« 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない・第3話 | Start | 転生したらスライムだった件・第4話 »

アニマエール!・第3話

三人でチア部を始める事になって、早速放課後にチア部の部活しようとこはねは宇希に声をかけるものの、宇希は行かないよとそっけない。ひづめもそこにやって来たが部活をしないと言う。その理由は実力テストの直前なので部活は活動休止期間なのだそうだ。

残念がるこはねにひづめはチア部としては勉強も出来るのが望ましいと言う。ひづめは首席で入学したが、宇希は中の上、こはねは中の下だった。ひづめはチアリーディングにおける望まれる要素を列挙するが、こはねが理解出来たのは笑顔だけ。

ひづめと宇希でこはねの勉強を見てやろうとしても、こはねは固辞する。実は自分に関わって二人が自分の勉強が出来なくなるのはまずいと思ったからだったのだが、ひづめがチアになぞらえてひづめと宇希の二人でこはねをリフトアップするのだと言うと納得。

英語が苦手と言うこはねにチアリーディングで叫んでいるのは英語で、訳も分からず大声を出しても駄目だ、声はお腹からとか言ってるうちに、英語からチアの話に。チア分が足りないと言うこはねに対して、仕方ありませんねとひづめが応援。ひづめも制服の下にチアの練習の格好をして来ていた。
参考資料

成績が上がったら顧問の先生がついてくれるかもしれないと言われて、俄然やる気が出たこはねだが、勉強が出来る様になったらチアから離れて行ってまたひとりぼっちかとトラウマスイッチが入るひづめ。宇希も、勉強に熱中するあまり困ってる人に気づかないこはねを見るのは寂しかった。でもこはねの本質は変わっておらず、道を聞かれたら親切に送ってやる。それでいいんだと安心させたら覚えたものが全部こぼれたぞ。

そんな訳で実力テストがやっと終わって、さあ部活と思ったのにこはねは追試で先生に連れて行かれる。

やっとチア部の練習が出来る様になった。こはねは身体が硬いので柔軟から、宇希には基本ポーズ。

ところが体育館で練習していたらここはバレー部が練習する場所だと言われてしまった。応援してあげると言っても未だ基本ポーズしか出来ない。グラウンドに出てもどこも使われているし、校舎の周りを見て廻ってもどのスペースも使われている。

屋上に出てはみたものの、こはねはやっぱり高いところは怖い。でもあの範囲内なら結構面積あるんじゃないのか。

先生をつかまえてどこか無いかと聞いても全部部活に割り当てられていた。でもその時に先生が気がつく。三人居るじゃないか。おめでとう。どこからクラッカー出した。三人居れば同好会として活動が出来る。部費は付かないけど、活動場所の割当は可能だと言う。

こうして旧視聴覚室に連れて行かれた。でもどうしてこんな良い教室をどこも使ってないのかと聞いたら、下の音楽室から夜な夜なピアノの音がするのだそうだ。怖いのは宇希が駄目だった。ひづめは合理主義者だから幽霊の話を何とも思わない。でも幽霊だと足が無いからチアの時に困る・・って存在は認めるのか。宇希が怖がるんじゃ屋上で良いよとこはねが震えながら言うのを見て宇希は覚悟を決めてここを了承する。ここの二人の思いやりが良かったなあ。
参考資料

チア部のポスターを作ってそこらじゅうに貼ったこはね。でもそれってまずいんじゃと思ったが、それより先にポスターを見て二人、秋常紺と舘島虎徹やって来た。実は恋の相談をして欲しい。そして応援して欲しいと。

とは言ってもこの三人とも未経験者。ひづめが兄の言葉をいくつか思い出すのだが、その兄はヤバいんじゃないのか。あそびあそばせのオリヴィアの兄みたいなのが出てこないだろうな。

結局スマホで検索してああしたらこうしたらと言うアドバイスしか出来ない。それでもこれでその家庭教師の人とはうまく彼氏彼女の関係になれるよねと言われると紺は顔を曇らせる。実はその家庭教師の先生って女の人なんだと。キョトンとしている三人を見て紺はこんな話聞いて引くよねと言いかけたが、こはねが何の抵抗もなくひづめの兄の話はそれじゃ当てはまらないとそっちに考えを変えた。良いのかと言う紺に良いも悪いもない、相手が好きだと言う気持ちに変わりはないと言う。

三人とも紺を応援してくれる。こうして心を強くした紺は思い切って制服姿で家庭教師の先生に告白してうまく行ってお礼に来た。付き添いで来た虎徹は私は何も出来なかったのにとチア部の行動に感心したらしい。
参考資料

あと一押で入部しそうですね、虎徹。
OPでもEDでも一緒に出てくるし、EDではピアノ弾いてるしw

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない・第3話 | Start | 転生したらスライムだった件・第4話 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf アニマエール!・第3話:

« 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない・第3話 | Start | 転生したらスライムだった件・第4話 »