« 夏のアニメ新番組 | Start | 八月のシンデレラナイン・第9話 »

ぼくたちは勉強ができない・第11話

教員同士の飲み会でさっさと帰途につく桐須先生。他の先生が桐須先生の私生活を妄想するが、その次の場面ではジャージ姿になってビール飲んでる桐須先生の場面になるのかと思ったら、成幸が例のメイド喫茶に入る場面を目撃するところだった。こんな事をして推薦を無にしたいのかと成幸を捕まえる桐須先生。

あすみのメイド喫茶なので事情は聞けば納得するものの、でも基本的に高校生なら夜に盛り場をうろついているだけでも補導ものだろう。OP後の提供で桐須先生がメイド服を着ている場面が出たので、立ち上がった桐須先生が料理を運んできたメイドと衝突して服が汚れて着替える展開かと思ったら、ぶつかった相手の足を痛めてしまった。

一人休んだら店が回らないと言う事であすみが桐須先生にメイド服を着させる。
参考資料 代わりをやれと言うのだ。取り敢えず練習だと成幸にメイドの挨拶をさせるが、それは単なるいじりで、いきなり接客なんてさせないから皿洗いとか掃除をしろと言う。

いや、そっちも駄目な前歴があるんですけど…

成幸も桐須先生がそんな事出来るのかと思ったが、桐須先生が仕事ならちゃんと出来ると言うから送り出したらそんな事はなくてものの見事に掃除道具をぶちまけて転んでしまった。店の強面が睨むからこれはマズイと思ったのに、完璧なドジっ子メイドだと感激している。そっちはまあ良いけど、店内でぶちまけてしまったのは何とかしないとならないので成幸が掃除。成幸を信頼する店員達を見て、この子はどうしてこんなにも人の信頼を獲得するのかと思った。

メイド喫茶の手伝いが終わって一息いれたところで、桐須先生が飲んだのはアルコール。ほんの一口で完璧に酔っ払ってしまい、なるほどこれじゃ家に戻ってビールをぷはーっなんてのは無いね。

成幸が桐須先生をおぶって送り届ける事になる。今日成幸を改めて見直した桐須先生が成幸は良い子だと褒めるのだが、その後でちゃんと二足歩行して偉いとか、ちゃんと酸素呼吸して偉いとか言うので、酔ったらなにもかも褒める酒癖かよと思われてしまう。

 

シャワーを浴びた桐須先生がクリーニングの伝票と洗濯物を見てしまったーと思っている。今日は学校に物を取りに行くのに外に着ていく服が無い。なんか色々ツッコミたい。部屋の掃除は出来ないけど流石に選択は出来るのかとか、外出着は一着しかなくて残りは全部ジャージなのかとか。

あれを着るしか無いと言うからきっと学生時代の制服だなと思ったらそのとおり。おや、未だ身体が入るのですね。ルームミラーを調整しながらまだまだいけるんじゃないなんて思っていると、外からコンコンと叩かれる。警官が未成年なのに車を運転するのかと質問して来たのだ。これもツッコミたいが、あんな車内の制服姿を見えたのかとか(乗る時に見えたのかな)、高校生で別に落第しなくても三年なら18歳になるから免許取れるんじゃないのとか。
参考資料

免許を見せたら確かに成人なのだが、逆にそれでその服装はまさかいかがわしい事でもと今度は別の方向から職務質問して来る。そこに期待通りに通りがかった成幸が、先生どうしたんですかとやって来る。自分の学校の先生であるのを説明して、さらには演劇部の顧問だと言ってくれるので警官も納得して立ち去った。なかなか機転が利く。

とは言え、こんな姿を見られて恥ずかしがる桐須先生ではあるが、見られてしまっては仕方ない。助けて貰ったお礼に成幸を乗せて学校へ。この人もハンドルを握ったら別人になる教師の一人か。

学校へは無事に到着して書類を確保。さあ帰ろうとするがそれを成幸が押し止める。夏休みとは言っても部活の生徒が沢山居る。迂闊に歩くと危ないと。こうして成幸に守られながらなんとか自動車へ戻った。

ところがガス欠でやむなく歩いて帰る事になる。途中の公園で女子高生らしき子達がソフトクリーム屋で買い食いして楽しそうにしているのを見て、自分は高校時代にああやって誰かとソフトクリームを食べた事はないと言うので、成幸が買って来てくれる。下校時の買い食いは校則で禁止だと言うが、夏休みなんだからと勘弁して貰う成幸。

二人が並んでソフトクリームを食べようとしたら、文乃が理珠を誘ってここのソフトクリーム屋美味しいんだよとやって来てしまった。成幸と桐須先生は慌ててベンチの背後の草むらへ。だが文乃と理珠はよりにもよってそこのベンチに腰掛けてソフトクリームを食べ始める。ここで音を立ててはと思うほどに音はなる。文乃が察知して振り返るから二人はますます縮こまって隠れるが、そのせいでソフトクリームが溶けて桐須先生の首筋に垂れるから思わず声が出てしまった。

こうなっては流石に文乃は振り返って何事かと見るのだが、とっさに成幸がが桐須先生を抱いてキスしているみたいな態勢にしたので文乃は同じ高校の制服を着た生徒同士がキスしてる場面をみちゃったーと慌てて理珠を連れて逃げてくれた。
参考資料

咄嗟の事とは言え、すみませんでしたと言う成幸に桐須先生は平然と大した事ではないと帰途についた。てっきり顔ではドキドキしてるのを見せるのかと思ったがそうではない。但しCパートでは制服を着て二人でいたのは恋人同士に見えたのかとかチラと漏らすが、それも何でも無いとあしらったが、そこを今度はあすみに見られてしまった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 夏のアニメ新番組 | Start | 八月のシンデレラナイン・第9話 »