« Re:ステージ! ドリームデイズ♪・第5話 | Start | 手品先輩・第6話 »

コップクラフト・第5話

棺桶の中に入っていたのはミイラなんかじゃなかった。セマーニの古い種族の吸血鬼。だから死体ではなくて、また血を吸えば身体がどんどん元に戻って行く。そして逃亡してしまった。

ティラナの見解では地球人の手におえる相手ではない。だがケイの見解は違う。マッチョで銃撃も得意なスワットなら包囲してどうにか出来るんじゃないのかと。でもティラナはそう言うものじゃないと言う。戦う時の嗅覚。ケイが駆けつけた時に消化器の泡を吹き付けて撃退した、ああ言うこれならどうにかと言う実戦感覚だと言う。でもこの土地のスワットならそう言う実戦感覚も持ってるんじゃないのかな。平和な国とは違って。

ケイとティラナは部長と警視に呼び出されて犯人の様子を話せと言う。既に包囲網を突破されて二人目の犠牲者が出たのだと言う。手を切り落とされてもそんなに行動出来るのかと問われたティラナが分からないと答えると、警視は「分からないですむか」と食って掛かった。

いや、ティラナ関係ないじゃないか。挙句の果てはセマーニ人などを捜査に入れるのは反対だった、文明国では文明国のやり方があると言うので思わずケイが動きそうになったのを制止したのはビル部長。

ティラナが居なかったらセシルもやられ、あいつは人知れずどこかに逃げて被害はもっと拡大していた。そもそもエクセディリカは自分の部下だ、文句があるなら自分を通せ、この小童がと啖呵を切る。

おお、ビル部長は口が悪いので多分ズケズケ言うタイプだろうとは思ったが。
警察犬は出払っていないぞと言うビルにケイはここに居るとw
参考資料

現場に行くと、トラックの運転手はやられたが、目撃者のカップルの方には目もくれなかったらしい。なんだろう、何か考えを持って行動している風がある。だとしたらどこかで様子を伺っているのかもしれない。目撃者の証言とは違う方向のショッピングモールから気配を感知するとティラナは言う。

相手は幻術によって姿を変える事が出来る。つまり見えない様にも出来る。ティラナも頑張れば出来るらしい。但しその為には裸にならないといけない。ちょっとやって見せてwティラナはケイにそう言うやらしい目で見るなと。

姿が見えないのでティラナが気配を感じながらショッピングモールの中へ。二人だけではなく、スワットも同伴。やはり突如襲って来た。ケイが持ち上げられて吹き抜けから突き落とされた。ありゃケイはもとよりティラナも飛べないからダメなんじゃと思ったら、モールの飾りと噴水に助けられて一命をとりとめた。

トニーに助けられてすぐに動ける程度で済んだケイ。一方ティラナは負けて捕らえられていた。そう、血を吸われて殺される、と言う事はなかった。その後、ティラナと吸血鬼の会話が始まる。吸血鬼と言ってもセマーニ古代の種族なので普通に意識があり思考もある。自分が放り出された社会がどんな社会なのかを探っていた。栄養摂取はほどほどに必要な分だけ摂って。

地球の、おそらく英語の本を読めない。だがパラパラとめくっているうちに固有名詞の読み方は分かった様だ。凄いな。先ずは英語がラテンアルファベットと言う音素に対応する文字であるのを理解しないと辿り着けないのに。
参考資料

ティラナが地球だと教えると吸血鬼は「ニバの書」にある大いなる門が顕現したのかと言う。「ニバの書」、これがあとでゼラーダが求めていた物だと判明する。

ここにケイに率いられたスワット突入。吸血鬼が面白い何人か吸ってやろうとまたも幻術で姿を消すものの、凄いですよ科学文明w赤外線暗視装置か何かしらないが、幻術を無視して吸血鬼の姿を認識して銃撃開始。見える、行けるぞ!w

これにはさしもの吸血鬼も逃げるしかない。ケイはティラナを縛っていた縄を切って行くぞと。ティラナ、それだけ?って顔してたな。

これまで何千年か分からない時代を生きてきたと思われる吸血鬼、幻術も効かなければ激しい飛び道具まで持っている地球人に驚く。異世界ったって同じ技術水準なんて事は必ずしもない訳で。そう言えば異世界モノで転生したり召喚された先ってほとんど全部現代社会より技術水準が限りなく低いよね。まあそうじゃないとお話にならないんだけどw

この吸血鬼を導く声あり。大塚さん=ゼラーダの声じゃないか。導かれた先には人間が立っていた。ゼラーダじゃないので操られているのだろう。ゼラーダは逃げ道に導く代わりにニバの書について教えろと言う。

だが吸血鬼は拒絶する。自分一人で逃げてみせると。そこに気配を追って来たケイとティラナ。ティラナが先ず斬りかかる。それを弾き飛ばされたところでケイが銃弾を雨あられと撃ち込むが、吸血鬼、タフすぎるだろ。ケイは押し倒され、そしてそこに地下鉄が迫って来た。

おい離せ、一緒に死にたいのかとセマーニ語で説得するケイに自分と三度まみえて生きた者などおらぬ、お前は伝説の戦士かと。危機一髪でティラナがケイを線路上から弾き飛ばす。

グモッチュイーーン

流石の吸血鬼も肉塊と化し、復活する事はなかった。
文明最凶の武器、電車凄い。

助けたお礼は?と言うティラナにケイが「ありがとう」「なんて口が裂けても言ってやらねえ」などと軽口を叩くものだからティラナおかんむり。
参考資料

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« Re:ステージ! ドリームデイズ♪・第5話 | Start | 手品先輩・第6話 »