« ライフル・イズ・ビューティフル・第6話 | Start | 神田川JET GIRLS・第6話 »

私、能力は平均値でって言ったよね!・第7話

赤き誓いのみんな、まるでブラック企業で働かされた従業員の様に身体が動かない程に疲れていた。赤き誓いのブラック企業オーナーはレーナ。いや、私だって動けない程疲れているとレーナが反論しても、ブラック企業ではそうやって雇用主も同じ位疲れているからお前等も働けって言うんだよねと言われてしまった。ポーリンはそう言う雇用主が居るとしってそれは商人の面汚しだと怒る。

結構蓄えも出来たし、休暇を取ろうよとメーヴィスが提案。レーナもポーリンも賛成したので明日以降ちょっと休暇をする事にした。メーヴィス、明日は寝坊するぞと言っていたのだが、翌朝マイルが起きてみたら既にメーヴィスもレーナも起きていて居ない。残っていたポーリンは赤き誓いの出納帳を書いていたが、ポーリンはこれまでの収入と支出を全部覚えていると言う。

メーヴィスは行き先を教えてくれたが、レーナは頑として行き先を教えてくれなかった。何をしているのかとメーヴィスの様子を見に行くと、カフェで本を読んでいる。あの空間だけお貴族様な雰囲気が漂う。これを見たマイルはもしやアンドレとか言う名前の知り合いが居るのではと。
参考資料

レーナの方は行き先を告げずに何をしてるのかと思ったら可愛いアクセサリーを漁っていた。レーナが言わないでどこかに出かけたと聞いた時はまさか一人でまたヤバイ事をしに行ったのかと思ったが、他愛のない方で良かったwしかしレーナにしてみればこれを知られたらムッツリぶりっ子レーナと言われてしまうと、レニーに知られた時に頭を抱える程の事なのだ。そう?でもレニーもそう言うのが好きで、でも選ぶセンスが無いから教えて欲しいと言う仲間となったのでその心配は解消。

メーヴィスが本当に貴族の子女なんだなあと感心するマイルだが、ポーリンから見たらマイルだって貴族の子女。でもあんな扱いされたから貴族の子女のたしなみが身についていない、と言うのってポーリン達に話した時はそこまで言わなかったのか。ナノちゃんが視聴者に話した時はちゃんと言ったのに。

休暇で一人で過ごす事になったマイルだが、何をしようと考えたものの、何も思いつかない。前世では一人で過ごすのなんていくらでも出来たのに。そもそもテレビもネットもマンガも無い。マンガが無ければ作ればいいじゃない、ってマインと同じ発想にはならなかったか。

で、何をやるのかと思ったら、ジャンプしてひれ伏す。何だそれはと見てたら「ジャンピング土下座」の練習だと。いや、そんなものいつ使うんだ(今回使ったw)。

一人で過ごす方法が思いつかないと言うところで、なるほど、これはこちらの世界に来てレーナ達と一緒に過ごすのが日常になったから一人で過ごす事が出来なくなった、それは良い傾向ではないかと言う流れなのだろうと思ったらその通り。

最後にはみんなでさいころ倶楽部をして休日を過ごす。
参考資料

 

折角の休暇だから外でもみんなで遊びたい。だったら海水浴へ移行とマイルが提案する。海水浴って何だ?こちらの世界でも今の様な海水浴が日常に取り込まれたのはごく最近だからね。それまでは全然そんな習慣が無くて、やがて富裕層で健康に良いと海辺に出る様になってやがて今の様な姿になったので、レーナ達が知らないのも無理は無い。

海水浴の提案は受け容れられたが、だったら水着が必要。水着って何だ。それは海に入っても大丈夫な服。マイルが作ると言うのでレーナ達がひとりひとり部屋に呼ばれてサイズを測られる。いや、何で一人一人。

どこのビーチに行くのかと思ったら、馬車に乗って普通の海岸の町に来た。この世界には海水浴用のビーチがあるのかなと見てみると普通に砂浜。そこでマイルはみんなに水着を渡すものの、やけに布の部分が少ないと渋るのでここでジャンピング土下座発動。お願いします!

着替える場所も用意して(これも元ネタがあるらしい)、メーヴィスから順番にお披露目。ポーリンがアウトってのは別の意味でアウト。マイルは定番どおりに服の下に既に着て来た。そしてレーナのあの鬘は何だ。

折角水着になったのに泳ぐのではなくて、マイルが用意して来た小道具で水辺できゃっきゃうふふするのが女子の海水浴。確かに思い切り水泳しなくても水鉄砲で遊ぶのは海で遊ぶ意味あるよね。
参考資料

ところがこうしてビーチでパラソルの下で寝そべっていると「海水浴」の習慣の無い現地の人達が群がって来て、おなごのくせに下着の様な姿で居ると言い出した。まあそうでしょう。我に返って恥ずかしがるレーナ達。

定番の替えの下着を持って来ませんでした状態でマイルはみんなと一緒に帰るのだが、その時にポーリンが兵士を見かけて姿をくらませてしまった。次回何に繋がるのか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« ライフル・イズ・ビューティフル・第6話 | Start | 神田川JET GIRLS・第6話 »