« 舞台探訪・ヤマノススメサードシーズン・第8話と第9話の八高線(東飯能駅・高崎駅) | Start | はねバド!・第10話 »

はたらく細胞・第9話

今回のは擬人化された人間としての生活ばかりだったので細胞どうのと言う話ではなく、でも後の方で「あ、これヤバイ」ってのもあって、それは後で。

ナイーブT細胞を鍛えるキラーT細胞さん。マッチョな訓練が騒がしい。うるさいから窓閉めますねと言って窓を閉めてお茶の時間を満喫しようとしたヘルパーT細胞だったが、そこに窓を突き破ってナイーブT細胞が飛び込んで来て(これどんな比喩だw)メガネを飛ばされるヘルパーT細胞。

わりーわりーとやって来たキラーT細胞にヘルパーT細胞が怒る。なんかあの二人っていつも仲が悪いなあと思うナイーブT細胞達に樹状細胞がいいモノ見せてあげると言って見せたのは嘗ての未分化だった頃のヘルパーT細胞とキラーT細胞だった。しかも当時はヘルパーT細胞が勇ましくてヘルパーT細胞など涙を浮かべているではないか。
参考資料

そこで樹状細胞による余計なお世話の過去の話が始まったw

胸腺細胞だった時代、今のヘルパーT細胞は優等生だった。一方今のキラーT細胞の方はお世辞にも出来たヤツとは言えない状態だった。訓練教官の胸腺上皮細胞によって正しく相手を認識してすばやく攻撃する訓練を受けていた。その頃、ヘルパーT細胞はキラーT細胞を踏み台にして相手を倒すが、それが一番合理的だったからとうそぶく。この辺りから二人はいがみ合う。

部屋割りが皮肉にもその二人が一緒だったが、ヘルパーT細胞は動きに無駄が生じないと言って下を選び、そのかわりお前は無駄に上り下りするなとキラーT細胞に言う。これでまたいがみ合うのだが、そこに通りがかった今の制御性T細胞、そんな事をするのは勝手だがその向かい側の二段ベッドの二人は今日脱落したと言うのだ。え?だったらそっちも使えば?w

訓練を先に終えたヘルパーT細胞は先にお茶を飲んで休憩。色々な場面でお茶が出て来るのだが、このお茶ってやっぱりATPなんだろうか。

だが楽をしていそうなヘルパーT細胞も実は努力をしているヤツだった。夜中に起き上がって訓練に。と思ったら、それ以上にキラーT細胞も努力のヤツ。但し無駄が多そうで、「免疫大溶解拳、体内最大奥義、抗原大撲殺木端微塵拳」って叫びながら目を瞑って殴っている。

そして特別テストの日。ここで失格だったヤツはグッド・バイだ!
(いや、それ簡単に言いますが、その動作の通りなんです)
参考資料

こうして始まる「正の選択」テスト。自分の体の細胞とそれ以外の外敵の細胞とのちゃんとした識別が出来るかどうかのテストで、それが出来ずに自分の体の細胞を攻撃する様なヤツはふるい落とされる。

いつもどおりにやれば良いんだ。しかしそれがいつもどおりではない。シルエットがウィルス感染した細胞に見えたのに、漬物石を持った一般細胞だったりオシャレな帽子を被った一般細胞だったり防災頭巾を被った一般細胞だったり。

制御性T細胞やヘルパーT細胞はこの選択をクリアして愈々キラーT細胞の番。その出番の時にいがみ合っていた筈のヘルパーT細胞がキラーT細胞にアドバイスする。お前はいつも攻撃する時に目を瞑っている。しっかり相手を見てやれと。

このアドバイスを受けたキラーT細胞、最初に見かけた相手を思わず目を瞑って攻撃しようとするが、そのアドバイスを思い出す。そしてしっかり見てみたらそれは針山を持った一般細胞。どんどん偽装が酷くなるなw

残り時間が少なくなった時にウィルス感染した細胞出現。しかしキラーT細胞には見えない。観戦者から後ろだ右だ左だと言われても巧みにそのパネルは逃げる。時間切れになりそうになった時にヘルパーT細胞からの声援。

「体内最大奥義、抗原大撲殺木端微塵拳だー!」

なんでその名前を!と恥ずかしさのあまりに反り返ったキラーT細胞は見事に頭突きでパネルを破壊した。
参考資料

こうして正の選択を乗り越えた二人。ウジウジしていたキラーT細胞とはヘルパーT細胞との青春の拳の会話で将来を誓い合う。そして今の二人があるのだ。

これを感心して聞いていたナイーブT細胞達。何見てるんだと寄って来たヘルパーT細胞とキラーT細胞が胸腺細胞時代の恥ずかしい写真を見せられていたのに気が付いて樹状細胞からそれを奪おうとしたものの、黒幕樹状細胞には届かないのでありました。


さて、正の選択で落ちて行った胸腺細胞達ですが、身体の中はふるい落とされた分化に失敗した細胞を養う程には優しくはありません。その先にはアポトーシスと言う自死が待っています。そうなのです。あの時に奈落に落ちた彼ら彼女らは全部死滅したのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 舞台探訪・ヤマノススメサードシーズン・第8話と第9話の八高線(東飯能駅・高崎駅) | Start | はねバド!・第10話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/67122541

Folgende Weblogs beziehen sich auf はたらく細胞・第9話:

« 舞台探訪・ヤマノススメサードシーズン・第8話と第9話の八高線(東飯能駅・高崎駅) | Start | はねバド!・第10話 »