« 色づく世界の明日から・第6話 | Start | 舞台探訪・SSSS.GRIDMAN・第5話の御嶽駅周辺 »

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない・第6話

童貞シャウトのおかげで朋絵の前沢問題は全部解決。あとは今学期朋絵との彼氏契約を無事に終えたら万事がまるく収まる筈・・・だった。しかし咲太から見ても本当に夏休みの間にあやふやに出来るだろうか、朋絵はもうそんな段階じゃないのではないかと感じられた。それにしても麻衣との時も好きだシャウトで解決したので今後も咲太にはシャウト解決が望まれるだろうかw

そんな可愛い後輩ちゃんにちょっと肩入れしすぎじゃないですかと思う麻衣が咲太の勉強の為に来てくれる。しかも咲太が要求したらバニーガールの格好をする程にサービスしてくれて。この為にバニーガールの衣装を持ってきたのかとちょっと思ったけど、これはあのホテルの後で咲太にくれたものだったか。麻衣は横浜にある公立大学へ行く予定と言うが、それって横浜市立大学?横浜は横浜国大しか知らなかった。

一学期の期末試験が終わり、咲太は朋絵と水着を買いに。とても彼氏彼女らしいです。咲太は自分との契約を終わりにする準備が出来ているかと聞くと、朋絵は終業式の後に一緒に海に行って、そこで咲太が相変わらず麻衣にみれんたらたらなのに怒って朋絵が咲太をひっぱたいて終局を迎えると言うシナリオを用意していた。割合すっきりとそう言うのだが、すっきりすぎて今回の流れに何となく気づいてしまった。
参考資料

7月18日、終業式の朝、咲太はかえでに起こされる。そして終業式に臨む。終業式後、駅で待っていた咲太の所へ朋絵がやって来た。制服の下に既に水着を着ているのだそうだ。江ノ島の海水浴場に来て(ひょっとしたらアニメで一番登場する海水浴場ではなかろうか。取り敢えずイカ娘のホームグラウンド)、トウモロコシを一緒に食べて、どっちが作った砂の城が波に打ち勝つか勝負をして、朋絵の尻跡防御で朋絵が勝ち、負けた咲太がかき氷を奢り、そうして夕方を迎えた。愈々学校中を騙して来た芝居も終わり。最後は朋絵は握手を求めた。ビンタではなく。ここでビンタをしたら自分は超恩知らずだと。
参考資料

そして迎えた翌朝。
ああ、やはりかえでが同じ様にお越しに来たか。今日から夏休みだぞと言う咲太に、何言ってるの、今日は終業式の日だよと言うかえで。はい、ループしてしまいました。この時点では朋絵が咲太との関係を終わらせたく無いと言う気持ちがループを起こしたのかと思った。

ところが朝学校で会った朋絵はループの事を知らない。ここで咲太は理央に相談する。理央はやはり朋絵がラプラスの悪魔だと言う。でも朋絵はループだと気がついていない様子だった。それでも理央は朋絵が原因だと言うのだから答えは別の所にある。朋絵が嘘をついているのだ。

そして二回目の海デート。やはり同じ事を繰り返す。最後に握手をして別れる。
ここで雨に振られて一時的に雨宿りする場面が出て来た。
さらに三回目。やはり同じ。

翌朝、またかえでに起こされた。やはり今日は7月18日なのか。咲太は国見にどうしたら良いものかと、彼女が居るのに別の女の子が自分を好きになって、その子の気持ちに気がついたらどうするかと。でもそれは国見に酷な質問なのだ、本当は。だって国見にはあの咲太に嫌味を言う彼女がいて、そして理央が国見を好きなのだ。国見、実は気がついていたが、気がついていないフリをしていた。

四回目の海デート。今回は咲太はそのまま海岸には行かずに江ノ島の方へ朋絵を誘った。だって俺にとってはこれで四回目なのだからと。「Aチャンネル」でも登場した辺津宮へお参り。咲太は縁結びの絵馬に自分の名前を書いて朋絵にも書かせた。ここで朋絵は神様まで騙すのかとかなり逡巡する。後から思えば朋絵が咲太との関係を終わらせたくない一心ならここは戸惑うのではなくて、自分から書く場面だった。

そしてサムエル・コッキング苑の向かい側にある展望台(ここは「つり球」に出たんだったか)に言って咲太は朋絵にもう嘘はやめにしようと言う。この時は未だ朋絵は今日で嘘の芝居は終わりだねと言うが、そうじゃない、ループしているのを知らないと言う嘘は終わりだと言う。

何回やっても、一万回やっても咲太の麻衣に対する気持ちは変わらないのかと問う朋絵。一億回やっても変わらないと答える咲太。ここで二回目と三回目で描かれた雨が降って来る。朋絵の涙を覆う雨が。実は朋絵は咲太の心変わりを待ってループしていたのではなかった。朋絵だって終わらせなくちゃならないと思っていた。咲太との芝居も。でも自分の中にある気持ちは何度ループしても消えない。消えないどころかどんどん大きくなってしまう。そう、朋絵も苦しんでいたのだ。

咲太が自分に優しくしてくれたのが悪い、そしてそんな自分が嫌い。こんなの自分じゃない。咲太はそれも朋絵だと言う。ここで朋絵の地の方言が出るのかなと思ったのだが出なかった、それが朋絵なんだと言われて。

朋絵が吐き出したのは「先輩が大好き」シャウト。これでやっと朋絵のラプラスの悪魔も解決する。
参考資料

解決してみたら・・・なんですか、6月27日に迄戻った。一ヶ月近くがラプラスの悪魔によるシミュレーションだったのか。と言う事で6月27日からやり直し。麻衣と一緒にお弁当を食べて、一ヶ月言い続けた好きですを言って、麻衣がうんと言わないから諦めたフリをして麻衣のOKをそれとなく引き出す。麻衣はどうなのかと言う問いかけには麻衣は不意をついたほっぺへのキスで応えた。やっと動き出しましたね、6月27日から。

そしてやり直しの朋絵は前沢からの告白は明確に断る。断る時に好きな人は「今どきスマホも持っていない原始人」だと。これによって少し変わった朋絵の身の回りは、玲奈の友達グループではなくてあの海岸でストラップを無くしたと言っていた米山達と仲良しになっていた。

何故ラプラスの悪魔に70億の人類の中から自分が巻き込まれたのかと訝しがる咲太に、理央が解答をくれる。ラプラスの悪魔と何か衝撃を与えあった事は無いかとと言われて、気がついた。あれだ、尻を蹴飛ばしあった仲だったw

話が進み始めて麻衣が咲太の家に料理を作りに来てくれる日、そこでどうもまた新たな思春期症候群の子に咲太が遭遇した、と思われる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 色づく世界の明日から・第6話 | Start | 舞台探訪・SSSS.GRIDMAN・第5話の御嶽駅周辺 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/67369214

Folgende Weblogs beziehen sich auf 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない・第6話:

« 色づく世界の明日から・第6話 | Start | 舞台探訪・SSSS.GRIDMAN・第5話の御嶽駅周辺 »