« ぼくたちは勉強ができない!・第5話 | Start | 私、能力は平均値でって言ったよね!・第5話 »

ライフル・イズ・ビューティフル・第4話

射撃部の休日。

朝起きたらいい天気、こんな日は二度寝と寝てしまうひかり。晴れた休日に寝るなんて何て贅沢な。母がいい加減に起きなさいと起こすものの、リビングでまたぐったり。精神的に疲れてるんだよ、ホントだよと。まあ確かにそうかもしれない。

一方雪緒は朝早く起きたものの、何もするあてがなくて街をさまよっていた。すると猫発見。その猫を追いかけて、大きなJRの駅の改札を抜けて電車に飛び乗ったら快速で次の停車駅は戸塚だそうだ。と言う事は乗ったのは横浜駅。普通車に乗ったのにグリーン車1階席に移動してる。ちょっとした小旅行ねと言うけど戸塚で降りるどころか左手に海が見えたのでそれって大磯迄行ってないか。本当に小旅行。
参考資料

エリカは宿題を終えて暇になって、誰かを誘って買い物とか思ったが、断られたらどうしようと逡巡。この辺のいつもは強気なのに臆病さが良い。と思っていたらあきらがやって来た。暇だからと。最初は迷惑そうな雰囲気出していたのに、エリカ母にエリカは射撃をよくやっていると褒めてくれてもっと言って状態に。

泉水は読書。正座して読書か。そこにひかりからのお誘い。駅前に買い物に行こうと。背景が夕方近くになっていたから今から?と思ったが、泉水は夕食の買い物があったので行くことにする。夕食はしゃぶしゃぶ。しゃぶしゃぶ、イイネ。今晩と今週の材料はもう買っちゃったから来週しゃぶしゃぶにしよう。

充実した休日を過ごしたひかり(そうか?)、月曜から頑張るぞと言ったのに月曜の朝も二度寝。うん、充実した休日を過ごしたのは雪緒だけではないか。日焼けしたし。

まりなとあこが射撃部の見学。ひかりが日頃色々話すので興味を持った。これで射撃部の活動を見てくれたら話が出来る様になると喜ぶひかり。

ビームライフルと言えどもラインからはみ出てはいけない。ビームじゃない場合からのルールなんだろう。実弾だと危ないから。

あこが試し撃ちしてみる。素人だからか、あのジャケットを着ていないからか、椅子に座っての射撃。立って身体の固定できないから。最初はちょっとはずしたけど、ひかりのアドバイスでいい感じに当たる様になった。アドバイスしたひかりより素質あるかも。
参考資料

あこ、見学したおかげでひかりの頑張りを見て自分も頑張らねばと意気上がる。

 

しかし射撃部に危機が。大会に出られないかも。部の設立の時に兼務してくれた顧問の先生が将棋部に専念する為にやめてしまった。顧問が居ないと大会に出られない。でも今迄と同じ様に名目上の顧問を誰かにお願いすればいいじゃないとエリカが言うから、それで行こうと先生方をあたってみたが誰もOKしてくれなかった。

ところが一人手の空いている先生が。鶴巻裕子先生は折角教師になったものの、引っ込み思案でなかなか生徒と交流出来ないし、新年度の部活顧問の決定の時も手を挙げられなかった。なるほど、新年度開始の時は未だ射撃部が無くてその時点で顧問の割当完了。その後射撃部が出来たと言う流れで手が空いているのか。

そう考え事をして歩いている時に雪緒とぶつかる。雪緒が取り落したケースの中身を確認。無事かどうか見てみたんだな。それで鶴巻先生は射撃部があるのを知る。と言う事で鶴巻先生の方から射撃部を訪問して、おずおずと顧問を探しているみたいだから顧問になりたいと噛みながら言った。元々、オタ系で少女が武器を持つ場面にあこがれていたのだ。射撃は素人だけど。
参考資料

お互いの望みが合致して鶴巻先生が顧問に就任。エリカはこの人で大丈夫なのかと心配したが、鶴巻先生が作る部員募集のポスターがアニメの何かの作品のポスターで評判にはなったが、部員募集には繋がらなかった。

素人だから当然何も分からなくて、ジャケットが防弾服だと思ったし(そりゃ初めて見たらそう思うよね)、先生に射撃の部活動を説明する事になって先生の家を訪問した。立派なマンションだったが(どこの土地か分からないがあれを新人教師の給料で借りるのは結構大変なのでは)、オタ系の期待を裏切らずに部屋の中が物で一杯。しかもamasonの箱で埋まっていた。いや、せめて箱から出せ。やたらとでかい箱で送って来るから中身を出して箱を処分したら随分違う。

居場所が無いからみんなで片付けをする事になった。捨てましょうと言われても本人には宝物なので捨てられませぬ。何とか片付け終了。いや、いくら場所を移動してもあの状態からその状態にはならないぞ。やっぱり中身を出してダンボールを破棄したか。

片付けが済んで、お疲れ様で帰ろうとしたが、それじゃ何の為に来たのかわからない。やっとレクチャー開始。ちゃんとした部活なんだと改めて思う鶴巻先生だが、だとしたら未経験の自分で大丈夫なのかと。でもそもそも経験者が顧問やってる学校はそうそう無いからと言われた。

他の高校への挨拶などを顧問がする。他の高校、県内には強豪三校がある。先日練習試合をした王者朝香学園、古豪伊勢丘高校、近年成長著しい桐谷第一。でも県内にはこの三校と千鳥の全部で四校しか射撃部のある高校無いんだけどね。たった四校だけど、全国大会には県から5名しか出られない。朝香とか部員が沢山いたから楽ではない。

ひかり達を送り出して「人知れずやる気を出した鶴巻先生でした」。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« ぼくたちは勉強ができない!・第5話 | Start | 私、能力は平均値でって言ったよね!・第5話 »