« ちはやふる3・第4話・第5話 | Start | 放課後さいころ倶楽部・第6話 »

本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません・第5話

そうこうするうちに夏がやって来て、この世界では7歳になった子が夏に洗礼式を受ける習わしになっている。トゥーリがそれで、以前マインと母エーファが作った髪飾りをつけて洗礼式用の服を着る。トゥーリかわいいよトゥーリ。
参考資料

洗礼式に参加する子供達は広場に集まっていた。よそのおばさんがやっぱり女の子は可愛いねとトゥーリを褒める。さらに綺麗な髪飾りまでしていてみんなが集まって来た。これはマインが作ってくれたんだよと言うと、マインは変わった料理以外にもこう言うのが作れるんだねと。「変わった料理」が評判になってるのか。

愈々洗礼式開始で沢山の子が移動を始めてちょっとおずおずとしていたトゥーリの背中を笑顔だよと押してくれるマイン。どっちが姉なんだか。マインの中味が大人の女性だから仕方ない。

門番の仕事に行かねばならないギュンターは後ろ髪を引かれる思いでマインに促されて城門へ。ところがギュンターもオットーも居ない所へ別の兵士が通行証を携えた人が来たからオットーに読んで貰おうとやって来た。オットーが居ないからとそのまま待たせてはいけないと代わりにマインが読んでやった。ある貴族の紹介で移動する商人だそうで、そう言う待機場所に連れて行けば良いだろうと言ったところで父が連れに来る。連れ出されながらもオットーに伝言するマイン。

洗礼式の場面は描かれない。トゥーリの土産話だけ。洗礼を受けたトゥーリには両親から針子の衣装と道具のプレゼント。大事に使うんだよ。

その場にマインが居ないなと思ったら、洗礼式を受けるトゥーリの為にスープを作っていたのだ。野菜を星やハート形に切ったスープは美味しかった。エーファもこんな形に野菜を切るなんてと感心していた。

マインは将来何になりたいと聞かれて「本屋」と答えるが、本屋の意味は相変わらず家族には通じない。まあそれでもなりたい物があるのならそれで良いと言うギュンター。

さて本屋になるにしても本作りは未だ成功していない。粘土板=メソポタミアがダメなら今度は木簡=中国で行くかと。粘土板よりもそっちを先に思いつくと思ったんだが。ギュンターからはナイフのプレゼントを貰っていた…そうか、道具が無いから先に粘土板を選択したのか。

森に行った時にほどほどの大きさの木を選んで木簡を作り始める。木の枝から切り出す作業は楽ではない。マインの力で出来るんだろうかと思ったが地道に作り始めた。ルッツも興味を持って一緒に作ってくれる。かなり形になってやっぱり乾燥させようと思ったが、また爆発とかさせちゃダメだから自然乾燥させろとルッツに言われる。

紙の代用の方はこれで良いとして、次に必要なのはインク。オットーが羊皮紙に書いているのを見てインク欲しいと言ったものの、実はインクは高価で対価は3年ただ働きでしかも前借り不可。これは厳しい。

仕方ないから自分で作るしかない。アクを利用しようと思ったら、エーファからはアクは石鹸など色々使えるからダメと。アクがダメなら竈の煤だと煤がと言いだしたら掃除してくれるのねありがとうと掃除の格好をさせられる。
ナニコレかわいい。
参考資料

しかし煤を水に溶いただけではすぐに分離してしまってうまく書けない。何を媒体にすればと考えた末に例の粘土を使う事にした。それで大丈夫なのか?パステルってこう言う感じなのかな。しかし粘土を使ったパステルの書き味は試せなかった。何故なら薪と一緒に置いておいた木簡はエーファによって燃料としてくべられてしまったからだ。

まただ。また自分の本を作る努力は台無しにされた。こんなに頑張っているのに何をやっても潰されてしまう。そう感じたマインに、あの粘土板を踏みつぶされた時の様な変化が起きて、今回は熱を出して気絶してしまう。
参考資料

ルッツが見舞いに来てくれる。マインの倒れた事情を聞いて燃やされちゃったかーと。どうやらその後ルッツは竹簡を作ってくれたらしい。竹あるじゃん。だがそれも母に燃やされてしまった。それどころか竹を火にくべたからはぜたみたいだけど。もう何をやってもダメなのかなと思っているマインにルッツが希望をくれる。不思議な事に希望を貰ったら熱がすっと下がった。

ルッツとはオットーと会わせると約束していた。ルッツがなりたいのは旅商人。とは言っても賢いマインはルッツがひそひそ話でマインに話した事から旅商人と言うのはなりたい職業としてはあまり歓迎されないのだろうと予想はしていた。だからオットーからもそう言われて、だったらオットーの経験を話してルッツを説得して貰おうと考える。オットーも承諾したから会う約束を取り付けていたのだ。

今回の話は木簡も竹簡も燃やされて進展があまり無かった。
しかし熱が謎のものだと言うのだけは分かる。何の影響だろうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« ちはやふる3・第4話・第5話 | Start | 放課後さいころ倶楽部・第6話 »