« ゾンビランドサガ・第8話 | Start | 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない・第8話 »

色づく世界の明日から・第8話

琥珀が始めて魔法が使えたのは小さな頃。
ピピルマ ピピルマ プリリンパ(キシリア・ザビをやった声優さんの声で)
当時から魔法で家を破壊していますw
参考資料

自分にこんな凄い力があるなんてと思ったのと同時に、これでみんなを幸せにしようと思った。あんな小さい子供の時に。

そしてそれは今は瞳美にどう使うかを一番の目的としている。だって、60年後の自分が時間魔法を使ってこの時代に瞳美を送り込んで来たのだから。今の自分が何かをしなくちゃいけない。そして瞳美を幸せにしてあげなくちゃならない。いつか瞳美が60年後に帰りたいと言った時には帰してやらないとならない。

瞳美が色のついた世界を見たとずぶ濡れになって帰って来た日。あの時は長崎電気軌道に乗って外の景色を見た時だった。だからそれに関係ありそうな場所に瞳美を連れて行ったものの特にこれと言った反応は無し。

じゃあ場所依存ではなくて、人依存だろうか。唯翔と何かあったのか。あの時に何があったと聞く琥珀に瞳美が恥ずかしがって答えない。大丈夫だから。言ってみてと言う琥珀にやっと耳打ちしたのは、あの瞳美に見せる為に絵を描くと言ったあの時の会話。なーんだ、随分もったいぶらせたからキス位したのかと思ったと琥珀w
参考資料

と言う事で実験開始です。瞳美と唯翔を対面させて近づけてドキドキさせてみるとか。それを教室の外から胡桃と将が覗いていた。一体何だあれはと。胡桃は単に興味本位みたいだが、将の表情は複雑。次は屋上で名前で呼び合ってみたり。その次は図書室で絵本を見てみる。瞳美が見た色のついた絵に似たものはどうかと。でもやはり白黒。唯翔が描いた絵だけが今でもカラー。その時に瞳美が言うには小さい頃に一つだけ色がついていた絵本があったと言う。それって唯翔が描いた絵本をその時代に見たんじゃないのか。せっかく二人だけにしたのに一向にドキドキ感が出てこない感じの瞳美と唯翔を琥珀が魔法で無理にくっつけるが、それは逆効果だな。

とは言っても琥珀は真剣なのだ。実験を重ねて小さい時間魔法が使える様になっていた。机の上に置いた砂時計と枯れたバラ。これに時間魔法をかけると砂時計の砂は上に、枯れたバラは蕾に戻る。

あ?
これは瞳美がかけられた時間魔法とは種類が違わないか?瞳美はかけられた物(この場合は瞳美)が過去の世界へ移動した。あるいは周囲が過去になった。でも今使った魔法はかけた物が以前の時間の状態になる。しかもこの魔法、生物の生死を操ってる。

魔法写真美術部の撮影会は最後に瞳美の希望する場所へ。瞳美が望んだのは日常の風景。突然60年前に飛ばされた瞳美だけど、今はこの時代と魔法写真美術部のみんなとの日常を楽しく感じている。それを写真にしたかった様だ。猫じゃらしでも来なかった猫を琥珀が魔法で呼び寄せてそこにみんなが集まってそれを写真に。猫が集まった時は猫の中心に美少女が一人立っている写真の方がいいんじゃないかと思ったが、瞳美にはみんなが入っているのが良かったのだ。

写真を撮っている途中であさぎが胡桃に言った言葉は思わず気持ちを吐露したものだった。相変わらずが続くのって辛くないですかと。それって辛いって事だよね。そして瞳美と二人になった時に琥珀はいつか元の時代に帰りたいのかと聞いてみる。今の瞳美には何とも答えられない問いだが、問題はその会話をずっと離れた場所から聞いていた将だ。よく聞こえるな。

瞳美はいずれ元の時代に帰るのではないか。そう考えた将が瞳美がPCで現像している時にその事で何かを言おうとして、でも言葉を飲む。今の段階のあさぎ→将→瞳美の一方通行、少し危ういね。

あさぎのデジカメが故障した。電源が入らない。バッテリーの問題ではなさそう・・・まあ他のバッテリーと交換してみないと分からないけどね。そこで琥珀があの時間魔法を使ってみる。その物体の時間を巻き戻す。するとデジカメは起動する様になった。この時思ったのは中に入ってるSDカードの写真も消えたのではないかと言う事w まあPCで現像する位なので、既にデータはPCに移してるから良いのか。でももうひとつ思ったのは、今は時間を巻き戻して元通りに起動したけど、やがて遅かれ早かれ故障するのではないかと。
参考資料

それは思っていたよりも早く訪れた。琥珀が家に帰ってみたらあのバラがまた枯れていた。戻った筈の時間は元の速度では進行せず、あっと言う間に元に戻ったのだ。つまりそれはあさぎのカメラにも同じ事が起きているのではないか。琥珀はあさぎを呼び出してカメラの様子を見たらやはりまた電源が入らなくなっていた。琥珀の時間魔法は未だ未だ不完全なものだったのだ。

瞳美の写真を印字してアルバムへ。あの撮影会の時を思い出した瞳美は、琥珀から言われた元の時代に帰りたいかと言う疑問に、これを見ながら思うのだった。今のままここに居たいなと。

琥珀の魔法はみんなを幸せに出来るのだろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« ゾンビランドサガ・第8話 | Start | 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない・第8話 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 色づく世界の明日から・第8話:

« ゾンビランドサガ・第8話 | Start | 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない・第8話 »