« ノブナガ先生の幼な妻・第10話 | Start | 盾の勇者の成り上がり・第23話 »

異世界かるてっと・第10話

臨海学校はターニャさんの激怒で終わりました。
そして次は体育祭です。スバルが言う迄もなくイベント大杉だろ。

ロズワール先生はここで含みのある言葉を言う。めでたく優勝したらそのご褒美に元の世界に戻れる(かーも)と。それは聞き捨てならない。でも勝つって言っても相手が居ないではないか。まさかクラス内でグループ分けして争うのか?それだと残る人達も出て来るが。

と思ったら、いつのまにか隣のクラスが出来ていた。言われて驚いてスバルが見に行くと初めて見かける人達がわらわらと居た。視聴者からしたらプレアデスとクリスじゃんって分かるけど。よく見たらラインハルトが居る。驚いたスバルが1組の教室に入るとバニルが先生をやっていて、今日の欠席者がタイヤネンって、おまえまた痛んだジャガイモ食べたのかww
参考資料

ロズワールクラス2組の頭脳のアインズとターニャはお互いにこんなクラスがあったかと確認しあった。二人の認識で昨日までは無かったと理解しあう。アインズとしてはプレアデスに勝つのは容易だが、知らない作品から来た見知らぬキャラの実力は分からない。そこでスバルが親しげに話したラインハルトはどうなのかと聞いてみたら、死んでも生き返るとか初弾は当たらないとかその後山の様なチート能力を知らされて流石のアインズ様も困惑。
参考資料

アクアが廊下に出てみたらクリスが居た。そのクリス、アクアとカズマに注意した。この世界では死んだら生き返らないから注意してねと。それを聞いたアクアが怒る。エリスは一体なにをやってるんだ、あの偽乳めと。ダクネスがエリス教徒なのでエリスへの罵詈雑言はやめてくれと言う事で、実はエリス本人のクリスへの口擊は一旦止む。

ここでスバルははたと思った。死んだら生き返らない。では自分の死に戻りはどうなのか。あの呪いは効いているのか。試す為にターニャの耳を塞いだ上で死に戻りの事を話そうとしたらやはりあの呪いは生きていた。すぐ近くでアインズがいたんだけど。そしてアインズは何か呪いを受けているのかと理解する。

体育祭で優勝したら元の世界へ戻れる(「かーも」なんだけど)のでみんなで頑張りましょうと言う学級委員なのに、ここでカズマがそんな事出来るかと言い出した。空気読まないカズマさんと言われるが、カズマにしてみれば元の世界よりもこっちの方が楽だから。アクアとしてはカズマに魔王を倒す役割を果たして貰わないといけないのでご不満。しかしもっとご不満はコキュートス方面から来た。アインズ様のご威光に沿わないとは何事かと。

そしてもっと激しい圧力がターニャから来る。なるほど、貴殿のふぬけた性根は理解した。ならば鍛え直してやろうではないかと。
参考資料

と言う事でターニャ大隊の選抜と練成で発揮した地獄のしごきがカズマに始まる。必死で逃げるカズマ。面白いと言って爆裂魔法を放つめぐみん。めぐみん、それ当たったら死ぬぞ。死んだら生き返らないんだぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« ノブナガ先生の幼な妻・第10話 | Start | 盾の勇者の成り上がり・第23話 »