« ぼくたちは勉強ができない!・第3話 | Start | 私、能力は平均値でって言ったよね!・第3話 »

ライフル・イズ・ビューティフル・第2話

ビームライフルは弾は出ませんが、銃声は出ます、で思ったが、ビームなので射撃の反動は無いんだよね。その辺は実際にやってる人達はどう思っているんだろう。リアルでライフルを使う時は嫌でも反動がある筈だからビームで培った射撃の腕が活かせないんじゃ。

銃声は機械が出しているのだが、いつも同じ音しか出ないとひかりが気にする。何か気になったら集中出来ない。ビームライフルならガンダムのビームライフルの音したらいいんじゃないだろうか。
参考資料

今日は実戦形式で練習するわよ。エリカが常に部活を引っ張っていくタイプ。ひかりにルールを確認するものの、ひかりは覚えてない。お前は小学校の時からやってるんじゃなかったのか。そして何故こんなのに中学の時に負けたのかと悔やむエリカ。

それにしてもど真ん中が10.9って何故そんなに半端な数字なのかと思ったら、的の範囲内だと10点で中心に近い程0.1刻みで数字が上がるのか。60発が制限の弾数で、制限時間は45分。したがって満点は10.9*60=654。

ひかりは1発に1分もかけられないのかと残念がる。エリカがチンタラ撃っていてもダメとひかりに言うが、1発々々を大事にしたいと言うひかり。

こんな話を知っているかしら。
おい、雪緒、おまえはダー様かよ。
そしてそのマリー・アントワネットの例えが今回のにどうかかるのかよく分からん。

試合形式の練習開始…えーと、ひかりだけ王冠が光ってませんが?
参考資料
原因は機械の故障…な訳ない。

春先だけど今日は7月並の気温。通気性ゼロのジャケットだと我慢大会。窓を開けたいと言うひかりだが、エリカは目が乾くからダメと。そういえばカーテンも締め切ってるんだよね。余計な灯りが入らない様にする為か。反動の件と良いビームライフルって実用での環境には合わないなあ。

35分経過してひかりの得点が低くてみんなには追いつけなさそう。最後の一発だけはと思ったのにクシャミして0点。最終結果はエリカが594.2、泉水が579.2、ひかりが571.0、雪緒が484.4。満点が654だと600点は越えたい気持ち。それにしても雪緒が低い。よく見ると前半はエリカ以上だったのに途中から点数が急降下している。花粉症の薬が切れたとか。

家で何かトレーニングしてるかとエリカが問うと、ひかりはポーズを鏡で見てる。雪緒は瞑想。瞑想は集中力には良さそうだ。筋トレは要らないらしい。エリカ、腕まくりして腕を曲げて見せるが力こぶが無くてフニフニ。ああ、私と同じですね(コラ

射撃もさる事ながら中間テストが目前。ひかりは一旦泉水に頼らないで自分の力でやるよと言うものの、え?テスト近い?とか。その結果学年順位はエリカが3位、泉水が10位、雪緒が1位、ひかりが123位(125人中)。射撃部、三人でベストテン入りとか凄いな。そしてひかりも別の意味で凄いな。泉水に引っ張ってもらって何とか入学した学力だからなあ。

ひかりがエリカに聞きたい事があると言って来た。明日はソフトボールでフォークの投げ方を教えてくれと。ソフトボールにフォークは無い、ドロップならある。私もひかり達と同じくその二つは同じ様なもんじゃないかと思った。

体育なんて無くなればいいのにねー。私も高校に入った時に、高校に来てまで未だ体育があるのかとショックだった。そんな訳でキャッチボールもひかり程度しか出来ない。だってあんなボールが勢い良く飛んで来るのに、怖いじゃないか。

そんなひかりの運動音痴を眺めていたエリカは突然授業中に指されて英語を読み上げる事に。でも場所さえ分かれば答えられる。さすがハーフねと言われるものの、エリカはロシア人とのハーフなのだ。ではロシア語が出来るとおっしゃる。

泉水もひかり並に実践ではソフトボールはダメだった。それで自分は本の知識だけのマニュアル女よと言うのだが、あれ?ひょっとしてこれが泉水のキャラの特徴?

ひかりが何か落ち込んでいた。何に悩んでいるのかと思ったら何を目標にすれば良いのか、だってオリンピックは目の前ではないかと言い出した。そりゃエリカも雪緒も相談を切り上げて無視する。未だオリンピック言っていたのか。

目標なら射撃会があるじゃないか。大会の予選は6月下旬。もうあと一ヶ月程度しかない。エリカは予選落ちで終わるだろうと冷めていた。やっぱり一番良いエリカでも600点に届かないのは実力が低いのか。全国大会は広島。広島観光したかったと言うひかり。

泉水がひかりに提案したのはライフルジャケットの隙間を埋め合わせる為にぐるぐる巻にしてしまえば良いと。そんなのルールを知らなくてもそれがダメなのは分かるだろう。
参考資料

雪緒の提案で他の高校と練習試合するのが近道だと言う。射撃部のある高校に連絡して練習試合を申し込もう、おねがいねエリカちゃんって、エリカ頼みか。エリカまた自分かと嫌がるが、最後には折れた。それにしても射撃部のある高校ってそんなにあるのかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« ぼくたちは勉強ができない!・第3話 | Start | 私、能力は平均値でって言ったよね!・第3話 »