« はねバド!・第13話・最終回 | Start | あかねさす少女・第1話 »

DOUBLE DECKER! ダグ&キリル・第1話

10月を待たずに始まった10月アニメ(秋アニメ)第一弾。
冒頭ではアンセムを使用したヤツに対して出動したダグが「男の子ってこう言うカッコイイ戦闘が好きなんでしょ」と言う感じの戦いをする。実はこの段階でこの路線なら私が好きな路線とは違うので先を見ないかなと思った。

だが、じきに違ってくる。これはかなりギャグアニメだw
女の子の様な顔のキリルがすっかりギャグキャラ。普通の警察官だったが、自分がヒーローになると言う夢捨てがたく、SEVEN-Oの現場に勝手に出向いて署長にこっぴどく叱られていた。

そして大家に押し付けられた飼い猫の捜索にしぶしぶ出かけた先で今までずっと自分が望んでいた人質事件に実は偶然出くわしてそこからヒーローにと言う状況に遭遇する。遭遇するものの、その先を考えていなかったとか。

そで出会ったのがダグ。ダグはSEVEN-Oの管轄対象となるステージになっているのかを目視確認しろとキリルに言う。しぶしぶ時間稼ぎを兼ねて犯人の前に全裸で出現したキリル。無事にダグに合図を出せて、同僚のジェファソンも救い出して念願のヒーロー場面になれたかと思ったのに、周囲に張り込んでいた警察から犯人扱いされて逮捕されてしまった。
参考資料

何とかダグが説明してくれたそうだが、そこはジェファソンが説明した方が同じ制服を着てるので良かったのでは。ともかくこれで署長が激怒してキリルを追い出す。追い出されて異動した先が例のダグのSEVEN-O。こうして晴れてキリルはSEVEN-Oの一員になるのだが、ニックネームでもめた挙げ句におかっぱかい。パープルで良かったんじゃ。

Wikipediaを見たらタイバニから続くバディシリーズなのだそうだ。初回の感覚はギャグで悪くなかった、私としては。

ところでこのビルを見た時から何か既視感があった。
参考資料
すると本編で二重らせんが出て来て、ああ、遺伝子が既視感の原因かと判明。
するとDOBULE DECKERもDOUBULE HELIXのもじりなんじゃないかと思われた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« はねバド!・第13話・最終回 | Start | あかねさす少女・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/67229026

Folgende Weblogs beziehen sich auf DOUBLE DECKER! ダグ&キリル・第1話:

« はねバド!・第13話・最終回 | Start | あかねさす少女・第1話 »