« 盾の勇者の成り上がり・第10話 | Start | 春のアニメ新番組 »

五等分の花嫁・第10話

無事林間学校のバスに合流出来た風太郎と五姉妹。五姉妹、林間学校で女子力を発揮。いや、女子力かどうか疑わしいのもあるけど。風太郎の隣で炊飯してて、無視すんじゃねーと言っていたのは一花に最終日にキャンプファイヤーで一緒にダンスしようと言って、一花に化けた三玖にこの人と一緒だからと断られたヤツか。すっかり忘れていた。

それよりも別の子をちゃんと探せと言われて肝試しは別の子と一緒にやって来た。風太郎はらいはに林間学校の思い出話を持って帰って来てねと言われて以来、本気を出してるので肝試しもあの仮面を準備して待ち構えている。そうとは知らずに彼はちっとも怖くねえじゃないか、吊り橋効果期待したのにと苛立つ顔を見せたから隣の子が怖いと妙な吊り橋効果を出してしまう。そしてそこに風太郎と四葉登場。思い切り怖がって二人は逃げて行く。よしと手応えを感じる風太郎に、いつもは死んだ目をしているのに今日は輝いていると四葉に言われてしまった。
参考資料

次にやって来たのは一花と三玖で、でも先にあの仮面を準備している所をみられちゃったからちっとも怖がってくれない。ああもういいよあっち行けと追い払うが、その先で分かれ道があって片方は崖に通じるから道しるべの通りに行けよと念を押す。でもその道しるべが倒れて逆に行ってしまうのかなと思ったのだが、この二人に関しては問題なし。

次にやって来た二乃と五月はネタバレしていないので風太郎のお化けにめいっぱい驚いた。驚きすぎて五月が駆け出すが、道しるべを見ずに崖方向へ。二乃もそれを追いかけて行ってしまう。あれ?これはまずいのではないかと風太郎は二人を追いかけた。

二乃は五月を追いかけていたが、その途中で懐中電灯代わりに使っていたスマホの電源が落ちてしまい、灯りが無くなってしまう。まるで白熱灯のごとくちかちかしながら消えたが、あれはきっと電圧が降下した時に不安定になったんだよ!

そこに風太郎が追いつく。ところが風太郎は脅かし役の為に金髪の鬘を被っていた。だから二乃は勘違いする。あの風太郎の子供の時の写真の子が育った姿になったのだと。あの時二乃は写真の子を見て滅茶苦茶好みだと言っていた。それが成長して目の前に出現したのだ。

ここには他の学校も林間学校に来ているからそっち生徒なのだろうと勘違いする二乃。風太郎の知り合いだよねと言って名前を聞く。風太郎は最初は何が起こっているのか分からなかったものの、すぐに二乃があの写真の子だと勘違いしてるのだなと気が付いて、しらばっくれるかどうするか悩んだ結果、金太郎だと嘘をついてしまった。

二乃が勘違いしたまま憧れの子と一緒だと思っているらしいので、ここで何とか評判を落としておこうと、あー酒のみてー未成年だけど法律犯してーとわざとらしく言ったが、二乃にはワイルドとか思われてしまう。

ところが奇妙な声が聞こてた時に一目散に逃げた事で一瞬二乃にはいいかげんな男と思われたが、二乃は帰り道らしいのを見つけてそちらへ。だがそっちは崖だった。危うく落ちそうになったのを風太郎がひっぱるがその反動で今度は風太郎が落ちそうになり、らいはがくれたお守りのミサンガを二乃が掴んで辛うじて助かった。
参考資料

震える二乃は怖いから手を握ってと言ったものの初対面の相手にまずかったよねと手を一度引っ込める。だがそれが震えているのを風太郎は見た。そしてお守りとしてさっきのミサンガを渡すのだ。これ、ある意味で証拠物件になってしまいそう。

でもこれが嬉しい二乃、金太郎に最終日のキャンプファイヤーで一緒に踊ってほしいと申し込むのだ。あれこれダブルブッキングでは。

そこに五月がやっと出現した。二乃と遭遇出来てほっとして、二乃は自分は今までこの人に助けられていたと金太郎を見せようとしたらもう金太郎はその場には居ない。

林間学校のスケジュールは進んで愈々キャンプファイヤーです。しかしそれに先だって風太郎が三玖のご機嫌を損ねたりして、あれ?ひょっとして自分は五人の顰蹙を買ってしまったか?と今後の家庭教師に差し障りがあると慌てる。

そんな訳で一花とキャンプファイヤーの木材を運ぶ時に奇妙な会話をしちゃうが、そんな無理しちゃダメだと一花が他の四姉妹の芝居をしてどう相手したら良いかを教えてくれた。似てたな、流石に。

最後の丸太を一花と倉庫から運びだそうとしたところで風太郎としてはダブルブッキングを気にして、一方で三玖がでまかせで言ってしまった一花とのダンスの約束はもういいんじゃないか、やめるかと言ってしまう。それを聞いた一花の目には何故か涙が。
参考資料

あれ、俺は何かまずい事を言ったのかと思った風太郎だが、そこに他の子がやって来たから一花の泣き顔を見せまいと二人で隠れた。他の子はもう空っぽだと倉庫の扉を閉めて鍵を掛けてしまった。

風太郎と一花、倉庫に閉じこめられてしまったぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 盾の勇者の成り上がり・第10話 | Start | 春のアニメ新番組 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 五等分の花嫁・第10話:

« 盾の勇者の成り上がり・第10話 | Start | 春のアニメ新番組 »