« 少女☆歌劇 レヴュースタァライト・第10話 | Start | 秋のアニメ新番組 »

ちおちゃんの通学路・第11話

またも夜中にゲームをやっているちおちゃん。ブラッディバタフライ絶好調。そしてお宝に到達。ところがここでブラッディバタフライ、仲間を裏切って皆殺しの銃撃。その最中にニュータイプの感応があって画面を犬の画像にしてたちまちベッドに潜り込んだ。その直後に母乱入。この夜中にゲームを!と怒鳴り込んだのだが、PCは犬の画像だしちおちゃんはベッドの中だし。

振り上げた拳をおろせなくなって母は明日の朝は起こさないからね!と言って出て行った。作戦大成功。だが、さっき裏切りの銃撃をした時に殺しそこねたかもしれない。慌ててゲーム画面に戻ってみれば皆殺し成功でお宝は独り占め出来た。
600万ドルゲットオオオ
参考資料

それで寝てしまえれば良かったものの、興奮で寝られない。今頃裏切った仲間が怒りで震えていると思うと笑いが止まらん。リアルで600万ドル=約7億円あったらどうしよう。ひょっとして自分はああ言う才能があるかもと銀行強盗の方法を検索してみたら、今どきの銀行にそんなに金がある訳ないじゃないか、そんな事を考えるのはゲームに毒されたバカだけですと言うのを見てしまった。

そのまま寝落ちしてしまったが、ふと目が覚めて時計を見たら逆さまの時計がぼんやりと見えて、あれをひっくり返したら・・・8時、やばい、遅刻すると慌てて着替える。しかしそれはひっくり返し方を間違えていて実は4時だった。こんな時間に何やってるのかとまたも母がやって来て、上が制服で下がぱんつの姿を見られてしまった。大丈夫?病院行く?治ったと言っても出して貰えない病院に。

母は追い返したが、問題は4時で起きてしまって寝るか寝ないかの問題。今から寝たら起きるべき時刻に深い睡眠をしている。その結果、大遅刻で昼からの登校になりかねない。一方で寝ずに学校へ行って授業中に寝てしまったらこれはこれでまた目立つ事になりかねない。

そこでちおちゃんが選んだのは真奈菜にLINEでメッセージを送る事。明日の朝神社のトコでいつもの時間、絶対遅れないようにと。それを見た真奈菜が何念を押してるんだ、私は遅れた事ないのにと言う。おお、真奈菜の意外な側面。時間に正確。

ところが行ってみたらそこで紙袋を被って寝ている女子高生発見。まさかと思ったが、ちおちゃんだった。ここで寝ていて真奈菜に起こして貰うと言う作戦だったのだ。だが、真奈菜は普通に起こさなかった。やっと目が覚めたちおちゃん。あんな事して恥ずかしくないのかと言われても、正体さえバレなければどうという事はないと。

その時頭痛がちおちゃんを襲う。なんだこの痛みは寝不足のせいなのか。実は真奈菜はちおちゃんが起きるまで何度も何度も木の枝で殴っていたのだ。バレなければどうという事はないと。

まあ確かに寝不足だと頭痛起きるよね。


あぽくり!
あそびあそばせのオリヴィアかよ!w

私には関係ないと思っていた真奈菜だが、テレビではそんな事はないぞー自分では分からないぞーと煽られて心配になる。そこで通学途中にちおちゃんに脇の下を嗅がせて判定して貰うのだ。大丈夫臭ってないよ。

そこで済ませておけばいいのに、じゃあ今度はちおちゃんのを嗅がせてと。だからキナ臭いと言われるのだ。嫌がるちおちゃんを組み伏せて右脇の匂いを嗅いでみる。すると途方もない獣臭。

今迄気づかなかったのは何故だ。そうか、小さい時から一緒に遊んでいたから鼻が慣れていたのか。でもそうじゃない人たちは密かにそれを気づいていた。だからちおちゃんが中の下を狙ってクラスで目立たない様にしていたのは、その結果で一人でいようとしたからだと。妄想膨らむ真奈菜。不憫な子と思ってジュースを奢ろうとした真奈菜。

ところがさらに妄想が膨らむ。ずっと一緒だったと言う事は自分もその影響を受けていたのではないか。クラスでいい感じだった牧山君、絶対自分に気があると思っていたのにいつの間にか「クッソ地味な女」と付き合い始めた。いや、その子真奈菜より(ry

これはきっとこうだ。あの女が告白して、牧山が断ろうとしたのだがその女が真奈菜ってあのジビエと一緒なんだよと言い、それを知った牧山があっぶねー、ジビエと一緒になるところだったと乗り換えたのだろうと。

途方もねえ妄想だなw

これで激怒した真奈菜ではあったが、でも今迄一緒だったちおちゃんではないか。この子をひとり放り出してしまうなんてそれは違う。これからもずっと一緒だよと、これまたおかしな方向へ。その様子を見てちおちゃんはこいつバカなのではと思い。真奈菜がおかしくなってしまったと雪を呼び出した。

それを知った真奈菜はあのバカ正直な雪に宣告させようと思う。やって来た雪を見て笑顔の死神と思う真奈菜。
参考資料

ところが雪がちおちゃんの左脇下を嗅いでも何ともない。そんな筈は無いと言う真奈菜がちおちゃんの左脇下を嗅いでみると何ともない。おかしいと思ってちおちゃんが自分で右脇下を嗅いでみるとこれは酷い。

何故だろうと思い返してみると、出掛けに飼い犬のチョップが右脇をペロペロしていた。あれがその原因だったのか。ともかくこれは酷いのでコンビニのトイレで洗い流して来るとそこを離れるちおちゃん。

よかったこの世界にジビエは居なかったんだ。そう思った真奈菜だが、じゃあ何で牧山は自分を選ばなかったのか。さりげなく雪に牧山の事を聞いてみる。牧山って最近彼女出来たよね、実は自分もちょっと狙ってたんだけどと。それを聞いた雪が告白はしてないんだよねと聞き返して来て、うんと答えると、それは良かった、牧山って面食いなんだよねと。

流石、残酷な天使の雪w
気を取り直す真奈菜。そっかー、無理だったかー。あー傷つかなくて良かったー。
参考資料


ところで今回はこれだけの絵で30分アニメを絵コンテも演出も作画監督も原画も第二原画も全部きむら剛さん一人でやってるそうで、これは凄いね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 少女☆歌劇 レヴュースタァライト・第10話 | Start | 秋のアニメ新番組 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/67170379

Folgende Weblogs beziehen sich auf ちおちゃんの通学路・第11話:

« 少女☆歌劇 レヴュースタァライト・第10話 | Start | 秋のアニメ新番組 »