« ドメスティックな彼女・第8話 | Start | 荒野のコトブキ飛行隊・第8話 »

えんどろ~!・第8話

セイラに答えを教えて貰ったり、メイにカルタードの由来を教えて貰ったり、ファイからはパンを分けて貰ったり、そしてユーシャとは一緒にアクセサリーを見てこれ似合ってるねと言われて買って来て、今日もみんなと仲良し。ご満悦のローナ姫…の筈だったが、何かを忘れている。そうだ、自分は憧れの勇者様とご一緒する筈だった。それは勇者様の勇者らしい活躍の場に居合わせる事。

と言う事でマオ先生の所を訪問してなんとかユーシャに勇者らしい活躍をさせて欲しいと頼む。そう言われてもユーシャパーティのみんなは全員が未だ未だ。先日はたまたま邪神を倒したが、危険なクエストに参加させる訳には行かない。安易な邪神とかどこかに転がっている筈もない。それに魔王は未だ出現していないだろ。マオがここに居るのだから。

そこを何とかと言うローナ姫の背後の騎士がお礼をチラつかせる。ん、とw
参考資料
あの四人分のお茶には意味あったな。金の延べ棒まで見せられてとうとうマオはよーし、自分にまかせておけと言ってしまった。

早速マオは大変だ魔王が復活してローナ姫を奪ってしまった、魔王を倒すには勇者の剣を持っているお前でなくてはならないとユーシャを指名して魔王討伐に行かせる。これ、適当な邪神を見繕うのでは他のパーティでも出来るから魔王にしたのか。でも魔王は今は居ない。

ローナ姫はこんな事もあろうかと、魔王城を作っていた。ここに乗り込んできたユーシャパーティには数々のトラップが待ち受ける。早速巨大な岩が落ちて来て転がって来る。メイが転んでやばい。ファイが力を込めて岩を打つと岩は粉々に…いや、ハリボテじゃん。その後も黒い霧が出たと思ったらスライムみたいなポムルンが出現。いや、スライム最強だよ。

こんなのでは物足りないと言うローナ姫ではあったが、かと言って本当に危険な目に遭わせるのはどうなのだろう。悩むローナ姫。

次の部屋で待ち受けていたのは魔王四天王。魔王四天王って嘗てのマオにあっさりと倒された連中ではないのか。しかし実際に出現した魔王四天王は着ぐるみで、本に描かれた様な黒い状態。とは言ってもこの四天王強い。実際の魔王四天王より強そう。その実態は王国の最強戦士。

歯が立たないユーシャ達だが、ここで諦める訳には行かない。なんとしてもローナ姫を助けなければならないと立ち上がる。その様子を見た着ぐるみ魔王四天王=王国騎士は、これまで生まれてきたローナ姫にお仕えして来たが、あのローナ姫にこんなに思ってくれる友人が出来たのかと感慨無量。思わず道をあけて先に進めと促してしまうのだ。
参考資料

マオはもういいんじゃないかとローナ姫に言うが、ローナ姫は次が魔王との決戦。クライマックス。これでやめられないと言うものの、マオがでは今日のユーシャ達を見てどう思うのかと問い返すマオ。

そう言われて今日のユーシャを思い出すローナ姫。何があってもローナちゃんを助けるんだと叫ぶユーシャを思うと、勇者らしい戦いを見た気持ちよりも何か自分は間違っていたのではないかと思う気持ちが苛む。

それを見てマオは、だったらここで魔王を見せてやるとカルタードを出して魔王に変身。往年の魔王の姿に。いや、あの時もそう言う姿にしていただけか。

そこに入って来たユーシャ達。ローナちゃんを返せと言うユーシャに魔王は問う。お前がここまでやって来た理由は何なのか。姫を助けた時の富か地位か名声か。違うと答えるユーシャに、では勇者の役割だからなのかと。ユーシャはそれも違うと言下に否定。ローナちゃんを助けたいからだと。これで気がつくローナ姫。ユーシャはいつだって自分を姫様としてではなくてローナちゃんと呼んでいたではないか。

やっと気がついたローナ姫はもうやめて、これは自分が仕組んだやらせなのだと白状する。

なるほど、ユーシャが勇者らしくないから勇者らしい働きをして貰おうとしたのかと納得するセイラ・ファイ・メイ。謝るローナ姫に、そうか魔王は居なかったんだ、良かったと言ってくれるユーシャ。

ところでじゃあこの魔王は誰だと聞いてみたら、マオが正体を表す。
でもこれでこのユーシャ達は魔王の姿も、そしてその正体がマオであるのも、芝居とは言っても一度経験した訳で、今後以前と同じ事を魔王がやって討伐に行っても中身がマオだってバレちゃうよね。

今回のお詫びに自分でサンドイッチを作って来てくれたローナ姫。
みんなで美味しくいただく平穏な日が戻り、そして今迄とはまた違った意味でのローナ姫とのお付き合いが始まる。
参考資料

今回もギャグ話を見せながらその根本でローナとユーシャの良い結びつきが描かれて、いい話だったよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« ドメスティックな彼女・第8話 | Start | 荒野のコトブキ飛行隊・第8話 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf えんどろ~!・第8話:

« ドメスティックな彼女・第8話 | Start | 荒野のコトブキ飛行隊・第8話 »