« Re:ステージ! ドリームデイズ♪・第11話 | Start | 舞台探訪・女子高生の無駄づかい・一橋学園駅編 »

コップクラフト・第11話

市長選はカーンズ候補が暗殺され、それをやったのはモゼリーメではないかとケイとティラナが踏み込んでラーテナの気配を探したものの、よりにもよってコール・モゼリーメまでもが暗殺されてしまう。暗殺されなかった候補はドミンゴ・トゥルテだけに。だから当然トゥルテの所へもケイとティラナがラーテナの気配を探りに行く。

トゥルテは最近流行のトランプタイプの候補。ところで世間一般ではトランプタイプを嫌ってる人が多いが、今の「民主主義」形態が選挙民が首班なり議員を選ぶ形である以上は、選挙民が自分達に良しとする結果になるのは当然の事。このトゥルテも選挙民に対して極めて明確なメッセージを提示している。少なくともここサンテレサ市は地球上にある。そうである以上は地球の法律を守るべきだ。それが出来ないセマーニ人はお帰りいただこう。
参考資料

ティラナではこの主張に反論が出来ない。感情的にはそれはおかしいと思っても。そもそも今回来たのはそう言う議論をする為ではない。だからケイはこの子も勉強になりましたでその場を収める。ティラナは非常に立腹しているが、かと行ってラーテナの気配は全く無かった。

多分トゥルテは主犯じゃない。これだけ明確にセマーニ人を否定するタイプが裏で工作をする話はあまりない。話と言えば、今回までロクに登場もしなかったキャラが主犯な筈が無い(まあでもロード・エルメロイII世みたいに、登場しなかったけど痕跡を残したヤツが主犯って話はあるけど)。

その上で最後にケイがトゥルテにした質問の答えは暗示的だった。あなたがもし地球人であるか政治家であるかを選ぶとしたらどちらを選ぶか。トゥルテは政治家だなと答えた。これはシリーズ序盤でセマーニ人排斥を実は行っていたジャックとは正反対の回答。だからトゥルテはシロなのかとティラナは聞くが、ケイはそうとは言い切れないと言う。

前回の最後のブリーフィングどおり、ビル配下の市警はあらゆる方面から捜査を開始していた。キャミーとジェミーは娼婦街で聞き込み捜査。その結果、ターゲットは以前ルーが客に取っていたとの情報を掴む。その代わりまたガサ入れ情報流してねと。その娼婦、前歯が一本欠けていていかにもな描写。

二人がルーの所へ向かうと丁度中から騒がしい声が聞こえる。警察だ開けろ!じゃなくて近所迷惑だと先ずは怒鳴って、うるせえと返されたところで警察に通報するぞと。うまい流れ。だから中の男は警察は待てと言ってドアを開ける。ドア越しにルーが暴力を受けたのを見てその男をぶっ倒す。

中からルーが助かったと、馴染み(らしい)キャミーに抱きついて来る。そのルーにこの男について聞きたいと聞いてみるが、マナーは良かったがスタミナがやばかったとそっち方向の話。しかし最後にそう言えば肘の所に帽子を被ったブルドッグの刺青があったと言う。

それを聞いてジェミーはひょっとしたら古参の海兵隊の人間かもしれないと言う。そんな発想はどこからと聞かれたらM4カービン→アメリカ陸軍の武器→ミサイル慣性航法装置→レーザージャイロ→…→帝王切開→ブルドッグ→海兵隊と、Wikipedia依存症を開陳するジェミー。でもWikipedia依存症はどうやって辿り着いたかあまり覚えてないぞw
参考資料

コール・モゼリーメの件は予想どおりにマーラ・モゼリーメが予備候補に登録されていてコールの代わりの候補となる。やっぱりコールを殺して弔い合戦か。ティラナはこれを見てこっちの候補も糞だと言って憤慨する。ケイはそのとおりで、民主主義と言うのは誰が良いかよりも誰がマシかを選ぶシステムなんだと民主主義初体験のティラナに教えてやった。まったくね、近年の都民の気持ちを汲んで欲しい。

徹夜で刺青の男を捜したキャミーとジェミーがビルの前にやって来た。こいつの素性を洗うのに滅茶苦茶苦労したと。海兵隊の男と聞いてビルがけろっと言う。何故俺に聞いて来なかった。俺は元海兵隊で、知人に人事のヤツも居るのにと。

「それさぁ、早く言ってよ~」

キャミーとジェミーの嘆きが名刺管理サービスのこれを思い出すw
https://jp.corp-sansan.com/news/2017/170911_8878.html

トニーとアレクサンドルは素材工場の方へ聞き込み。トニーの元カレのツテだそうだが、今の彼に自分が元カレと連絡を取ったと知られたらどうするんだと言うトニーに、自分のスマホを渡すアレクサンドルw

こうして捜査網は徐々に狭まって行った。そして決定的なのが例のジャーナリストのランドルー。ケイにメールを送っておくから絶対見ておいてくれと言ったが、ケイが面倒くさがって未だ見ていない。そのランドルーから電話が入って見たかと言われて改めてメールを探すものの着信していない。どうもランドルー周りがきな臭くなって来た。それを感じ取ったケイが会おうと。場所を口走りそうになったランドルーに言うなと制止して目的地へ。

そこで無事にランドルーとケイは落ち合える。ランドルーが言うには最近どうも監視されている様で、ネットへの投稿も即座に消される。ケイにメールが届かなかったのもそれかもしれない。そこでランドルーがケイに見せたのはマーラ・モゼリーメと男の密会写真。怖くなったランドルーは自宅のHDDからデータを消したのでこの出力したものしかないと言う。そこに写っていたのはキャミーとジェミーが入手した「海兵隊の刺青男」。これは繋がった。怯えるランドルーに、その写真を携帯で撮ってこれでデータはお前だけの物では無くなったと言うが、これで無事に終わらなかった。

FBIがその場に集結。問答無用でランドルーもケイもティラナも拘束。そしてティラナによるとFBIの全員が死人だと言う。そして放り込まれた車の中にはゼラーダ。
参考資料
とうとう実行犯の主犯が登場。盛り上がって来たね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« Re:ステージ! ドリームデイズ♪・第11話 | Start | 舞台探訪・女子高生の無駄づかい・一橋学園駅編 »