« 色づく世界の明日から・第13話・最終回 | Start | DOUBLE DECKER! ダグ&キリル・第13話・最終回 »

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない・第13話・最終回

花楓が戻って来た。咲太は父に電話をして一緒に病院へ行って欲しいと連絡する。医師の診断では解離性障害による記憶喪失は治ったが、その間の記憶は失われていて、その空白期間に対しての戸惑いはあるだろうから少し入院して様子を見ようと言う。

病室に入って父は本当に花楓なんだなと聞くと、はあ?何言ってるのと言う感じの答で、それは父の知っている花楓の反応であり、やっと花楓が戻って来た事に父は涙を流して喜んだ。だが咲太は違う。それは確かに親子が別居する前の花楓かもしれないが、咲太が昨日迄、それどころかたった一晩前迄知っていたかえでとは違うのだ。

ちょっとトイレと言って咲太はその場を離れたが、大声をあげて病院の廊下を駆け抜けたかと思ったら、そのまま雨降る外に出る。そしてOPの、海岸で崩れ落ちる様な姿で膝をついたかと思ったら、出たのだ。あの巨大な胸の傷が。泣き崩れる咲太の目の前に出現したのは翔子「さん」。大丈夫ですよ、翔子さんが来たのだから、もう咲太君は大丈夫なんですよと。そう言って翔子は咲太をマンションへ連れて帰って、風呂に入れてやった。

自分の嘆きが分かるのか翔子に言うが、分かるんですよと翔子は言う。嘗て花楓に何もしてやれなかった時、あの巨大な傷が出た時と同じ様に、今度はかえでに何もしてやれなかったと思っているのでしょうと。でもそれはかえでを残念がらせる事になると言って、咲太がかえでに買ってあげたあの日記ノートを読み上げた。そこにはかえでが書き始めてからの日々が綴られている。
参考資料

かえでは自分の知らない花楓に出現したのだと言う事、父が花楓はいつ復活するのかと医師と話していた事、兄がバイトを始めてパンダのDVDを買ってくれた事、そして咲太が麻衣と彼氏彼女になって以来のあの日々。あれ以来少しづつかえではマンションの中で兄と二人きりだった生活から色々な人と出会える様になった。

そんな日々の中でかえでは思っていたのだ。いつかかえでは消えて花楓に戻る。そんな時に兄が何もしてくれなかったのではないと言うのを、かえでの目標と言う形にして兄がそれを一つ一つやってくれたと言う事を記しておこうと。かえでの思いを知って漸く気持ちを落ち着かせた咲太はいつの間にかベッドで寝ていて、そしていつの間にか翔子はメモを残して帰っていた。

翌朝、咲太と電話が繋がった麻衣が、咲太からかえでの記憶が戻って花楓になったと言う事を聞かされる。でも賢い麻衣は電話口の向こうの咲太の様子を察してしまう。だからロケの時もマネージャーから彼氏の事が気になっているのかと見透かされてしまうのだ。でも麻衣なら仕事はちゃんとこなしただろう。

その上で、その晩麻衣は金沢から新幹線でやって来た。咲太の事が気になっていたので。喜んだ咲太だったが、麻衣がテーブルの上のメモを発見する。翔子のメモを。顔色の変わった麻衣はそのまままた金沢へとって返す。どうして咲太は苦しんでいる時に自分に何も言わず、自分を頼らなかったのか。やましい事云々の話ではないのだ。
参考資料

死んだ様になる咲太。バイトでもおかしい状態。バイトからあがったところでのどかが待っていた。のどかは麻衣の気持ちが分かっていた。分かっていたのか、話を聞いて気がついたのか。ともかく麻衣が来たのは咲太が心配だから来たのだ。それを一体何を勘違いしてるのか。そして今日は麻衣の誕生日なのだぞと。
参考資料

のどかからスマホを借りた咲太は新幹線の時刻を見て未だ金沢に行けるのを確認する。のどかは麻衣の所へ向かう咲太の背中にそれとなく麻衣の場所を聞いておくからまた電話しろと叫んだ。

金沢にすっ飛んで行った咲太がロケ現場に辿り着いて麻衣を探すと、麻衣の方で咲太が来るだろう事を知って待っていた。のどか、ちともそれとなくじゃない。麻衣はマネージャーに咲太も乗せて貰い、今日の宿の手配、そして少しの時間を確保して貰った。

咲太がすっ飛んで来た事で、麻衣も咲太が分かってくれたのを理解する。だから一番大変な時にいてあげられなくてごめんと言う麻衣。目を瞑りなさいと言う麻衣だが、麻衣が素直にここでキスなんてありえないと思ったが、やっぱりほっぺたをつねったか。でも咲太的にはこれはご褒美。

花楓の退院の日。花楓はあの日記ノートを読んだのだ。咲太が何をしてくれたのか、かえでと言う存在がどう思っていたのか、それで分かった。だから咲太とはかえでを含んだ兄妹の関係がこれから営まれると思う。
参考資料

と言う感じでもうちょっと何かあるだろうと思わせての最終回の最後かと思ったら、来年初夏に劇場版だそうです。
そこに続くのかー?

最後の締めくくりをもっとと思ったけど、それはそれ。各々のエピソードは堪能出来た。青ブタ、いい作品だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 色づく世界の明日から・第13話・最終回 | Start | DOUBLE DECKER! ダグ&キリル・第13話・最終回 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない・第13話・最終回:

« 色づく世界の明日から・第13話・最終回 | Start | DOUBLE DECKER! ダグ&キリル・第13話・最終回 »