« 私、能力は平均値でって言ったよね!・第8話 | Start | 本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません・第8話 »

神田川JET GIRLS・第7話

ヘルズ・キッチンさん、今回は謎の生物を探す番組に出演。神田川に棲息すると言う神秘の巨大生物「にゅうにゅう」を追え!

今回はこのコメディ路線で行くのかと思ったらそうじゃなくてパン・ツウィが釣り竿でにゅうにゅうを釣ろうとしてパン・ティナの水着の上の方を釣ってしまってぽろりをすると言うイベントだった。

この番組を見て凛がすごかーとか驚いていたが、ミサからそんなのを見ていて期末テストは大丈夫なのかと言われてしまう。でも凛は大丈夫、今迄赤点取った事が無いからと。色々ダメだ。そもそも赤点でなければ良いと言う基準からしてダメで、しかもそれが何故かしらないけど赤点にはならなかったと言う根拠なのだから。

案の定、凛の数学のテストは赤点でした。
参考資料

凛はミサに助けてと泣きつくが、ミサは自業自得だと最初は突き放すのに凛に抱きつかれて困ってしまったところへ生徒会長文ヶ登場。いちゃいちゃ禁止。文ヶが我慢ならないのは凛が赤点をなんとかしない限りジェットレースの練習が出来なくて、ひいては文ヶの念願のかぐやを倒すと言うのが遠のくからだ。だから叱咤激励するのだが、なぜここで文ヶが陽向の元で汗だくになる描写が入る。

ミサにも文ヶにもあんな事を言われたのに、凛はちょっとだけ、ちょっとだけだからとレーシングマシンシミュレーターに乗ろうとしたりしてミサに止められる。だったら着替えだけでもって、着替えてどうすんだ。

仕方なく凛は図書室で勉強しようと向かうと、キリコが図書室で何か読んでいる。キリコが読んでいたのは「ジェットレースの友」のバックナンバー。なんと中学時代のミサが載っていた。あらかわいい。
参考資料

それによるとミサはその頃からシューターとして将来を嘱望されていた。しかしだったら何故ジェットレース部の無い浅草女子に来たのだろう。しかもジェットレース部の無い浅草女子に来ておいて、未練がましくシミュレーターに乗ってみたり自主トレしていたりしたのだから。

ともかく凛は頑張った。その甲斐あって追試で合格。これで晴れてジェットレースの練習が出来るのだが、どうもヘロヘロだぞ。だからミサと一緒にランニングに出て書泉ブックタワーの近くの和泉橋を渡るところで倒れてしまった。

寮に戻ってみなととひなに診て貰ってどうやら風邪だろうから寝かせておこうと言われる。風邪ではなくて知恵熱ではなかろうか。

よく見たら風邪で寝かされたので凛は二段ベッドの下に寝てる。つまりいつものミサと凛と入れ替わり。だからミサが上の凛のところで寝る事になるが、必然的にあのイルカと一緒でしかも抱きしめると凛の匂いがしてみたり。

翌日はミサがおかゆを作ってくれた。風邪だおかゆってのは一般人の世界では定番なんだろうか。そしてミサ一人でランニングの練習に出たら川辺でエロギャルコンビと遭遇。にゅうにゅうを自分達が釣るんだとか。でもいつも賑やかな凛がいないからどうしたと聞いて、凛が風邪で寝ていると知る。

ミサが戻ってみると、凛はもう起き上がれる程になっていた。さっき丁度ピーチ&オレンジの二人からアイドルコンサート行かないかとLINEが来て、風邪ひいて寝てるから行けないと返事をしたところだった。これはエロギャルコンビとピーチ&オレンジコンビが凛の見舞いに来るパターンだな。

案の定、ミサが凛の汗かいた身体を拭いてやっている所へエロギャルコンビがやって来た。中に入ろうとしたら中から妖しい会話が。やべーあいつらやる事やってるなとか言い出すエロいゆずと、それを聞いて顔を赤くするマナツ。でも中からミサが開けてすぐさま妄想だったと判明。エロギャルコンビ、風邪ひいてねこんだ時に自分達が欲しくなる物買って来たぜと大量にお見舞いの品を持ち込んだ。そこにやっぱりピーチ&オレンジコンビもオレンジ缶とピーチ缶を大量に買って見舞いにやって来る。凛の人望の厚さは尋常ではない。

凛は夢を見る。
参考資料
母が迎えてくれる夢。熱にうなされている最中だったら「そっちに行っちゃだめ」と言う場面かもしれないが、これは母が亡くなってからいつも見る夢だった。今回はミサに呼ばれて目が覚めた。うなされて涙を浮かべていたからミサが心配したのだ。凛はミサに母の事を話す。

次回、え?にゅうにゅうネタって今回のアバンのネタだけじゃなくて次回にも引っ張るの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 私、能力は平均値でって言ったよね!・第8話 | Start | 本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません・第8話 »