« アニマエール!・第6話 | Start | CONCEPTION・第6話 »

転生したらスライムだった件・第7話

前回でチラと語られたシズが召喚された時の話。レオンによってあの東京の空襲の中から召喚され、失敗かと見捨てられたかけたところを炎の特性がありそうだとイフリートを憑依させられた。その後だと思うが、城の外で魔物と遊んでいた少女と仲良くなったものの、少女が魔物を連れて城に入り、魔物がレオンを見て牙を剥きだしにした事で、シズの中のイフリートが発動。こいつらは敵だと言って少女ごと焼き殺してしまった。

そんな身体の自分がと思ったところで目を覚ます。隣の女性をもやってしまいそうな恐れを抱いて。で、その女性って誰だと思ったが、あれか、一緒に旅する事にしたあの三人組のエレンか。
参考資料

リムルはシズが運命の人だと言われて、かわいいしw、それとなくこのままここに止まらないかと言ってみるものの、シズは旅立たなくてはならないと言う。リムルも無理強いはせず、そうかと。

旅立ちはするが、シズは三人組とはお別れだと言う。あなた達は良い人達で、最後の旅があなた達と一緒で良かったと。最後の旅とは何だ?そんな疑問を問いかける間もなくシズに異変が起きた。シズの身体が宙に浮いたかと思ったらそこからイフリート出現。その異変からリムルはただごとではないと察知してリグルド達に直ちにみんなを避難させろと命じる。

シズの異変を見て三人組は気が付いた。シズ=シズエ・イシザワ、爆炎の支配者だと。お前達も逃げろと言うリムルに対して、三人組はシズを助けなくちゃと止まる。イイヤツらじゃないかとリムル、三人を見直した。

イフリートはサラマンダーを三体呼び出して炎をばらまき村を焼いて行く。折角作ったのにとおかんむりのリムル。そしてそのうちの一体は三人組が引き受ける。エレンの魔法で防御をしながら水氷大魔槍の攻撃。リムルは水刃を投げつけたものの、それは蒸発してしまった。何しろリムルは強大な相手との戦いはこれが初めてだからどう戦うかは試行錯誤になるだろう。

水刃程度ではダメかと思ったリムルは大量の水をぶっかけるのはどうだろうかと大賢者に問い合わせると、それは有効だと言う。但し水蒸気爆発によって辺り一帯が全部吹っ飛ぶけど。ダメジャンw
参考資料

ふと見るとエレンの水氷大魔槍は効いているみたいだ。だったらとリムルは自分に向かってそれを撃たせる。言われるがままに撃ちはなった水氷大魔槍をリムルは取り込んで解析。これでリムルも水氷大魔槍を使える様になった。それをアイシクルショットとして周囲からぶち込んでサラマンダーは退治。

イフリート本体との戦いになったが、イフリートが繰り出した分身はやはりアイシクルショットで潰したものの、イフリートの魔法の罠に嵌ってしまった。しまったー、これで自分の人生、いやスライム生も終わりかーと嘆いたものの、あれ?全然効いてませんよ。溜息混じりの大賢者がそんなものとっくに耐性が出来ていると教えてくれた。そうだったのかー、計画通りだと、全然計画通りじゃないのだが、イフリートの攻撃を受け流してしまう。

今、なにかしたか?って、さっきしまったーとか言っていたヤツがお前の攻撃なんて全然効かないと言う顔をする。そして例の鋼糸でイフリートを動けなくして、捕食者特性によって飲み込んでしまった。飲み込まれたイフリートは、ここはどこだとばかりに炎を放つも虚空に消えてしまう。そして出現したのはあのヴェルドラさん。無駄なあがきだ、この暴風竜ヴェルドラが心ゆくまで相手してやると。
参考資料

イフリートを飲み込んだらシズも飲み込まれるのでは?と思ったが、シズは外に残っているね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« アニマエール!・第6話 | Start | CONCEPTION・第6話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/67377758

Folgende Weblogs beziehen sich auf 転生したらスライムだった件・第7話:

« アニマエール!・第6話 | Start | CONCEPTION・第6話 »