« INGRESS THE ANIMATION・第4話 | Start | 色づく世界の明日から・第6話 »

ゾンビランドサガ・第6話

サガジン編集部の大古場がドラ鳥やガタリンピックで見かけた純子を追おうと、カメラマンの犬走に調査させたものの、いくらネットをサガしてもWeb1.0時代の公式ホームページ以外に情報が無い。誰もSNSやってない。まあそりゃね、mixi開始以降に生きていた子ってさくらと愛とリリィだけだから。Twitter日本語版をさくらと愛は多分知らないで死んだと思う。
参考資料

そんなインターネッツ環境とは無縁の子達だが、自分達などがどんな知名度なのかとかを巽が風呂に入っている間に調べていた。勿論この中でネットサーフィン(死語)出来るのは愛とさくらぐらいで、愛が操作していた。でもYahooで検索しないの?w

検索しているうちに、佐賀で行われるライブとかを見つける。サガロックフェス。こんなステージで歌いたいねとみんなが言うが、純子はちゃんとそう言うステージに立てる程になってからだと言う。ここで純子の昭和のアイドル感が出て来た。でも愛は平成のアイドルだからアイドルを初めて一ヶ月でも立てる時は立てると言うのだ。それに驚く純子。今回は死んだ時期の違いによる二人のアイドルのアイドル感の違いがポイント。そして検索しながら愛は「過去のアイドル」と自分が呼ばれている事へ思う所があった。

今回の巽、ドラ鳥以来の活動から愈々ファンもついて来たと言うのだ。そんな訳で今度のお仕事はチェキ会。純子やゆうぎりが「チェキ」って何?と思うのも無理はない。私も割合最近まで「チェキって何?チッキの親戚?」とか思っていた。でも今のヒトは「チッキ」の方が知らないよね。昔はちょっとした駅には手荷物小荷物取扱窓口があった。私は何度か地平時代の札幌駅のその窓口に行った事がある。

チェキ会とは(私も知らないが)、ファンとの交流で物販したりその時に握手したり、そして写真を一緒に撮ったりするのだ。写真はその場でプリントされる。そう、それを聞いて私も「ポラロイドの事だろう」と思ったw
参考資料

ここで純子が色めき立つ。ファンと同じ場所に立って一緒に写真を撮る?そんな破廉恥な事アイドルがやる事じゃない!

兎も角チェキ会ありのライブが行われる。ステージで普通に歌って踊って、そして最後にたえがコケコッコーとやると「本物だ!CMで見たやつだ!」と盛り上がる。次に物販。いつのまにかあのTシャツの他にタオルも。タオルの方はまだマシなデザインなんじゃw

ところが純子の番となった時に問題が起きる。あくまでも純子はチェキを拒否する。そして会場を飛び出してしまった。これじゃチェキ会台無しじゃないか。どんなフォローしたんだろう。

戻ってから巽が怒る訳だが、純子はどうしても今のアイドルのやり方は受け入れられない。一方、愛は平成アイドルだからこのやり方が普通であり、そうでなければならないと思っている。と言うのもこうやって最初の頃からファンと交流してファンがアイドルが育って行くのを楽しみにする。そうして知名度を上げて行かないとアイドルとして生き残れないからだ。純子と愛はアイドル感の対立で喧嘩状態に。リリィが喧嘩やめて!と叫んだからその場は静まったものの、対立は解けていない。

どうしてもああ言う活動をすると言うのなら自分の居場所は無いと言う純子は一人で外に出て海辺を歩く。

海岸に居た純子をさくらが見つける。と言うか、風に飛ばされた帽子をさくらが取ろうとして水没。海に入っちゃったらメイクが落ちちゃうので掴んだ帽子をさくらが被って人目を避けた。その二人で居る時に純子が自分が死んだ時の話とともに、自分のアイドル感を語ってくれた。昭和のアイドル純子にとってはアイドルとはブラウン管の向こうに居て、お茶の間とは厳然に区別された存在。だからカリスマみたいなもので、不完全な歌は見せられないし、ファンの中に入ってはならない。そんなアイドルを目指して愈々佐賀で行われるコンサートに出ようとしたその時の飛行機が墜落して純子は死んでしまった。

一方、やはり一人で飛び出した愛が降り出した雨の中、雷を見てうずくまる。それをサキが発見。雨にうたれたのでやはりメイクが落ちて公園であまやどり。しかし雷鳴と雷光で震えるサキ。意外に恐がりなんだなとサキは言うが、実はそれには理由があった。やっとアイドルとして認められてこれからと言う時、屋外ステージの真ん中で愛は落雷で死んだのだ。いや、それ周りの人間もタダじゃ済まないのでは。でもこれじゃ雷がトラウマになるのも仕方ない。
参考資料

さて巽さん、なんと「あのステージに立ってみたいね」と言っていたサガロックフェスへの出場権を勝ち取って来たのだ。色々あるけど色々やり手だよね、巽。こうして大きな不安を抱えたメンバー中で数少ないアイドル経験者でフランシュシュはサガロックフェスで成功を収められるのか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« INGRESS THE ANIMATION・第4話 | Start | 色づく世界の明日から・第6話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/67363559

Folgende Weblogs beziehen sich auf ゾンビランドサガ・第6話:

« INGRESS THE ANIMATION・第4話 | Start | 色づく世界の明日から・第6話 »