« Re:ステージ! ドリームデイズ♪・第6話 | Start | 手品先輩・第7話 »

コップクラフト・第6話

ケイは先日の危ない容態だった時に使われた霊薬のおかげで猫アレルギーまでも治っていた。これからはマスク無しで猫とつきあえる訳だが、霊薬イイナ。

出がけにケイがティラナは身元保証があるのにどう言う訳だ、人種差別じゃないのかと怒鳴っていたのはティラナの新居探し。法律上ではちゃんと扱う事になっているのならお金を出せば部屋はありそうだが、先日の情報料として母の形見を出す程なのでお金はあまり無いんだろう。

その時、暴走トラックがケイの車を追い抜いていく。バックミラーを破壊して。なんだあいつと思ったら、追跡指令が飛び込んで来た。個人的な恨みも重なって激しく追跡し、ついにはトラックを横転させた。しかし犯人の運転手は逃げてしまっていない。積み荷がぶちまけられて、つい昨日まで夏コミだったので薄い本がばらまかれたのかと思ったら、普通のエロ本だった。
参考資料

セマーニでは写真も無いのでこの手の本の密輸で稼げるのだろう。内容的にはケイに言わせればこの程度なら中学生しか興奮しない物。そんな話に花を咲かせていたら、ケイの車をどかせて欲しいと言うのをティラナが受けてどかしに行く。

ところが少しばかり車の動かし方を習っていたものの、免許も持っていないティラナだったので、坂道に駐車したもののサイドブレーキをひいておらず、ティラナの後ろであれよあれよと言ううちに車がバックしだして、ケイが「どかした?」と見た時には坂道を自走して交差点へ。そして不幸にも大型のトラックに側面衝突されてしまい、大破。

署に戻ってからビルが怒り心頭で怒鳴るものの、一方でケイがあの車は大事な相棒だったんだと嘆き悲しむものだから、思わずビルもケイを宥める方向に切り替えて、押収品が競売に出る車からみつくろっておくと言う。これを聞いてケロッと機嫌を直すケイ。

ビルが怒鳴っている時に本件はお前等が捜査しろと押し付けたので、ケイはエロ本密輸事件の捜査に入る事になる。ところでエロ本とは何なのだと聞くティラナにケイは現物を渡してやった。ああ、ティラナこう言う本に免疫が無いばかりか、自分の両親がこうやってティラナを生んだとかあり得ないと否定しちゃうおこちゃまだった。とは言っても、生物として異なるセマーニ人が地球人と同じ生殖方法をするとは限らないのだが。

でもエロ本の密輸が成り立つと言う事は、セマーニ人もこれと同じ方法でいたすのだろう。ティラナもその様子の写真を見て真っ赤になるのだから、同じなのは間違いなさそう。なのに両親のこの行為を否定するからケイからはお前はバクテリアの様に細胞分裂で生まれたと言う事にしてやると。バクテリアは基本的に細胞分裂での増殖だが、性線毛によるDNAの交換もしてるんだけどね。

誰か一人手伝わせて良いとビルから言われたものの、みんな嫌がる。そこに鴨ネギの如くやって来たトニーをケイはうまく丸め込んだ。

ビルからは押収品の車をあてがわれてケイが見に行くと、これが高そうなスポーツカータイプ。酷く喜ぶケイだが、これは出来すぎなので多分今回の話のうちに壊れるw

トニーの捜査はうまく行って、例のオニールのつてでエロ本取引をしたがっているセマーニ人が捜査線上に浮かんだ。そこでトニーは囮捜査の為にトニーとは正反対の人格のマクロードに変身してそのセマーニ人に近づく。

ブツの取引を納得させてトニーはセマーニ人と取引現場へ。ケイはバックアップを率いて様子を伺っていたが、やはりあの気弱そうなセマーニ人はそんな悪玉ではなくて、仲間が裏切って金を奪い、ついでにマクロードを人質にして逃げ出した。

現場を押さえようと飛び出したケイだったものの、閃光弾で目つぶしをされてしまう。目が見えないケイに代わって、セシルから車の運転を習っていたティラナがケイを乗せて運転。あれ?ハンドル持ったら人格が変わるタイプ?
参考資料

ティラナの猛烈なカーチェイスによって逃走犯の車はぶつけられてひっくり返って停止。二人とも無事の模様。と言うか、無事じゃなかったら人質になっていたトニーが大変じゃないか。

流石にケイは車を傷物にされたのと無謀だったのでティラナを叱るが、ティラナ、実はセシルからケイがティラナを亡くなった妹みたいな目で見てると言われてお荷物みたいに見られまいと思っていたのだ。

そんな気持ちでと思ったケイではあったが、後ろの方で派手に爆発する音。修理したら直ると思われた車が大破する音だった。

折角の車を失って散々な目と思ったケイが家に帰ると、中の様子が変わっている。ティラナの部屋として模様替えされていた。元々ケイの家だったんだが、変わりすぎた。この費用はどこから。そしてケイの居場所は。
参考資料

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« Re:ステージ! ドリームデイズ♪・第6話 | Start | 手品先輩・第7話 »