« 転生したらスライムだった件・第20話 | Start | 盾の勇者の成り上がり・第7話 »

私に天使が舞い降りた!・第7話

朝から元気なひなたなのだが、顔がなんだか赤い。おでことおでこをくっつけて熱を見てみると言う一番熱が上がりそうなやり方で熱を感じてみたらひなたの方がみやこが冷たいから病気かと言い出した。測ってみたらやっぱり熱があるので今日は学校を休みなさいと母から言われて、じゃあ今日はみやー姉とずっと一緒だと喜ぶひなた。でもみやこは大学に行くのだ。母が仕事を休んでひなたの看病すると言ってもみやこが恋しいひなたに、みやこは今日の講義は必修じゃないから自分が休んで看病すると言うと無性に喜ぶひなた。姉妹で仲が良いのは結構だけどちょっと寂しく感じる母だった。今回特にみやこがもう完全に母親みたいな雰囲気になっていた。

さすがのひなたも熱のせいかベッドに入ったらあっさり寝てしまった。でも目が覚めたら早速みやこに遊ぼうと言い出す。熱があるんだからともう一回測ってみるとあっさり平熱に下がっていた。ひなた、元気な子。

熱が下がっちゃってベッドでぶらぶらしている所へ駆け足でやって来た乃愛達。ひなたが風邪でお休みしたと聞いてお見舞いに来たのだが、今回、乃愛がかなり乃愛が好きってのが分かった。
参考資料

プリントと給食で出たゼリー、そして小依は風邪ひいたらネギを首にまくのが良いと聞いたもののネギが無かったのでねぎま。まあ元気にねぎまを食べられたのでそれは良いお見舞い品だったのかも。

とは言ってもあまり長居して風邪が移ってはいけないと早々に帰される乃愛達。しかしくっついていたら風邪が移ると聞いてひなたはみやこに風邪を移しちゃったのかと心配するが、みやこは風邪は移ったら治ると言うからひなたが治ればそれでいいんだよと。ますますお姉ちゃん子になっちゃうな。

ふと見たらみやこが誕生日だった。それを聞いて衝撃を受けるひなた。みやこの誕生日を忘れていたなんて。自分達で贈れる誕生日プレゼントって何だろうとみやこが乃愛と考えた結果、花をプレゼントしようとする。しかしそれを聞いて花はきっぱりと拒絶。お菓子の代わりにあんないかがわしい服を着せる相手にプレゼントされるなんてと。自分だけがプレゼントになるなんてダメだと言ったのは間違いだった。そうだねと相談した結果、ひなたと乃愛は花も入れてみやこになんでもやる券を三人分プレゼントするのだ。墓穴掘ったな花。
参考資料

折角だからケーキを作ろうとみやこが提案。だからみんなお手伝いしてねと言うものの、ケーキと聞いてわくわくした花には何もしなくていいよと。使えない子扱いされた花だが、じゃあ小一時間出かけて来ると言って外に出た。

そのうちにケーキ完成。花も帰って来て、みやこにプレゼントを渡した。わざわざ買いに出かけていたのかと喜ぶみやこだが、プレゼントを受け取ったので自分の分のなんでもやる券は返せと。衝撃のみやこはお菓子をあげるからと言うものの、納得して貰えなくてあまりに悲しむので花はじゃあいいと。

ケーキ作りの時にひなたと乃愛はメイドコスを着たので、みやこも誕生日だしメイド服着てよと言われ、花のプレゼントが髪留めだった事もあって、メイド服を着てケーキを一緒に食べる。そんなところにあのストーカー香子が今日はみやこの誕生日だと言ってメイド服で侵入。しかしメイド服のみやこを見て「かぶった!」と作戦の失敗を嘆いた。

ひなたがいつにも増してみやこにべったりだった。何故かと聞いてみたら、先日みやこの誕生日を忘れていたので今はみゃー姉強化期間なのだそうだ。みやこは困るが、みやこにまとわりつくひなた可愛いな。

しかしみやこはこれはマズイと思う。このままではひなたは自分と同じニートになってしまい、それでは母から殺される。私の安全の為にくっつくのは止めなさい、好きなら四六時中くっついていないで少し離れてと言うみやこにひなたは「みゃー姉が何いってるのかわかんない」と言う。ここで使うのか。予告でサブタイを見た時に、まるで「旦那が何を言っているのかわからない件」みたいな話かと思った。

説得に失敗したみやこは奥の手を使う。例の「なんでもやる券(ひなた)」を発動して向こう五日間ひなたは自分にくっついて来ちゃダメと。

伝家の宝刀を抜かれてしまってみやこにくっつくのを控えるひなただが、どんどんおかしくなる。2日目には例のみやこの首のねんど細工相手に話をするし、翌日にはそれも効かなくなる。
参考資料
これはまずいと思ったみやこが制限解除しようと考えたが、ここで甘やかすと将来的によろしくないと思案した結果、みやこコスプレセットを乃愛に渡してこれで自分になってくれと言い出した。

乃愛はどうよとみやこの格好をする。ひょっとしたらひなたは偽物だと拒絶するかもと思ったものの、意外にもひなたはみゃー姉だ!と乃愛に抱きついた。乃愛は乃愛で嬉しそう。ところが5時で制限が切れたら忽ちひなたは本物のみやこの方に行ってしまった。
参考資料

一抹の寂しさを感じる乃愛。
こうなるのは分かっていたけど。
でもみやー姉の代わりができるのはみやー姉と同じ位好きな乃愛だからと言われて嬉しい乃愛。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 転生したらスライムだった件・第20話 | Start | 盾の勇者の成り上がり・第7話 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 私に天使が舞い降りた!・第7話:

« 転生したらスライムだった件・第20話 | Start | 盾の勇者の成り上がり・第7話 »