« えんどろ~!・第9話 | Start | 転生したらスライムだった件・第23話・最終回 »

荒野のコトブキ飛行隊・第9話

キリエを置いて全員で出かけて行ってしまった。コトブキ飛行隊の名を汚さぬ様=何もするなって、キリエが何かしたら汚す事になるのか。羽衣丸は前回の襲撃でかなりの損傷を受けたので修理の為当面飛べない。でも何故キリエだけが一人残ったのかイマイチ分からなかった。キリエの飛行機もやられたんだっけ?

暇を持て余すキリエは副船長のサネアツに何か面白い話をしろと要求するが、そもそもキリエの面白がる話ってなんだ。最後には話の才能無いって言われるし。マダムの所へ行ったらもっと収入の良い所を紹介され、転職を進められる。それはコトブキ飛行隊自体が要らないと言う事なのか?何故この話が出るのだろう。マダムは余所からのうまい話を右から左にキリエ達に紹介するものだろうか。居たいのなら居て良いよみたいなスタンスだったが。

みんなが出かけた先は色々で、エンマは旧知の友達みたいな相手と家の事情の話をしていた。どうも没落貴族のエンマの家ではそれでもほそぼそとやっていたせいで未だ金を隠し持っているのではないかと言う詐欺師につけ込まれそうになったとか。捺印する3秒前に止めたとか言っていた。で、相手の人誰?
参考資料

レオナは「テ」と書かれた赤い飛行機二機と一緒に飛行。確かあのマークは郵便配達だったか。登場しているのは元ヤンキーみたいな二人でレオナってそっち方向に昔は居たのか。そして引退したナカミズの事を話していたのだが、ここで多分キーワードが出ている。以前も出た話だが、飛行機乗りを登録制にして規制しようと言う動きがあって、それに嫌気がさしてナカミズは引退したと言うのだ。

そしてその辺りの話が荒れる評議会に繋がる。ユーリアが壇上でイケスカシティとの契約は自治権を売り渡すものだみたいな事を叫んで、でもユーリアの主張に反対する評議会議員からヤジのみならず物まで飛ばされて、最後は議長から退場させられる。やはり人類に議会制民主主義なんて合わないんだよ。
参考資料

腹を立てて自邸に戻ってブランコに座ったユーリアだが(何故ブランコ)、例の護衛の二人がユーリアに身の危険が迫っている事を知らせる。そしてそれは差し迫っていたのだ。何とかユーリアは脱出には成功する模様。あの二人、有能じゃないか。

キリエはアレンの依頼を受けて赤とんぼで飛行。自分で飛行機を飛ばしていた時代からアレンはユーハングに関して興味を持って調査しており、ユーハングに通じる穴は60年前に閉じたのではなくて、今でもどこかに隠されていると言うのだ。そして今日はそれを探る飛行。キリエにああやって飛べとかこうやって飛べとか指定した結果、キリエの目の前には空に何か穴みたいなものが出現した。あれって穴を呼び出す儀式みたいな飛行?

ところがその時に紫電改による急襲を受ける。赤とんぼと紫電改では性能がありすぎるし、おまけに赤とんぼは丸腰。…の筈だったが、アレンが用意周到に機銃を準備していた。後部座席に機銃を設置して、速度がずっと上の紫電改が接近して来たところを銃撃して撃墜。

赤とんぼから見たら速度が速い一方で旋回能力が劣る紫電改に対して飛び方を指示しながらどんどん撃墜して行った。その通りに性格に操縦できるキリエだからこそだろうか。だが、最初に飛来した一団を退けたかと思ったら、もっとずっと沢山の紫電改が襲って来てこれはいくらなんでも無理ー。渓谷に下りた上で後から追って来る紫電改には後部からの銃撃を浴びせるが、それでもとうとう撃たれて撃墜される。でもこれは偽装。死んだふりだった。不本意だけど。

今回最後の場面ではイサオが報告を二行で求めていた。
「あちこち大変、イイ感じ」
こいつ、世界制覇でも狙っているのか?
参考資料

アレンが病室に居ない隙を狙って人事部長が病室荒らしをしていたが、それはイサオ側とは関係あるのだろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« えんどろ~!・第9話 | Start | 転生したらスライムだった件・第23話・最終回 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 荒野のコトブキ飛行隊・第9話:

» 荒野のコトブキ飛行隊 第9話 「赤とんぼの風来坊」 [夢幻の灰色帝国]
イサオとヒデアキはつながりがある? [mehr]

verlinkt am: 12. März 19 21:11

« えんどろ~!・第9話 | Start | 転生したらスライムだった件・第23話・最終回 »