« アニマエール!・第9話 | Start | CONCEPTION・第9話 »

転生したらスライムだった件・第10話

人間の姿が出来る様になったリムル。前回のオーガとの戦いがあった時の食糧調達で出来た串焼き肉を食べてみる。うんまーい!スライムだった時は味が分からなかったが、久しぶりに味が分かると感動もの。

と言う事で宴会開始。リムルが連れて来たオーガ達も参加して飲めや歌えや。カイジン達は赤オーガから何があったのかを聞いていた。それによると1000匹以上のオークが人間が使う鎧を纏って侵攻して来たのだと言う。その話を聞いて驚愕するカイジン。何しろオークとオーガでは(名前が似てるのにw)天と地ほどの力の差があって、オークの方からオーガに戦いを挑むなど考えられない事だし、オークに人間の使う鎧を手に入れる金も無い。その上、規律正しく侵攻して来る事などないからだ。

赤オーガもその事を理解していて、自分達の故郷を滅ぼしたオークの中には巨体で仮面を被ったヤツが居て、それが率いたのだろうと言う。おい、その回想の中で登場する仮面ってリムルの仮面とデザインがかなり違うじゃないか。それなのにリムルが黒幕だとか言って襲って来たのか。
参考資料

リムルもこの話に混じってオーガの故郷が滅ぼされたのを聞く。赤オーガの見解ではあれは稀に出現するオークロードなのかもしれないとの事。オークロードなら辻褄が合う。オーク達の恐怖を喰って支配する為、オーク達が死をも恐れずに襲って来たのも理解できる。但しオークロードが出現する確率は相当低い。

リムルは赤オーガにこれからどうするつもりかと聞くと、オーガ族を再興して復讐すると言うのだが、そのツテがあるのかと聞かれて返答に窮した。やはりその先は何も考えてなかったのだ。そこでリムルは自分の配下にならないかと切り出した。リムルからは衣食住の保証を与えるからと。そしてオークへの復讐を果たした暁には自由にしても良いと言うのだ。とは言っても相応の誇りもありそうな赤オーガ、その場でうんとも言えずに返事を待って欲しいと言った。青オーガは赤オーガに悪い話ではないと呟いた。しかしリムルも言ってから思ったのだが、赤オーガには自分の不甲斐なさを痛感する話でもあった。

翌日、赤オーガはリムルの配下に入ると言って来る。了解したリムルはオーガ全員を呼んで名前を付ける事にした。6人全員に?と驚くオーガ達。姫オーガはそれは危険なのではと言うが、リムルは平気平気と。どうせあの魔力を使い果たしちゃうやつだろ、今回は6人しか居ないし大丈夫と考えるのだが、そこは甘かった。またもスリープモードに落ちてしまうリムル。

目が覚めたら女の子二人に囲まれた状況。6人名付けてスリープモードに入ったのだが、相手の容量が大きいとたった6人でも魔力を与え尽くしてしまうらしい。みんなオーガから鬼人に昇格していて姫オーガは朱菜と言う名前。えー、私はオーガ時代の方が好きだったなあ。Twitter見ても結構そう言う意見が多かったぞ。
参考資料
胸の大きいオーガは紫苑。こっちはまあ人間ぽさが出たのはすっきり感がある。例の赤オーガは紅丸。好男子っぽい姿に。あの老オーガは白老。若返ったみたいだが、迫力が減ったかな。そして青オーガは蒼影、最後にでかかったオーガは黒兵衛で、普通のおっさんになったw

オーガの故郷を襲ったオーク族は1000匹だったが、オークロードに率いられたオーク族はもっと膨れあがっていた。そしてジュラの大森林制覇に向かって移動中。それを察知したのがリザードマン。おお、オーバーロード二期で随分尺を使ったな。でもオークロードのリザードマンの方がずっと強そう。

オーク族20万の侵攻の報告を受けてざわめき立つリザードマンの首脳達。流石に数が多すぎてリザードマンと言えどもオーク族を退けるのは難しいと判断した首領は、息子のガビルを呼び出した。

呼ばれて参上したガビルなのだが、最初の一声を聞いてこいつはダメだと言う印象をくれる名演技w リザードマンの中では唯一名前を持っている。渡り歩くゲルミュッドによって名前を付けられたらしい。そう言えば紅丸もゲルミュッドから名前を与えてやろうと言われたものの、名付け親として相応しくないと判断して拒否したそうだ。でも確かゴブリンの中で最初唯一名前を持っていたリグルもそいつに命名されたんじゃなかったっけ。

ガビルは名前に拘っていたが、父である首領はそんなものはどうでも良い、お前は周辺に救援要請に回って来いと命令する。

それを受けてあまり気乗りのしないままに出かけるガビル。普段は湿地帯にしか居ないリザードマンが近隣に出現していると言うのはリムルに報告された。どうやらリザードマンの所へオークが向かっていて、救援を求めているらしいと。蒼影、非常に役に立つ情報収集役になってる。リムルの村はこう言うキャラが欠けていたから。

ところがそのガビル。部下からおだてられて変な考えを持つ様になってしまった。リザードマンの中でも名持ちで今や実力は首領以上だろうと言われ、その気になったガビルは今度のオーク戦に勝ったら首領の座を父から譲って貰うぞと気勢を上げた。酷いフラグにしか見えない。
参考資料

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« アニマエール!・第9話 | Start | CONCEPTION・第9話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/67450010

Folgende Weblogs beziehen sich auf 転生したらスライムだった件・第10話:

« アニマエール!・第9話 | Start | CONCEPTION・第9話 »