« ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-・第9話 | Start | コップクラフト・第9話 »

Re:ステージ! ドリームデイズ♪・第9話

ステラマリスのステージを見てうちひしがれたのを舞菜の言葉でやる気を取り戻した筈のキラリだったのに、今度は紗由の様子がおかしい。眉間に皺を寄せて歌っているとか、汗で脚を滑らせるとか。まあ足を滑らせる方はちょっと仕方ないけど。でもよく見たら紗由の目にクマができている。

練習が終わって着替えている時、舞菜はお胸が発育して来ましたなあなどと言われるが、それが原因で紗由が…(違う)。紗由はさっさと着替えて先に帰ってしまった。どうしたんだろうか。
参考資料

舞菜が家でも柔軟をしていると、そこに紗由から連絡が入る。行ってみたら学校を帰った時の制服のまま、でも大きな荷物を持っていて今晩泊めて欲しいと言う。びっくりした舞菜ではあるが、喜んで良いよと言ってくれる。勿論、叔母の家だから叔母の許可を取らないとならないが、きっとOKしてくれると言う信頼があるのだろう。案の定、確認してみたらOKだと言うし、「向こうの親御さんには私から連絡しておくわ」と言ってくれる。普通そうじゃない事だし、叔母さんから連絡した方が良いよね。

未だ風呂に入っていないと言う紗由に、じゃあ先に入ってよと言う舞菜だが、こうやって押しかけた自分が先になんて入れないと言うから、舞菜がだったら一緒に入ろうイベントを発生させる。

紗由はアヒルさん持参だった。これが無いとどうしても入った気持ちになれないと(つまるところ出かけた先で風呂に入る気が満々だったと)。風呂+アヒルと言うと一番思いつくのがひだまりスケッチのゆのなんだが、今迄描かれていて全然考えた事が無かったが、あのアヒルってお湯を噴射する物だったのか。
参考資料

一緒に風呂に入った事で紗由が重い口を開く。実は親と喧嘩して出て来たのだ。喧嘩の理由はもう中学生になったのだからいい加減アイドルとか言ってないで自分の進路について考えろと。先日の子供達の為にアイドル活動の手伝いまでしているオルタンシアの保護者(片方から見たら姉だし、もう片方から見たら母だし)とは正反対。だから思わず喧嘩になってしまった。それにしたって紗由の親、未だ中学生にそれはないんじゃないか。だから稀星学園の本校を受けさせて貰えずに高尾校に来た。成る程、アイドル目指してるのに何故本校じゃなくて高尾校かと思っていたが。

紗由は本校ではなくて高尾校に来た事で周囲には一人もアイドルを目指す子はおらず一度は諦めかけたものの、やはり夢は捨てがたく謡舞踊部で練習していた所に舞菜がやって来て助けられた。これもここまでの話の流れを納得させてくれる話だ。だから第1話であれほど舞菜に固執したんだ。

その晩、一緒に寝て、私達いつまでこうやって一緒にやって行くんだろうとの紗由の問いかけに、舞菜はずっと一緒だよ、その証拠はこれと言って抱きついて寝てしまった。翌日は少しは晴れ晴れとした顔で紗由は舞菜と一緒に学校へ。

部活に顔をだして、迷いが消えた感じになった紗由が練習に入ろうとする。これなら今日の本番も大丈夫だねと言われる。え?本番?まさか決勝戦が今日?実はこれが違った。

そこにやって来たのが紗由の両親。迎えに来たわよ。紗由がアイドルの練習をしているのを連れ帰りに来たのだ。瑞葉が間に入ろうとするものの、これは家族の問題だから口出ししないでと言われて退散。

こんな状態を誰がどうやって解決するのかと思ったが、やはり「誰が」は舞菜だったか。式宮舞菜ですと挨拶すると、前の晩に泊めて貰った子だと分かって紗由母は口出しするなモードから話を聞けるモードに切り替わる。その上で舞菜はせめて今日の紗由のステージを見て欲しいと言う。父親の方は強硬反対派ではなさそうで、さっきは妻に睨まれて引っ込んだのに折角だから見て行こうと宥める。

今日の本番と言うのは生徒会主催の稀星学園高尾校でのステージだった。生徒会主催で校内でライブをしたらみい=副会長がバレるのではないかと心配されたが、もうみいは開き直ってるんだみぃ。と言う事で、あの制服姿から「危機管理ー!」と同等の早さでステージ衣装に切り替えてライブが始まった。

生徒会役員共、既にみいのファンである。今回、デュエットの作画と曲、両方とも良いね。サバゲ部コンビにはサバゲ部の応援もあるし。父親の方はこの時点で既にノリノリである。

そして舞菜と紗由のデュエットがはじまり、母親の方まで感動してしまった。涙ですか。どんな涙なんだろう。
参考資料

と言う事で「誰が」「どうやって」説得するかの「どうやって」の方は実際に紗由が本気で歌っている姿を両親にみせて納得させるやり方だった。やるんだったら半端じゃないよ、そして勉強も忘れずにねと、親としては満点の応援で紗由がアイドルを目指す事を認める。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-・第9話 | Start | コップクラフト・第9話 »