« 神田川JET GIRLS・第7話 | Start | 放課後さいころ倶楽部・第9話 »

本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません・第8話

ルッツに疑われたかと思ったマインだったが、ルッツは従前と変わらぬ感じで接してくれる様になった。仲直りできたかな。でももうマインをマインって呼んでくれなくなったんでしょ。

ベンノに小屋を用意して貰い、竹ひごで簀を作ろうとしたが、竹ひご作りは難しい。これはもう専門職人に頼んだ方が良さそう。取り敢えず材料の木材を引き取りに材木屋へ行く。そこではどんな木材が欲しいのかと問われて作りたい物をマインが言うが、それではダメ。蒸気にあてられても変形しない乾燥した木材と言って初めて選ばせて貰えた。

一緒に原料を叩く棒を貰うのだが、叩き台まで頭が回っていなかった。当然発注書にはそれが書かれていない。そこでマインがその場で発注書に書き足す事にする。材木屋はこんな小さい子が発注書をと驚く。構わずにマインが書き足すが、それをルッツが疑惑の目で見る。材木屋が確かにちゃんと書けていると驚くが、ルッツはそれを聞いて益々疑惑を持った。
参考資料

ついでに竹ひごが欲しいと言ったが、これは細かい仕事なので細工師の仕事だと言って紹介してくれる。細工師は竹ひごのサンプルを見て真っ直ぐな物かと、たしかに自分の仕事だなと言ってどう使うのか聞く。簀の絵を見せるとこれは丈夫な糸が必要だから糸問屋へ行けと言われ、マインは早速行こうとするが、無理をしそうなマインをルッツが止める。

言う事を聞かないマインだったが、マルクもやって来て自分が抱き上げて連れて行かねばならないなとマインを抱えて細工師と共に糸問屋へ向かった。

こうして紙作りの道具は揃う。晴れて紙作りに道具を持って森へ。川辺でお湯を作っている間、ルッツが材料を取りに離れた。その間にマインが周りに木切れが無いか見渡したら赤い何か実の様な物が。

マインが取り上げたらジリジリと熱くなって思わず放り投げるとそこで破裂して触手みたいなものがニョキニョキと。ルッツを呼ぶと、ルッツはそれを見てこれはトロンベだ!とみんなも呼んでトロンベを刈りだす。なんとか全部刈る事が出来た。
参考資料

あの段階で切っておかないと巨大化して周りの植物を吸収して、そうなったらもう騎士団でないと刈り取れない。それにしても今はトロンベが出現する季節ではないし、周りの植物をあまり吸収もしなかったのに何故あんなに急成長したのだろうと不思議がる。ひょっとしてマインの身食いの魔力がトロンベを育てた?

折角こんなに若い枝があるんだからトロンベで紙を作ってみようとトロンベを蒸す。そして川で晒して皮を剥いたらするすると向けて良い材料になりそう。一方トロンベはそんなに簡単に手に入らないから他の木でも試そうとルッツは他の材料も取りに行く。

次はどうするんだと聞くルッツ。それに淀みなく答えるマイン。
今日は皮を煮込む。でも菜箸が無い。そこでマインはルッツに長い棒を二つ作ってもらう。その程度ならルッツにも容易い。出来上がった二本の棒を起用に使ってマインが皮を煮込む。箸を器用に使えるのなんて東洋人にしか出来ないですよ。ルッツは益々疑惑を深めた。

出来上がった繊維からツブツブな部分を取り除き、ルッツが叩いて潰しそこに粘り気を加えて船水(と言うらしい)が完成。これをすいて揺すって均等に平らに。ここまで来たら知ってる工程だと思わず漏らすマイン。いつそんな事を知ったんだと言うルッツ。

ともかくこうして平らにして乾かす。夕方には乾くだろう。もうここまで来たら話をしようとルッツは切り出した。

おまえは誰だ。

こんな色々な事を知ってるのがマインの筈が無い。それにマインは、麗乃はそうだねと言うから、本物のマインはどこに行ったと言うルッツ。本物のマインを返せとの言葉に麗乃はいいけど、自分が消えたらもう死体にしかならない。

お前が熱でマインを食べたのかと言われて麗乃はマインを食べたのは確かに熱だと思う。でも熱の原因は自分じゃない。それじゃ納得出来ないルッツ、お前が悪いんだろ、悪いって言えと強要する。誰かが悪者じゃないと納得出来ない。

でも麗乃だって好きでこうなった訳じゃない。別の世界で死んだ筈だったのに何故かこの身体の中に入った。わざわざこんなに弱い身体を乗っ取るか。

ルッツが自分に消えて欲しいのなら言って欲しい。だって一度紙づくりに絶望して熱を出した時にそこからすくい上げてくれたのはルッツ。もう紙も作ったし、ルッツをオットーに会わせる約束をしてルッツはベンノの知己を得た。役割は終わったんだ。

いつからおまえがマインになったんだとルッツが聞くと、一年ほど前から。そんな前から。その頃からルッツはマインと仲良くなったのだ。おまえが消えるべきかどうかはおまえの家族が決める事だ。マインの家族はおかしいとは思ってるが、でもギュンターとかはおかしくても元気ならそれでいいんだと言っていた。

ルッツはそのままで良いと言う。だって自分が知ってるマインはほとんどお前じゃないか。自分のマインはお前なのだと。これでマイン=麗乃の気持ちは落ち着いた。
参考資料

そしてやっと紙が完成。試作品をベンノに見せた。二種類見せた。字がちゃんと書ける。羊皮紙より書きやすい。これなら合格だ。晴れてルッツはベンノの見習いに。

ベンノは白い方が品質が良いと言うが、マインがじゃあトロンベで量産出来ないかなと言い出すと、驚いたベンノもルッツもそんな事できるか!と。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 神田川JET GIRLS・第7話 | Start | 放課後さいころ倶楽部・第9話 »