤き誓いだったが、どうも周囲の視線が今迄と違う。先日ワイバーン討伐のクエストに成功してから一層箔が付いた。今や注目の新人からギルドのエースへ。そんな三人の雰囲気をマイルは危険視した。自分に頼り切ったパーティーじゃだめだ。もし自分が居なくなったらどうなるのか。

そう言う言い方をされたらマイルがパーティーを抜けるみたいな感じで、そうなのかと問い詰められると、抜けるんじゃなくて人間なんてどんな事で病気になったり死んじゃったりするか分からない。人は本当に死ぬ時は死ぬんです。経験者の言葉は重い。
参考資料

確かにマイルに頼り切るのはよくない。レーナ達はそれは理解した。それでもやはりこのクエストを受けてみようと。それは今迄何度も挑まれたものの、全部失敗して報奨金が何倍にもなったものだった。

内容は森の魔獣の出現パターンが変わったのでその調査隊が送り込まれたが消息不明になってしまったので調査隊を連れ戻すと言うもの。それにしても何故その後クエストが失敗になったのかが分からないのは問題。何が待ち構えているか分からないじゃないか。

ギルドの受付もこれを?と言うものの、赤き誓いが実績を積み重ねていたのですんなり受付る。

森に進んでみると確かに動物の気配がほとんどしない。登山してて思うけど、東京近郊の山で哺乳類の気配はそうそうはせずとも鳥のさえずりは随分するから何の音もしないと言う事はないんだよね。

進むうちに魔獣出現。しかし鍛錬を積んだメーヴィスやポーリンやレーナの活躍で簡単に撃退。メーヴィスは基礎体力がついたので1.2倍速でも速く動く。そしてポーリンやレーナは新しい魔法を習得していた。マイルに頼りっぱなしではなかったのだ。

これで安心して死ねる?はい。
参考資料
いや、やめてw

ただ、森に異変が起きているのだけは確かだった。そこで方針転換。マイルの能力もちゃんと使う。そしてメーヴィスにはミクロス。ナノマシンが沢山入ってるからこれを飲んだら一時的に身体能力が伸びる。但し身体に負担がかかるから一日に一回だけ使えとマイルは渡した。

やがてマイルの探知魔法が敵を察知。出現したのは獣人だった。あれ?救助隊が何度も失敗している相手にしてはしょぼくないか?メーヴィスが剣で倒し、ポーリンやレーナ、そしてマイルもその気で戦ったのであっさりと相手は倒される。ひとりからこの先に調査隊が囚われている情報を掴んだが、この先は恐ろしいぞと警告を受けた。

獣人から気配を察知されない様にしてから後を付けて奥へ。するとそこではまるで神殿の様な場所で獣人達が何かを建設する様な労働をしていた。ますます何故調査隊が何の為に帰って来ないのか謎になって来た。

赤き誓いは調査隊が囚われている檻に近づいて、見張りを眠らせてメーヴィスが檻を一刀両断にして中へ。聞いてみたら隊長の学者先生が神殿の中で囚われているとの事。この場の助手や護衛のパーティーは先に逃がしておいて赤き誓いは神殿の中へ。

中に進むと一度遭遇して逃がした獣人達に遭遇。ここから先へは行かせないと向かって来るので、ここが本気の出しどころだとメーヴィスがミクロスを飲んで力を発揮。あー、どうなのよ。どう見ても相手の力量がはっきりしている場面なんだからもっと温存した方がいいんじゃないのとこの時思った。

普通に獣人相手だったからここもクリア。さらに奥に進むと巨大な空間がある。そこには壁画が…おや?なんですかその未来都市みたいな壁画は。しかもサンダーバード3号まで描いてあるじゃないか。レーナ達は見た事もない字だと言うが、その肝心の字は見られなかった。でもマイルは見たよね。そしてあれ?と思った筈。

その近くには檻の中に小さい女の子が閉じこめられている。これが学者先生?でも未だちっこい。と思ったら年齢はマイル達より遙かに上で、長寿種族のドワーフ…じゃなくてエルフ。

学者先生のクーデレイヤを連れ帰ればクエスト達成の筈だったが、そこに出現したのがドラゴン。しかもこの世界最強の古龍。だからメーヴィスの剣もポーリンやレーナの魔法も全く通じない。私がと言ったマイルの攻撃も効かない。そりゃそうだ。何しろマイルは通常では圧倒的な能力があるが、それはこの世界の最弱の能力と、この世界の最強の能力=この古龍の平均値だから並みの人間よりずっと上なものの、最強値と出会ってしまったら敵わない。

そんなマイルを古龍は尻尾で一蹴。壁に叩き付けられて血を吐いて動かなくなるマイル。それを見たレーナ達、マイルは未だ死んでいない。あの時、人はあっさり死んじゃうんですよと言ったけど、でも死んでいない。マイルが何とかなるまで自分達がこの古龍を何とか防ぐのだと挑む事になる。
参考資料

さて次回最終回どうなってしまうのか。この作品だからいくらなんでもマイルが死んで終わりとかにはならないんじゃないかと思う。また転生(生き返り)かな。それもさる事ながら、何故古龍が獣人を使役して何かを作らせ、そして学者先生を拘束していたのか。古龍ならそんな事をする必要は無いのではないかと思う。そこにマイル達が最強の相手に対して無事に済む鍵があるのだろう。サンダーバード3号の壁画と合わせて。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« ライフル・イズ・ビューティフル・第9話 | Start | 神田川JET GIRLS・第10話 »