« 転生したらスライムだった件・第16話 | Start | 盾の勇者の成り上がり・第3話 »

私に天使が舞い降りた!・第3話

前回声をかけられた二人、種村小依と小之森夏音はひなた達のクラスの学級委員だった。今回ひなたのクラスの課題はすごろく作り。何かテーマを決めてすごろくを作る事。何かあったら学級委員に聞きなさいと言うのだが、みんなは夏音の方に聞こうとして誰も小依に聞こうとしない。
参考資料

ひなたと花と乃愛がグループで、どんなテーマにしようかと相談したが、例によって乃愛が可愛い私をテーマにと言い出したがが却下。ひなたはみやこをテーマにしようと言う。

ともかくもみゃー姉すごろくは完成した。さっそく家に持って帰ってみんなで、勿論みやこを入れてあそぶ事にする。

なんだそれはと思ったみやこだったが、すごろくのマス目をよく見ると「ハグする」と言うのが目に入って、もし花がここマス目に止まったらハグできるじゃないかと遊ぶ事に賛成した。

ひなたが入ったマス目は「笑顔であいさつする」。簡単そうなのにみやこが出来ない。普段、花たちが来た時と同じ様にすればいいんじゃないのか。考え込むとだめなのか。こんな顔で期待されちゃな。
参考資料
そういえば小学校時代の通知表に挨拶が出来ない子って書かれていた。

乃愛が入ったマス目には「相手をほめる」。さあ可愛い私を褒めなさいと言う乃愛に、ああ、かわいいかわいいと投げやりな褒め言葉だったので、乃愛は100回言えと。

そして花は待望の「ハグする」。まさかここに花が入るとは。みやこは花が入ったらすぐさまダイブする様にハグするのかと思ったら、変態な顔でじりじり迫るので花からビンタされてしまった。しかしこれはこれでみやこにはご褒美。
参考資料

こんな事で何の意味があるのかと思ったら、テーマはみゃー姉。タイトルは「みゃー姉更正すごろく」。そして学校の先生からはよくできました。これが出来たらみゃー姉は更正するのだ。それを聞いて明日から頑張ると言うみやこ。


みゃー姉と一緒に寝たいと言うひなただが、今晩は明日みんなに来て貰うコスを縫ってるからダメと言われたひなた。

ひなたはあんなみゃー姉のどこがいいのかと聞かれても、わかんないけど一番好きだと言う。これは刷り込みか。回想場面だと母親に抱かれて泣いていたひなたがみやこに抱かれたら泣きやんでそれ以降ずっとみゃー姉みゃー姉とついて歩いたらしい。

影を伝いながらの帰り道。よくある交差点で影が無い場所は影がなければ作れば良いと、ランドセルを放り投げてその影を作る。次の交差点では花が、自分が犠牲になるから行けと言い出すが、乃愛にこの遊びをやめたいのだろうと見透かされてしまった。最後はトラックの影を追いかけてみやこが走ると言う危ない事に。

今日はチョコを使ったクッキー。美味しくいただいている花と乃愛にみやこは昨日作ったナースコスを着せる。ひなたが自分のは?と聞くものの、時間がなくてひなたのは出来なかったと言われてしまった。

がっかりのひなたを置いてきぼりにしてみやこは例によって写真に熱狂するが、ひなたを呼んだと思ったら、カーテンを開けろとか、ひなた自体に関心を持ってくれないので、とうとう怒ってしまった。この社会不適合者!と。
参考資料

みやこはいつもは充分構っているのになあと言うが、そう言うもんじゃないだろう。みんなと一緒の時に同じ様に構って貰えなくちゃ。そこでご機嫌取りに今日は一緒に寝よう、お風呂にも一緒に入ろうと言って宥める。


さて、最後の場面で乃愛が可愛い水着を買って貰ったと言って出す訳だが、着て見せないって事は次回が水着回かな?

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 転生したらスライムだった件・第16話 | Start | 盾の勇者の成り上がり・第3話 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 私に天使が舞い降りた!・第3話:

« 転生したらスライムだった件・第16話 | Start | 盾の勇者の成り上がり・第3話 »