« 荒ぶる季節の乙女どもよ。・第9話 | Start | Re:ステージ! ドリームデイズ♪・第9話 »

ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-・第9話

ヘファイスティオンの夢を見ていたグレイ。気がつくとエルメロイII世は眠っていて、カウレスによると峠は超えたそうだ。一緒にオルガマリーも起きて、カウレスの電気魔法が大したものだと言うが、数週間前に習ったばかりだと言うので、現代魔法科に舌を巻く。

エルメロイII世がこうなってしまった理由をオルガマリーは聞く。ヘファイスティオンに襲われてこうなった訳だが、イスカンダルの第一の腹心と名乗ったのはサーヴァント。サーヴァントを召喚するのは簡単な話ではない。したがってやはりこの列車の中に犯人が居る事になる。サーヴァントが出現したと言う事は何某かの聖遺物があって、さてはエルメロイII世一行は魔眼オークションが目的ではなくて、聖遺物を奪われてそれが出て来るのではないかと乗り込んだのだなと見抜かれた。ロードをはってるだけあって察しが早い。
参考資料

しかし奇妙な点は、普通英霊は正体を知られない為に真名を言わない。武器の特性で普段は呼ばれる。セイバーとかアーチャーとか。今回は何故名乗ったんだろう。

と言うところで列車に異常発生。線路に何かを仕組まれて列車の制御も効かず、アインナッシュの仔に向かわされてしまう。アインナッシュの仔に突入してやっと停車。運転士からのアナウンス、お客様の安全は個々において確保する様にと。

外は激しい吹雪。グレイが外の様子を見に出ようとしたのをオルガマリーが死にたいのかと止める。外には三人の術士がいた。こんな吹雪、炎で消し飛ばせてみせようと。いやあ、アインナッシュの仔の威力を見せる為の犠牲者さん、お疲れ様。
参考資料

炎を吹き出して、一時的に吹雪は止むものの、消し飛ばした筈の方から樹が伸びてきて三人は串刺しにされてしまう。オルガマリーはともかく、自分の部屋で身の安全を確保すると言って出ていってしまった。未だグレイ達を完全には信用していないのだ。

獅子劫さんとルヴィアさんが何を見てるのかと思ったら、ゾンビクッキング。何がどうしてそれでうまい料理ができるのかわからないが、ともかくこのジャンマリオ・スピネッラは情報屋で、七年前にロンドンで首なし死体が見つかった事件についてまず答える。それは結局犯人が分からなかった様な結末らしい。この話、何かのブームなのか。この間も天体科の女の子が話を聞きに来たと言うのだ。ここでルヴィアが情報料の小切手。その名はトリシャ。

え?トリシャ、斬られた方なんだけど。

そして他にも動いている人、居たよね。列車の外からドンドンと叩く音がしたのでグレイが見に行ったら地の着いた手が窓に伸びる。ゾンビが?と思ったら、あのメルヴィンだ。そう言えばよく血を吐いていたな。どうやって来たのかと思ったら、ヘリで近寄ったところでアインナッシュの仔に撃墜されてしまったのだそうだ。よく生きていた。

エルメロイII世を見て、一体自分以外のどこのどいつがエルメロイII世にこんな真似をしたのかとたいそうご立腹。

グレイが答える前にカラボーとイヴェットがやって来た。そもそも直接手を下したのはヘファイスティオンかもしれないが、それを操っていたのが誰かは分からないしね。

カラボー達はこのアインナッシュの仔を封じる手助けをして欲しいと言うのだ。このまま足止めされてしまってオークションが中止になったら自分はこの魔眼と次のオークションまでまたずっと付き合わねばならない。だから何とかしたい。

グレイは賛成した。このままでは師匠の状態がよろしくない。カウレスも手伝うと言う。そしてメルヴィンも手伝うと言う。エルメロイII世をこうしちゃった奴が居るのなら排除するかと言う気持ちかもしれない。メルヴィンの調律によってグレイもイヴェットも魔術の力が増幅。

こうして四人は列車の外に出て封印を始める事にした。イヴェットの魔眼で霊脈を探知。カラボーの剣で封印。結構うまく行きそうだが、アインナッシュの仔はこれで五人が敵と判断して襲って来た。それから逃げながら霊脈の封印に向かうがアッドが反応したやっべーのが来るぞ。あれか!

グレイは三人を先に行かせてあれを待つ。ヘファイスティオンだ。グレイの方はヘファイスティオンとの死闘を開始。三人の方は霊脈の封印。封印の方は成功して列車に魔力が復活。三人は列車に戻るのだが、グレイはそのままヘファイスティオンとの戦いを続ける事になってしまった。

一方、列車の中ではオルガマリーが偶然から仕掛けられていた魔術を発見。そこの鍵を開けてみたらボトっと落ちるものが。うわートリシャの首か!
参考資料

この様子を見ていた大蛇。そう、化野がこれを待っていたのだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 荒ぶる季節の乙女どもよ。・第9話 | Start | Re:ステージ! ドリームデイズ♪・第9話 »