« 荒野のコトブキ飛行隊・第3話 | Start | 私に天使が舞い降りた!・第4話 »

転生したらスライムだった件・第17話

ジュラの大森林の隣にあるブルムンド王国。嘗て大森林の調査の為に三人組冒険者を送り出したフューズだが、今度はオークロードがそのジュラの大森林のスライムによって平らげられたと言う情報を掴んで、それが本当だとしたらそのスライムをどうするかと言う事になった。あれ?三人組冒険者からちゃんとした報告を受けて無かったのか?あの三人ならリムルは安心出来る相手だと報告したと思ったのだが。あの時より事態がもっと大きくなったからフューズ自らリムルと会ってその本性を見ようとしたのか。いずれにしても例の三人組冒険者と共に出発。
参考資料

ミリムはリムルの所にすっかり居着いていてセーラー服様の服まで調達してうまいのだーと言う朝食を食べている。完全にここの住人。一応客人かな。

ベスター元大臣の薬の精製はうまく行った。これまでドワーフの国では純度98%の物までしか作れず、リムルの作った99%のとはたった1%違いながらその効能に大きな違いがあったが、ベスターの作ったのはリムルのと同じ99%。よくやったなと褒めるリムル、それに喜ぶベスター。

リムルはこれを売ってはどうかと言うと、カイジンがそれはダメだと言う。99%のフルポーションは性能が良すぎる。ドワルゴンも98%のハイポーションを薄めてローポーションとして売っていると言う。じゃあハイポーションにしてドワルゴンに輸出したらとリムルは提案。これで行く事になった。

と言う話をしていたら街の方で大きな爆発音。リムルは急行。すぐにソウエイから情報を貰うと、外部から来た者が居て、それによってリグルドが攻撃されたのでどたまに来たミリムがそいつを倒したとの事だった。確かにリグルドの顔が半分大損壊していて、リムルは例のポーションで修復。

ミリムがその場にいて、不届き者が居たから倒したぞと得意顔で褒めて貰いたそうだったが、リムルとの不用意に相手を傷つけないと言う約束を守れなかった事で昼飯抜きと言われると大ショックのミリム。

ともかくぶっ倒された相手の話を聞いてみる事になる。相手はやはり何故こんなスライムが偉そうにしているんだと言うからシュナが殴りかかる。聞いてみたら彼らはカリオンの命令でここに来たのだと言う。カリオンとはどうやら魔王の一人らしい。ミリムが怒った。ここは自分に任せると言う約束だったじゃないかと。ミリムがリムルの国にちょっかいをだした事に怒っているのは理解出来た様だが、それでもリムルをスライムと侮っているせいかリムルから話があるならカリオンとは別に会談しようと言う用件を言われたのに、到底伝えそうもない顔をして出て行った。リムルとしてはやはりミリムがここに来たのはそれだけでは済まない事になってしまったなあと言う感想。
参考資料

と言う事で、リムルはミリムから魔王達の情報を聞く事にする。ミリムは最初は他の魔王達との約束があるから言えないと断ると、それはすなわち言えない何かがあると言うのを漏らしてしまった事で、その後ミリムはリムルからまぶだちからの武器のプレゼントと言う話に懐柔されて他にも魔王が居る事などを話した。これで少し魔王達の世界の事が分かる。

カリオンの部下は帰ったが、リムルの所にはまた別の調査団が近づいていた。ファルムス王国から依頼を受けてならず者の集団がジュラの大森林へ。先方の様子を伺ったら大きなカニの様なモンスターに襲われている連中がいた。彼らはこちらに逃げて来る。あれだ、また三人組冒険者がモンスターに襲われたのだ。今回はフューズも巻き添えにして。その挙げ句にヨウムの一団に逃げ込んで巻き込む。仕方ないと思ったヨウムは迎撃の態勢に入ったが、そこに出現したのがゴブタ。またお兄さん達はモンスターと遊んでるんですかと。

ゴブタ、どんどん強くなっていて、化け物カニモンスターを一撃で切り刻む。何しろこいつは美味いのだと。

カリオンの部下ご一行に続いて今度はファルムス王国調査団ご一行とブルムンド王国調査団ご一行がリムルの前に。フューズの方は少しは情報を持っていたのでリムルが本当にオークロードを倒してこの魔物の国を統率してるのだなあと理解する。その上ドワルゴンと同盟を結んだと聞き、ベスター元大臣がそれを証言するのだから大納得。ヨウムの方はイマイチ信用していなかったらしいが、リムルの提案で考えを変えた様だ。

と言うのは、オークロードが倒されたと言う情報は未だブルムンド王国のごく一部でしか掴んでいない。ではそれを奇貨としようと。ここでヨウムに相談。自分と契約しないかと。ファルムス王国とは契約で来たのだろうが、それを切換て欲しい。何をするかと言うと、ヨウムにはオークロードを倒した英雄になって欲しいと言うのだ。リムル達はそれを助けた。こうする事でリムル達は得体の知れない力のある魔物集団から、オークロードを倒した英雄ヨウムを助けた良い魔物達になる。これで周辺国から要らぬ警戒心を持たれる事が無くなる。
参考資料

リムルの街を見て、リムルの考え方を聞いて、リムルがイイヤツだと分かったヨウムはリムルからの申し出を受ける事にする。これからはあんたが自分の契約主で、リムルの旦那と呼ぶ事にすると。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 荒野のコトブキ飛行隊・第3話 | Start | 私に天使が舞い降りた!・第4話 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 転生したらスライムだった件・第17話:

« 荒野のコトブキ飛行隊・第3話 | Start | 私に天使が舞い降りた!・第4話 »