« 炎炎ノ消防隊・第1話 | Start | 荒ぶる季節の乙女どもよ。・第1話 »

グランベルム・第1話

みんなからお弁当を頼まれる小日向満月。妹に言わせると味は普通なのでみんなお昼代を浮かしたいだけだよとの事なのだが、それに自分では気づかずに喜んでお弁当を作っていた程のお人好しの性格の満月だった。

だがそんな平和な生活だったのに、学校のお弁当を置き忘れたと言って夜中に取りに行ったのが事件に巻き込まれる原因となる。

机の中に置きっぱなしだったが、未だ大丈夫と確認したと思ったら突如時空が歪んだ様になって校舎が変わり、外では巨大ロボットが戦闘をする世界となってしまった。

お高く留まったお嬢様キャラにして日笠さん声のアンナ・フーゴが新月エルネスタ深海と戦闘。アンナには袴田水晶とロサが付き従っていた。二人に言わせれば家柄だけでアンナはボス面してると言う。

全然分からないままに戦闘に巻き込まれた満月は、それを察知した新月から学校から離れていろと言われて脱出。その間に新月はアンナを屠って満月と合流した。新月はこの世界の事を説明したが、嘗て魔法に溢れていた世界は魔法が戦いに利用されるに至って封印され、ここはその魔法が閉じ込められた世界で、魔術師が召喚されて定期的に戦っていると言う。なぜ少女だけ召喚してそんな事を。

ちょうどお弁当を持ち合わせていた満月は新月にそれを進呈。普通の味だと言いつつ、パクパクと食べて最後に梅干しを食べて酸っぱい顔。海外から来たから日本の事情を知らず、だから梅干しも知らなかったと言うが、箸はちゃんと使えるし日本語も達者じゃないか。

ところがそこに遠距離からの強力な攻撃。新月はアルマノクス(ロボット)で満月を守ったものの、その攻撃のせいで片腕を失う損傷。

これを見たロサが新月のアルマノクスを急襲。新月を倒してアンナを見返してやろうとした。だが逃げた満月が新月に言われた通りにイメージを膨らませたら、あら不思議、満月にもアルマノクスが降臨してしまいました。

ところが満月が乗り始めでうまく操縦出来ないのを見たロサは新月を抑え込んだまま、遠隔操作の「風の子(?)」で満月を襲うものの、満月はこれを全部撃退。激高したロサは直接満月を叩きに行くが、強力な攻撃を受けてやられてしまった(「え?うそ?」って言ってたねw)。
参考資料

次回予告を見ると、普通の学校生活もあるみたい。
魔法少女育成計画みたいな行ったり来たりな話になるのかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 炎炎ノ消防隊・第1話 | Start | 荒ぶる季節の乙女どもよ。・第1話 »