« 賢者の孫・第1話 | Start | ひとりぼっちの○○生活・第2話 »

さらざんまい・第1話

見たらすぐに分かる幾原アニメ。
(同じ様に見たらすぐ分かるのにシャフト・新房アニメと言うのもある)

舞台はどうやら現代の浅草。
つながりは簡単に切れるものだから僕は今のつながりを維持しないとならないと意味不明な考えに取り付かれている矢逆一稀。

車上荒らしをしている所を少女の自撮りで写されてしまって追いかけたらその先にはその時の少女と同じスマホを持っていた(よく観察してるな)一稀を発見して、そのスマホをよこせーと鋼の定規みたいなのを振り回したらカッパの像を斬り倒してしまった久慈悠。

その瞬間に何かが起きて一稀は夢だったかと学校に行ったものの、転校生として悠がやって来て夢ではないと理解する。

二人で改めて揉めていたら例のカッパの像が嘗てあった場所に。そこに出現したのが丸いカッパらしいのだが、それをカエルとか言っちゃうので怒りで我を忘れたカッパ王国王位継承権第1位のケッピに飲み込まれて尻子玉を抜かれた挙げ句にカッパにされてしまった。

そしてケッピの命令でカパゾンビの退治に向かわされてカパゾンビの尻子玉を抜いて片付けるのだが、カパゾンビは知られたくない秘密「盗んだ箱を裸で被る」と言う性癖を暴かれるのだ。別に大して問題ない性癖なんじゃないの。
参考資料

その時に意識が共有されて一稀が少女に女装して自撮りをしていたと言うのが露見する。でもそれには大きな理由があるらしい。春河と言う子と繋がる理由が。

他にも登場キャラが居て、カッパとは別にカワウソの警察官みたいで、カッパの好きな様にはさせない相手みたいな雰囲気。

ウテナ→ピングドラム→ユリ熊嵐と来て、異様なステージへの突入が慣れてしまったせいか以前程のインパクトが無かった。あと今回は前三作と違って女の子じゃなくて男の子がステージに突入するんだよね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 賢者の孫・第1話 | Start | ひとりぼっちの○○生活・第2話 »