« 八月のシンデレラナイン・第1話 | Start | 女子かう生・第1話 »

超可動ガール1/6・第1話

少女型惑星探査機九号が探査目標の惑星に送られる。そこの巨人に存在を知られると面倒な事になるからと言われたが、三次元を拒否する自宅プログラマーの房伊田春人にフィギュアとして買われてしまった。

フィギュアに手を出すと取り返しのつかない事になると日頃から思っていた春人だったのに大好きなノーナのフィギュアを見つけてとうとう買ってしまったのだ。

って、フィギュアに手を出したら取り返しが付かないとか、そんな事を言われた時代は遙か昔だと思ったのだが、原作が7年前だそうで、うーん、その時代なら未だそうかなあ。

ノーナが動いた事で春人は慌てるし、ノーナも慌てる。そこで春人はこの世界の学者で、この星を調査するのなら自分以外の前ではフィギュアのふりをしろと言う約束でノーナとの生活が始まった。
参考資料

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 八月のシンデレラナイン・第1話 | Start | 女子かう生・第1話 »