« みだらな青ちゃんは勉強ができない・第1話 | Start | 鬼滅の刃・第1話 »

ひとりぼっちの○○生活・第1話

えー、金曜深夜のTBS枠の三作って、どれもこれも主人公の女の子がコミュニケーションに問題ある子ばかりなんですが…

人とのお付き合いが苦手な一里ぼっち、小学校の時の唯一の友達の八原かいから、別々の中学に行くのだから、ぼっちはその中学で友達を作らなくちゃいけない。だから思い切ってクラスの子全員と友達になるまで私達は絶交しようと言われてしまった。

そんなの無理無理と思ったぼっち。何とかかいとの絶交を解除する方法をと考えたら、中学校が消滅するとか、クラスは自分一人だけとか、いや、それ全部実現不可能な逃避的考えばかりが浮かんでいた。とどめは1年1組は廃止ですと張り紙してしまう。

当然そんなのは全部ダメで、クラスの中に入って着席して、そして自己紹介が回って来た時にとうとう吐いてしまう。プレッシャー強すぎ。

ぼっちの前の席の砂尾なこと何とか話をしようと努力する。そんなパシリみたいなのするなと言われたが、ぼっちの奇妙なアプローチで段々話をする様になったし、メアドも交換した。

でも授業中にメッセージ交換はやめれ。

こうしてなんとかぼっちはなこと友達になれるのだ。
まあ良かったじゃないですか。
参考資料

登場人物がどれもこれもストレートに意味を出してるね。
で、原作がカツヲさんって、三ツ星カラーズのカツヲさんか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« みだらな青ちゃんは勉強ができない・第1話 | Start | 鬼滅の刃・第1話 »