« ひもてはうす・第1話 | Start | アニマエール!・第1話 »

RELEASE THE SPYCE・第1話

なもりさんがキャラクター原案と言うのだけは以前から知っていた。だからその点は期待していたが、公式サイトの絵とか見ると日常系ではなさそうで、バトル系はどうかなと思って見始めている。

冒頭で早速女の子達が何か悪の組織っぽい所のデータセンターを襲撃。物理的にハックしてしまった。確かにデータセンターは警備を重くしているがあんな警備ロボットまで出撃する所は胡散臭い。データセンターの場所は分かっていたとは言っても、どのラックに接続したらデータが引き出せるかなんてどこで情報を得たのだろうか。データセンターと言ってもラックによってネットワークが分離されていたりして闇雲に接続すれば良いなんて事は無いんだけど。特にDBのデータなら物理的にそこを目掛けて接続しないと難しい。

彼女らが脱出する時に海岸部に来ていた源モモに目撃されてしまう。もっとも、シルエットでしか見ていないのでそれが誰なのかはこの時点のモモには分からない。

モモはこの春に高校二年生。どうやら警察官だった父親を殉職でなくしている様だ。その父にあこがれて警察の仕事に就きたいと思っているものの、気弱で不法行為を見ても声を出せない子だった。

だからやはり二年生の新クラスになってもお昼まで話しかける友達が出来ない。そんなぼっちな状態のモモに話かけて来たのが新たにクラスメートになった石川五恵と八千代命。三人で話している時に向こうから半蔵門雪がやって来て固まるモモ。半蔵門先輩にあこがれているのだ。

放課後のカレー屋でモモは五恵と命に自分の特技を教えた。視覚と嗅覚が異様に優れている事を。

モモの父から指導して貰っていた新垣歩と言う婦警が居た。モモの父から世話になっていたのもあってモモが警察官になりたいと言う相談に乗ってくれる約束をしてくれる。ところが時間になっても歩からの連絡が無い。

何か悪い予感がしたモモは夜の街を歩の匂いを探して埠頭の方へ。しかしそこで発見したのは歩が縛り上げられて密輸組織の人間に殺されそうになっている場面だった。警察に電話していては間に合わない。今迄怖い現場で声を上げられなかったモモだが、勇気を出して写真を取って警察に連絡してあると飛び出す。だが、密輸組織の人間はそんな事をお構いなしにモモを襲って来た。

海に放り投げられてしまう、その場面で出現したのがあの半蔵門先輩達の一隊。彼女らはスパイスを齧って能力をあげて密輸組織を一網打尽にして行く。

その過程で彼女らはモモに「ツキカゲ」に参加するかと問う。雪がモモの能力を買っていたのだ。モモは臆病な自分だが、これをきっかけとして一歩踏み出そうとする。

どうしてもあかりちゃんやちなつちゃんが出ている様に見えてしまうのですがw
参考資料

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« ひもてはうす・第1話 | Start | アニマエール!・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/67252287

Folgende Weblogs beziehen sich auf RELEASE THE SPYCE・第1話:

« ひもてはうす・第1話 | Start | アニマエール!・第1話 »