« 八月のシンデレラナイン・第2話 | Start | 異世界かるてっと・第2話 »

ノブナガ先生の幼な妻・第2話

お前が責任を取って面倒を見ろと時空を超えてやって来た帰蝶を家族から押し付けられた信永。でも14歳だと言うのなら未だ子供であって独身で仕事している信永では本当は養育資格が無いのだが、この作品でそんな無粋な事を言っても仕方ない。

そう言う訳で信永は自分のマンションに帰蝶を連れて行く。帰蝶から見たらマンションは巨大建築物なのでこれは凄い居城だと思う。しかし信永が住んでいるのはそのなかのワンルーム。これ一つとっても信永に帰蝶を押し付けちゃう家族はやはり間違ってるw

何故こんな大きな城のこの一部屋しか使っていないのかと疑問に思う帰蝶ではあるが、すぐにどれもこれも同じ扉だから殿がどこに居るのか敵に分からない様にする仕組みかと納得してくれた。
参考資料

部屋に入ったらさっそくもう寝たいと言う帰蝶。まだ21時だが、戦国時代ならもうとっくに寝てもおかしくないかもしれない。しかし帰蝶にとっては寝る=子作りなので、侍女達から教わったと言う房中術だと言って着物を全部脱いで寝っ転がってさあ来い。

もうちょっと恥じらいみたいなのがと言ってやらせたのはM字開脚なんだが、それはそれでどうなのよ。でも意外と帰蝶には効いたみたい。

しかし我に返って信永は何も知らずに現代日本に来た帰蝶に社会と言う物を教えるのが教師の役割と気づく。

でもやらせたのが恋愛シミュレーションゲームなんだけどね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 八月のシンデレラナイン・第2話 | Start | 異世界かるてっと・第2話 »